日々は楽しい♪

TOP

前のページ

 9月18日(日)

 天気のいい日曜日だこと。
 今日は仕事もないし、ひがな一日を過ごしたいと思っていたが北海道にバイトに行っていた次女の迎えに羽田まで行ったわ。
 JALとANAの到着口違うんかい!?
 歩いて10分離れてるて。
 こういうのって未だに分かりにくくて通じゃないと戸惑うよな。

 夕方は近くの神明宮という神社のお祭りに長女と繰り出す。
 夕飯兼ねて、シャーピン、じゃがバタ、大盛り焼きそば、ゲソ焼き食いまくる。
 飲み物代わりのかき氷は自分でシロップ掛け放題なので七色に。
 ほほ、なんか楽しいわ。
 帰り際にもう一個シャーピン買う。
 いや、シャーピンめちゃうま! ああ、栄養価高いこと。
 日がな一日かしら?

 9月17日(土)

その2

 夕方、新宿のカラオケボックスに、佐藤太くんを始めとしBQMAP劇団員の何人かが集まる。
 そして麗子と。
 実は先日、仲間内でカラオケやっていた時に少女隊ナンバーがリクエストされたのを聞いて、太くんが稽古中に「麗子さんと少女隊をカラオケでハモるのが夢です」と言っていたのを思い出したのだ。
 わかるわかる太くん! 今でこそ俺はレイコを「安っさん」呼ばわりしているがかつてはバリバリ同じ夢を見た仲間なのだ。
 と、言う訳で、俺は太くんの夢をかなえてあげるため、麗子をかり出したのだす。
 っちゅーか、劇団員歌いまくり!
 まずは、いきなり少女隊もないだろうと、ウォーミングアップ曲をリクエストするのだが、みんなそこに気合い入れ過ぎだっちゅーの!
 俺も「風の街でお前とオイラ」なんて俺と岡村明美さんと安倍純しか知らない曲歌って声ひっくり返すなっチューの!
 とか何とか盛り上がりつつさて、メインの少女隊ナンバーが入り、太くん、さらに「アンタッチャブル」ならお兄ちゃんが好きだったからアタシもバリバリ歌えるわって言う劇団員Mのガールフレンド、ついでに来年シニア割引対象年齢になるっちゅー俺も、麗子とユニゾン!
 会場はがんがんに盛り上がる。
 それにしても少女隊カラオケナンバーこんなに増えてるなんて!
 しかも「ESCAPE A,M.3:00」がある! ひえ〜〜〜〜、いい時代じゃ!
 早速リクエストしたのはゆーまでもない。
 この曲大好きなんだけど、ナマ麗子で聞くのは初めてでしょ!
 もう、歌ってる麗子を中村K子ちゃんの肩を借りて、わざと肩なめで見てたね。
 ええわあ〜。めろめろじゃあ〜〜。
 麗子の歌はやっぱ他に真似できない独特の雰囲気があるよなあ。
 しかも、この歌、レイコが15才の時に書いた詞だって、なんちゅうエロい詞を書くお子様だったんじゃあ〜!
 てな感じで4時間堪能して大満足で一同解散したのであります。
 なんて、かなり浮かれて書いちゃったけど、稽古やバイトで来たくても来れなかったメンバーごめんね。またこういう機会あるといいねえ。

 っつーところで、実は今宵俺がもう一つ嬉しかったのはサブちゃんの「浪人まかり通る」と「浪人独り旅」があったのよ!
 誰も知らんだろうがさっそく俺「浪人まかり通る」を熱唱したね!
 ひとりで堪能したね!
 今度は「浪人独り旅」も歌うね!
 そう、ご存知「素浪人花山大吉」と「素浪人月影兵庫」の主題歌さ。
 ホント、いい時代になったわあ〜〜〜。
 一人で歌いに行っちゃおーかな。
 誰も聞いてくれなくていいもん、あの歌だったら。
 むしろ一人で歌いたいわ!
 むふふ〜ん。

 9月17日(土)

その1

 掲示板でちょっと話題になった削除した過去の日記掘り出して読んでたらこんなのがあったよ。

2001年7月3日(月)
 山本麻里安の作詞2曲目。『潮風ドライブウェイ』。これが、ノリノリで基本の詩が30分くらいで出来てしまったわりには、会心の出来! すごく気に入ってたのだが、麻里安本人から「これはちょっと歌えません」とNGが出る。「なんやて〜!!」とは思ったが、内心そりゃそうだ、この詩は麻里安のキャラではないかもと思う。ちょっとこすっ辛すぎたか、むふ〜ん。
 かつて、泉谷しげるが浅田美代子(超アイドル時代)に曲作ったのだが、あんまりにも浅田美代子には不釣り合いと没になり、ライブで泉谷自身が歌ってたが、なるほど浅田にゃ無理だろうという歌だった。「街を片手に散歩する」っていったけな。それを思い出した。でもな、麻里安、このくらい歌えねえとなあ〜
 ま、そんなわけで作り直しなのだが、そのNGが出たのが昨日の夕方。河合夕子さんから同時に連絡があって「明日の朝までに詩が出来てないとОUT」とか言われる。ってことは、今晩は徹夜か! すべての仕事をストップして、作詞に打ち込むナイト。次第に朦朧としてきて、良いのか悪いのか、譜割り出来てるのか出来てないのか(この辺に今回全く自信が持てずビクビク)わからなくなってきたので、とにかく朝10時過ぎに夕子おねいさまにFAX入れる。後でまだ直し入れますから……と。すると、おねいさまからすぐに「譜割りオーケーよ」の連絡あり、大地、安心して仕事に出かける(って、この時点でもう遅刻してる)。
 夜、もう一度見直し聞き直してみたら、かなり完璧に思えてきて「俺様OK!」出す。
 で、没になった詩は大地のストックとなる。版権フリーで放出してもいいよ。誰か歌わない? そのうち、麻里安のシングルが無事発売されたら没詩、発表しようじゃない。(忘れてたらメールで催促してね)

 ところで、今日も阿佐ケ谷美女らとで食事。本日は「希須林小澤」。なんと、ショートコース(我らはプチコースと呼んでた)の最後に出た鶏の唐揚げのおいしいこと! 鶏肉は大っ嫌いな俺が言うのだからホンモノよん(よんてなんだ!)。【82.4kg 21.5%】

 --------------------------------------------

 取り合えずこの頃は82.4kgだったらしい。
 今日の時点の俺の体重の1kg少ない(
また太ったのかよ!)。
 この頃の俺がうらやましい。
 阿佐ケ谷美女と言うのは阿佐ケ谷のお友達美女でうちお二人はこの間子持ちに。
 「希須林小澤」に初めてこの日行ったんだね。

 さて、それはさておき、この日のメインの話題の山本麻里安に提供した作詞の2曲目。『潮風ドライブウェイ』の没詞。
 いつか発表するぜとこの日に書いて今日まで来てしまった。
 実はちょっと前にあるファンから「まだ発表しないんですか?」と言われていたのだ。
 それからさらに月日は流れて、先日ようやく没詞を掲載しても良いと言うお許しを当時のプロデューサーにもらったのでここに発表します。
 すでに元ネタの正規『潮風ドライブウェイ』の詞もほとんど誰も知らないだろうけどね。

【潮風ドライブウェイ】

この夏もまた 来ちゃったじゃないの(思わず)
海は嫌いなはずだった 私が(どうして)

あなたのせいでしょ あなたのせいよ
ここで思い出 たくさんくれたから

オープンカーに 私が一人
潮風に吹かれた 私がたった一人…………

どんなシチュエイションなの この状況は?
どうしてくれるの 来ちゃったじゃないの 海に

だけど海が好き あなたが好きだった海が好き
あなたはどうでもいいけど あなたの海は好きなまま

この夏もまた 来ちゃったじゃないの(思わず)
海は嫌いなはずだった 私が(どうして)

また次の夏もその次の夏も 来るわ 私
私の海だもん 今はもう私の海だもん
(道も覚えちゃってるし……)

 いやあ、なんちゅう良い詞だ。
 CD持ってるやつはカラオケでコレを歌え!
 これを河合夕子さんの曲に乗せて歌うともうカッチョ良くてクールなひとりドライブが出来るんだぜ!
 俺はコレ、20代の時に住んでいた金沢から小松空港に行くまでの北陸自動車道を走ってるイメージで書いたわ。日本海かよ!
 やっぱし麻里安に歌ってもらいたかったかもなあ。

 9月16日(金)

 「おそ松くん」の文庫本21巻、22巻を買ってプチに行く。
 21巻の最初に収録されている「オメガのジョーを消せ」を読む。
 もちろん子供の頃から何度も何度も読んだ話だけど改めて笑って感動して泣いた。
 やっぱ凄いぜ赤塚不二夫。
 セリフも構成もギャグも冴えまくってる。
 「かんおけにはいってまってるといいジョー プツン!!」
 このセリフサイコー! 流れで読まないと分からないんだけどね。
 笑いながらも感心しちゃうわ。
 「二分の一は半分ザンス ウヒョヒョ」というセリフのシチュエーションと、その時のチビ太のリアクションもそう。かわいい!
 初めて読んだ時と変わらない部分と新発見!
 ああ、楽しい。
 今、別に「赤塚不二夫のおコトバ」という本も読んでるんだけど赤塚不二夫再発見期だわ。
 「思いつかなかった。すごい! うちのアイディアマンにほしい!」というコトバ、かっこいいんだわ!
 興味のある人は是非読んでね。

 さて、午後はラピュタ「東映大時代劇祭り」の「暴れん坊兄弟」を観る。
 これも先日観た「殿様弥次喜多」とおなじ沢島忠監督作品でめちゃ突き抜けてる。笑って泣いた。
 結局、今日堪能した作品はどっちも昭和三十年代、四十年代の作品。
 何度も言うけど最新作のマンガや映画で堪能したいよ。

 夜は江口寿史、田村信、泉晴紀らと吉祥寺飲み。
 上は酒の入ったコップを一回転させる遊び。この店に来ると必ずやるの。
 っていうか、仕事したのか今日俺は。

前のページ

大地丙太郎Web@2005