長いことエッセイを更新していませんでした。
理由の一つは、最近は老親の健康状態が心配で海外旅行は
控えているため、新しいネタがないこと。
また、わたしは失敗談をよくネタにしてきたのだが、ここ数年は
海外旅行に慣れてきたのであまり失敗することがなく、書くことが
なかったため。

とはいえ、2010年にハワイに行ったときは、レンタカーを借りる
場所がわからずホノルル国際空港内を右往左往したっけ・・・。

我が家の旅行はほとんど自由旅行なので、その時も、空港券・ホテル・レンタカーがセットになっ
たフリーツアーだった。当然現地で出迎えてくれるガイドさんはおらず、すべて自分でやらねばなら
ない。今まで、いろんな都市でレンタカーを借りた経験があり、ロサンゼルスやイギリスのヒスロー
空港などの大きな空港でもすぐ借りれたので、ホノルルでも問題ないと思っていた。

しかし、ホノルル国際空港ってすごく大きいのねー!レンタカー会社のカウンターを探しているうちに
空港内で迷いそうになり、近くにいたスタッフに聞いたが英語がイマイチわからず。なんとかレンタカー
会社にたどりつくことができたが大汗。つまり、レンタカー会社の営業所が離れているため、送迎バス
を利用しなければ行き着くことができなかったのだ。ホノルルをなめてはいけませんね。

そうそう、ホノルルから国内線でハワイ島に向かうときも、搭乗券の発券のしかたがわからず
焦ったっけ・・・。

飛行機のチェックインなんて、チェックインカウンターで係員にチケットを見せればすぐできることだ。
しかし、ホノルル空港には、自分でチェックインする機械がずらーっと並んでいたのだ。タッチパネル
の画面に出る案内にそって、自分でいろいろ入力しなければならない。機械で自分でやるのは初めて
だったが、日本人旅行者が多いホノルルのこと、きっと日本語の案内も出るに違いない・・・と
わたしたちは思った。

しかし!その機械は英語表示の他にも数ヶ国語が選べるのに、日本語はないのであった。
なんでー!最近は海外の銀行ATMでも、けっこう日本語表示が出るのに!
ホノルルをなめてはいけませんね!

しかたがないので英語の案内を読みやってみたが、よくわからない質問もあり不安である。
まちがえると面倒なことになるかも。結局、有人カウンターに行き、搭乗券を発券してもらったの
だった。情けない・・・。


思い起こすと、相変わらす失敗はいろいろしているようである。失敗すること自体なれてしまい、
新鮮さが感じられなくなってきたというところか。
上記の件は、主に英語力の不足が原因だ。海外旅行に行くたびに、もう少し英語ができたらなあ、
といつも思う。わたしの英語力は、なんとか買い物やレストランでの注文ができる程度であり、少し
難しいことになるとさっぱりである。

海外旅行をやめているといっても、まだまだ行きたいところがあるのは事実。
また旅立つときのために、今年もNHK英語テキストの四月号を購入した。毎年NHKの英語講座は
テレビorラジオの何かは視聴しているのだ。途中で挫折することもあるが、最近は聞きやすい講座が
増えてほぼ一年間聞きとおすことができる。ここ1・2年は「英会話タイムトライアル」がお気に入りだ。
それともう一つ新講座のテキストも購入した。

英語圏以外の国では、その国の言葉を少しでも使った方が向こうの対応が良いことも確かなので、
あいさつやお礼の言葉は覚えていくようにしているのだが、やはり共通語は英語しかない。

わたしが、旅の空の下で、現地の人と自由に
会話を楽しむことができるようになるのは、
いったいいつのことであろうか・・・。 
(2014. 4. 30)


















<旅の言葉>

ホノルル空港でレンタカーを借りる。
(10年)

目次のページに戻る


ハワイ島、コナ国際空港の彫刻。
この空港は小さいのでわかりやすかったです。