特許判決データベース

 知的財産権関係の判決書が、裁判所のホームページで公表されています、知的財産裁判例集として。非弁理士で、非弁護士の、私ですが、2001年4月以降の特許判決を検索するための索引を作っています、それらの判決書を利用して。この索引が貴方に示唆を与えることができるかも知れません、貴方が探している裁判例について。事件番号が分かると、貴方は閲覧することができます、その判決書を、裁判所の判例検索システム(http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=01)で。

 裁判所や当事者や訴訟代理人等による承諾を受けていません、判決文の引用や利用について(著作権法13条参照)。裁判記録の閲覧及び審査審判記録の調査は原則として行っていません。
 「査定資料」は「参考文献」の記載に基づきます、その「参考文献」が「本件公報」に載っています。「本件公報」はそれぞれの事件において検討の対象とされた発明の公報を意味します。
 参考として私が加えている可能性があります、「本件公報」の実施例と同じと思われる符号を「発明要旨」に。また、アンダーラインや化学式や図などが正しく表示されません。下付き及び上付き文字が普通の文字として表示されます。
 「事例分類」を含むデータベース本体の補充訂正は、過去に遡って行っています。したがって、一致しない場合があります、過去に作成したテキストとは。
 私は少しも保障しません、私のホームページの内容に問題がないことを。例えば、次のような問題がある可能性があります、事件の欠落を含む入力ミス、私の無知や誤解や予断に基づく誤り。私は一切責任を負いません、私のホームページのご利用により生じた結果に対して。 しかしながら、私は望外の喜びとします、貴方が非営利の活動で利用していただくことを。これは著作権の放棄を意味するものでは有りません。リンクは原則的に誰でも自由です、私のホームページのTOPページに対して。ご連絡も不要です。


作成者 DBぴぽす 


*工業所有権情報・研修館の特許電子図書館(IPDL)を利用して、「本件公報」を入手することができます、以下のように。
1) 公報番号を貴方が紙にメモします、その番号は、この特許判決索引の「本件公報」の欄に記載されている記号(A、A1、B、U、Y)と、番号です。なお、 WO-A1-********** はWIPOの公表公報を表示するための番号です、特許・実用新案検索の「10.外国公報DB」から。(各公報種別記号はそれぞれ意味します、「A」は特許公開を、 「A1」は特許再公表を、「B」は特許公告又は登録を、「U」は実用新案公開又は無審査登録を、「Y」は実用新案公告又は審査登録を。)
2) 貴方が開きます、インターネット上の特許電子図書館(IPDL)のトップページを。
3) 開いた画面で、クリックして選択して下さい、国内公報は特許・実用新案検索の「1.特許・実用新案公報DB」を 、外国公報は「10.外国公報DB」を。
4) 特許・実用新案検索の「1.特許・実用新案公報DB」 又は「10.外国公報DB」の入力画面となります。それぞれの空欄に半角文字を用いて入力して下さい、貴方が紙にメモしておいた記号と番号を。入力が済んだらクリックして下さい、左下の文献番号照会(Search)マークを。
5) 開いた画面で、表示すべき公報の番号をクリックして選択して下さい、左側に表示された番号の中から。
6) 暫くすると、目的とした公報が画面に表示されます。その後は、操作して下さい、画面の指示に従って。 (詳しくは参照して下さい、特許電子図書館の操作マニュアルを。)


〔リンク集〕
知的財産権判決速報(判例検索システム)
知的財産高等裁判所判決紹介
特許電子図書館(IPDL)

社団法人発明協会知的所有権判決速報

知財みちしるべ
裁判所判例Watch

「プロダクト・バイ・プロセス・クレームの解釈」安藤安紘さん

安全門
BIZLAW 知財Wiki
IP国際技術特許事務所
e-Patent Map.net
知財部調査室