和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

重の内暖にして柏餅

目立たぬや同じ色なる更衣

昂然と泰山木の花に立つ

えにしだの黄色は雨もさまし得ず

見るうちに薔薇たわたわと散り積る

の穂の出揃ふ頃のすがすがし

此宿はのぞく日輪さへも

桑の実や父を従へ村娘

たたみ来る浮葉の波のたえまなく

藻の花や母娘が乗りし沼渡舟

釣堀の日蔽の下の潮青し

松魚舟子供上りの漁夫もゐる

老い人や夏木見上げてやすらかに

ユーカリを仰げば夏の日幽か

急がしく煽ぐ団扇の紅は浮く

玉虫の光を引きて飛びにけり

夏山やよく雲かかりよく晴るる

這ひよれる子に肌脱ぎの乳房あり

大敷の網に夏海大うねり

泳ぎ子の潮たれながら物捜す

へこみたる腹に臍あり水中り

親竹に若竹添へて三幹竹