石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

芋畑や赤城へいそぐ雲ばかり

葛咲くや嬬恋村字いくつ

火山灰被たる葉叢ぞの咲き出たれ

葛の雨鶴溜驛しぶきけり

浅間路に滞まりゐるや秋の風

みんみんの啼きやまぬなり雨の信濃

雨つのるみんみん啼けよ千曲川

雨はげし青栗いよよ青くして

雨のみの旅の七日や萩すすき

葛を搏つ雨や小諸を去らむとす

野ののここに咲き入る楢林

熊谷にきく秋蝉となりにけり

朝顔や旅を戻りて古郷の忌

栗林家探し止めてゐたりけり

うつむきて歩く心や蓼の花

露葎鴉のあそぶ松少し

日曜の露おもたしや猫じやらし

露光る教師かこまれ来りけり

昼の虫鬱とあるなり実無柿

蹄鉄の打たれやまざる野分

大露の杉ばかりなる簷端かな

買ひ戻すすべのなき書や虫の宿

妻が歌芙蓉の朝の水仕かな

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図