和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

道々の餘花をながめてみちのくへ

餘花に逢ふ再び逢ひし人のごと

みちのくの旅に覚えし薄暑かな

供華のため畦に芍薬つくるとか

遠目にはあはれとも見つ栗の花

君知るや薬草園に紫蘭あり

梅雨といふ暗き頁の暦かな

代馬は大きく津軽富士小さし

相語り池の浮葉もうなづきぬ

かはほりや窓の女をかすめ飛ぶ

岩の上の大夏木の根八方に

葡萄榾ちよろちよろ燃えて夏炉かな

夏山の彼方の温泉に子規は浴みし

夏山のトンネル出れば立石寺

夏山やトロに命を託しつつ

銀杏の根床几斜に茶屋涼し

島々に名札立ちたる涼しさよ

バスが著き遊船が出る波止場かな

夏山に家たたまりて有馬かな

崖ぞひの暗き小部屋が涼しくて

雪渓の下にたぎれる黒部川

梅雨晴間打水しある門を入る

打水をよろめきよけて病犬

夏の月かかりて色もねずが関

夏風邪はなかなか老に重かりき

浜茄子の丘を後にし旅つづく