この度の改修は、男屋根・女屋根を新調し、唐破風の形状も厚みを持た
せ、重量感が増しています。又、高さ、幅、長さも従来よりも大きくな
り、更に柱、桝組も取替えて床面積も広がっています。勾欄の一部に登
り勾欄をとり入れています。
拝懸魚には中野八幡神社の湯立て神事、弓取り神事を彫り、勾欄部分に
沿わせて昔日風景の彫刻も見事に彫られています。
昭和8年に野寄地区より購入した地車が70年振りに大改修されました。
平成16年3月28日、鷺宮八幡宮に於いて入魂式を終えた地車は、本山中町会館(中野北公園内)
にてお披露目されました。

戻る