オンラインショップオンラインショップ。無農薬野菜の産地直送です。玉葱をはじめとして、旬の野菜や自然卵などをセットにしてお届けしています。


「週刊てーて」ひらく農園から、バックナンバー 週刊てーてのバックナンバーと、サイト内検索が行えます。


ヒメパセリさんの詩集 ヒメパセリさんの詩集


サイトスさんの野菜を使った「レシピ集」サイトスさんの野菜を使った「レシピ集」です。野菜中心のメニューを、簡単な方法で料理できるやり方を提案します。


「週刊てーて」ひらく農園から、語りと映像 語りと映像。視覚障害のある方でも畑の状況を聞くことができます。また、畑の様子をビデオで見ることもできます。


草子の演奏は草子ドットネットへお入りください。草子ドットネット。mp3やビデオで、無料の音楽を配信しているグループ「草子」のサイトです。


このサイトについてひらく農園の紹介です。


リンク集リンク集です。

ひらく農園のホームページに来てくれてありがとうございます。無農薬、無化学肥料のノンケミカルファームから、野菜を育ててお届けしています。自給自足に近い生活の中で、地球の未来に世界中の子供たちが安心して生きる喜びを分かち合える、そんな環境の実現を模索しています。

★ 「週刊てーて」+αをブログでどうぞ。 ☆ ひらく農園の野菜を入手できるお店

週刊てーて ひらく農園から


「オクラの夏再び」

 東京方面でも梅雨が明けたというニュースを見て、ようやくいつもの夏本番なのか?という安堵感がある。夏はやっぱり適当に暑いほうがよい。しかし、気象庁の予報は、しばらくは冷夏のような夏に終始し、後半から秋にかけて暑い日々がやってくる、としている。どちらにしても、僕たちの夏は異常に暑く、それでいて収穫に追われてあっという間に一日が終わる、そんな夏に終始するだろう。きっと、気が付けば秋になっているはずだ、という確信がある。

 今年は忙しさにかまけて、オクラの種を播くのが遅くなった。急いで無理して種を播いたところで、収穫開始はせいぜい二週間の違いである。種を播いてネットを被せ発芽を確認してから、オクラの70メートルの畝には近づく暇もなかった。一輪二輪とオクラの花が咲いているのを見かけた瞬間に、心は急に焦りだす。オクラの畝の両側は草ぼうぼうで、これでは日が当たりにくいし、収穫や選定作業もままならない。慌てて畝間の草を刈払い機で刈り、もう片方の側をトラクターで耕して、突然にオクラ畑が出現したような状況であった。

 オクラは夏の、メイン作物である。看板野菜の一つであるが、その収穫作業は「夏の死のロード」と呼んでいるくらいだ。オクラの周囲を草ぼうぼうにしておいたおかげで、今年は一層速く、一層多くオクラの葉に虫の産み付けた卵が葉を巻いている。その葉をことごとく除去していくのだけれど、そう簡単に除去できるものでもない。収穫とともに、オクラの樹勢を人間側で面倒を見ることができるように、剪定作業を並行する。今年のように虫の卵が多い時には、強めの剪定作業をする。オクラの葉が日光をふんだんに取り込んで光合成し、オクラの実を太らせる。オクラの古い葉をそのままにしておけば、葉が多いのだから光合成は促進されるが、虫の産んだ卵は養生するにもってこいの環境をつくる。つまるところ、オクラを収穫するという作業は、オクラの樹の全体を考えながら剪定し、虫を減らすという作業が含まれるのである。

 この暑い夏を、オクラを毎日欠かさないで収穫するということは、過酷すぎて病人にできるようなことではないだろう。裏を返せば、オクラの収穫ができるということは、自分自身のカラダが大丈夫であることの証明である。むしろ、オクラのカラダ、つまりオクラの樹を思いやりながらの収穫である。オクラを食して夏を越すことは、そういう意味で粘り腰の夏を過ごすことになるのかな?

 オクラや青しそや胡瓜は、ファーマーズマーケットでもよく売れる。それらを収穫した分だけ、小分けして袋詰もしなければいけない。その作業時間も短くはない。過酷な収穫と納屋での仕分けを交互にこなしながら、4店舗分に振り分けて納品し、宅配便で送る野菜を仕分けし、夜の直接配達分を用意して配達すれば、あっという間に夜が深まってしまう。しかし、もう七月も終わり。もはや秋冬の野菜の種播きを始める季節である。この猛烈な夏に、秋冬をイメージする?まだ梅雨が明けたばかりなのに、ひと月先の猛暑を予想しながら、その先の秋冬をイメージする?8月には、長女の帰省とホルンコンクール、次女の北海道、長男の各種サッカー大会が目白押しだ。それらもまた、あっという間に過ぎていくのだろうか?

2016年7月29日 寺田潤史


バックナンバーへ



ご意見、ご感想、お問い合わせは、下記よりどうぞお寄せください。

お名前
メール
ご意見、ご感想、お問い合わせ


今週の野菜
(すべて農薬、化学肥料を使用していません。ここに記載のないものもあります。)




★ ひらく農園の野菜の入手方法

☆ このページの最初に戻る

7 ナス千両2号 ナス科 2016年2月1日播種 2016年6月23日から収穫
7 ししとう伏見甘長 ナス科 2016年2月1日播種 2016年6月23日から収穫
3 空芯菜エンツァイ ヒルガオ科 2016年3月1日播種 2016年5月26日から収穫
4 モロヘイヤ(自)モロヘイヤ アブラナ科 2016年3月1日播種 2016年5月27日から収穫
5 じゃがいもきたあかり ナス科 2016年2月1日播種 2016年5月26日から収穫
6 オクラスターライト キク科 2016年5月15日播種 2016年7月18日から収穫
7 ピーマン京波 ナス科 2016年2月1日播種 2016年6月23日から収穫
8 葉ねぎわかさまパワー ユリ科 2016年1月30日播種 2016年5月1日から収穫
9 ニラサンダーグリーンベルト ユリ科 2014年4月30日播種 2016年5月11日から収穫
10 ミント(自)ミント シソ科 2013年3月10日播種 2014年1月13日から収穫
11 玉葱七宝早生7号 ユリ科 2015年9月25日播種 2016年5月1日から収穫
12 葉付き人参三寸 セリ科 2016年2月1日播種 2016年5月15日から収穫
13 胡瓜ときわ地這 ウリ科 2016年3月1日播種 2016年6月1日から収穫
13 ミニ南瓜ブレード ウリ科 2016年3月1日播種 2016年6月19日から収穫