和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

ぼうたんの花の上なる蝶の空

セルを著て彼女健康其ものか

老農は茄子の心も知りて植ゆ

打ち晴れし神田祭の夜空かな

かんばせを高ノ染めて人来る

夕風に浮かみて罌粟の散りにけり

夕風に散らまく罌粟の一重なる

今日の興泰山木の花にあり

妻をやる卯の花くだし降るなかを

顔そむけ出づる内儀や溝浚

裾からげ内儀わたせり五月雨

の中わがつく息もかびて行く

一匹の火蛾に思ひを乱すまじ

釣りの岩にはさまり見ゆるかな

蚊遣火のなびけるひまに客主

棟梁の材ばかりなり夏木立

晝顔の花もとび散る籬を刈る

中途よりついとそれたる竹落葉

夏木あり之を頼りに葭簀茶屋

用ふれば古籐椅子も用を為す

山寺に絵像かけたり業平忌

炎天や額の筋の怒りつつ

木々の間を透きてしうねく西日かな

雷火にも焼けず法燈ともりをり

夜詣や茅の輪にさせる社務所の灯