角膜移植患者の会 会則

≪名称≫
 第1条 本会は、角膜移植患者の会と称します。

≪事務局≫
 第2条 本会の事務局は、市川市菅野5−11−13
 東京歯科大学市川総合病院 角膜センター内に置きます。

≪目的≫
 第3条 本会は、次のことを行うことを目的とします。
  (1)患者相互の情報交換、楽しい交流の場作り
  (2)医師、および医療機関からの指導・情報の会員への伝達

≪事業≫
 第4条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行うこととします。
  (1)ニュースレターの発行
  (2)各種イベントの開催
  (3)その他必要と認められる事項

≪会員≫
 第5条 会員は、次の通りとします。
  (1)本会の会員は、東京歯科大学市川総合病院の角膜移植患者ならびにその家族とします。
  (2)本会に準会員を設けます。
     準会員は、東京歯科大学市川総合病院以外の角膜移植患者ならびにその家族とします。
  (3)会員及び準会員は、本会の目的に賛同し、入会を希望する者とします。

≪役員≫
 第6条 本会に次の役員を置きます。
  (1)会長    1名
  (2)副会長   2名
  (3)会計    2名
  (4)書記    2名
  (5)広報    2名
  (6)企画    2名
  (7)会計監査  2名
  (8)幹事    若千名

≪役員の任務≫
 第7条 役員の任務は、次の通りとします。
  (1)会長は、本会の代表として会務を統括します。
  (2)副会長は、会長の補佐をし、会長に事故ある時はその職務を代行します。
  (3)その他の役員は各業務に当たります。

≪選出と任期≫
 第8条 役員は会員の中から互選により選出します。選出に当たっては事務局に届け出、総会前の
     役員会において選出し、総会で承認することとします。
     役員の任期は2年とし、再任されることも可能とします。
     但し、補欠のため選任された役員の任期は、その前任者の残任期間とします。

≪顧問≫
 第9条 本会に顧問を置きます。顧問は東京歯科大学市川総合病院眼科医師全員とし、会長が委嘱
     します。
     顧問は、各会議に出席し意見を述べることができるものとします。

≪役員会≫
第10条 本会の役員会は、随時会長が招集します。

≪総会≫
第11条 定期総会は毎年1回開催し、次の事項を議決します。
  (1)決算ならびに予算の承認
  (2)事業計画の承認
  (3)規約の改廃
  (4)役員の承認

≪会費≫
第12条 本会の会費は、年額千円とします。

≪運営費≫
第13条 本会の運営費は、会費および寄付金その他の収入をもってこれにあてます。

≪会計年度≫
第14条 本会の会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日とします。

≪帳簿≫
第15条 本会には、次の帳簿を備えます。
  (1)会員名簿
  (2)現金出納帳
  (3)会議議事録
  (4)関係書類

≪禁止事項≫
第16条 本会において、政治的活動、宗教的活動およびこれらに類する行為を行うことを禁止します。
                                          以上


                                    
角膜移植患者の会 会則 申込書 役員募集
  Message    Q&A   お知らせ   LINKS

お問い合わせ、ご意見・ご希望など、どんな事でも結構ですメール下さい。

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置