和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

朝顔の二葉より又はじまりし

気にかかる事もなければ梅雨もよし

鉄線にけふは若くものなき庭か

避暑に来て保養といふも仕事かな

避暑の宿蚋を怖れて戸を出でず

ほととぎすかならず来鳴く午後三時

避暑宿に来ても変らぬ起居かな

二つある籐椅子に掛け替へても見

避暑の宿寂寞として寝まるなり

長梅雨の明けて大きな月ありぬ

午前九時始まる避暑の日課かな

昼寝して覚めて乾坤新たなり

影涼し皆濃紫さむらさき

庭木皆よき形なる若葉かな

せせらぎの水音響くの川

いつの間に庭木茂りて梅雨に入る

天暗くなりて明るき薔薇の雨

よき鉢によき金魚飼ひ書を読めり

ダムに鳴く鳥は鶯ほととぎす

蜘蛛の糸の顔にかからぬ日とてなし

山寺に我老僧かほととぎす

山寺に仏も我も黴びにけり

仏生や叩きしの生きかへり

避暑に来て短か羽織を仮りに著て

夏草も一景をなす坊の庭

明易や花鳥諷詠南無阿弥陀

すぐ来いといふ子規の夢明易き

怪談の昨日のつづき涼み