Forest
メーカーLiar SOFT

コミックビーム発展委員会へ/書評のページ


−わたしはアリス。さあ、お話を聞かせて−


100% 
ここ数年、プレイした作品の中でも屈指の名作。
ただ、ゲームとしてなら、こんなクリエーター電波垂れ流しの話、自分が責任者だったらGoサインは出さない。
しかしライアーは幅が広いね。引出しが多いというか。 緩いというか。
毎回思う。
同じようなゲームは二度と作らないこれだけは本気だなと

それをわかってたはずなのだが、森には…ホントに驚いた。癖のあるゲーム。
そんなレベルじゃなかった…
今まではバグゆえに人には進め難かったが、今回は純粋に作品内容ゆえに人には進められなくなった。
そして、俺は、前以上にLiar信者になった。

−私たち、思い出しているの。−
−それとも思いついているの。−


このゲームを楽しむことが出来るのは二種類の人間だと思う。

まず、「よくわからないこと」「意味がない(わからない)こと」を雰囲気で楽しむことが出来る人。
次に「よくわからないこと」を自分なりに突き詰めて結論を出すことを楽しみながら出来る人。

ま、自分の場合は、前者なんで、 どれだけ読み手が振り回されても、不思議と納得してしまうタイプだから、気にはしなかったが…
なにせ、 訳が判らない出来事と登場人物に翻弄されるのが、「不思議の国のアリス」なんだからな、だから、具体的な指標を示すとすれば、「不思議の国のアリス」が好きな人は大丈夫ではないかと。

あれだ。一言で言うなら
「面白い電波」
そして、言葉を換えて言えば、純文学系エロゲーとでも言うか、正直、込められた思いはすでにめておの世界。
まぁ、後もう少しで、時代を画する名作、一つのジャンルを作る作品になったんじゃないだろうか。今までには無かった作品である事だけは間違いない。

惜しむらくは、後半失速したというか、あるいは、めてお氏も遂に、自家中毒を起こしたか。
内容的には満足しているし、非常に好みなのだが、これが、語られたモノだと、メタ的に話を進めていっているのなら、結末はあの一つしかないのだろうが…
どうしても、最後のアケルの台詞がモノを創り、そして、作り続けなければいけない人間の悲鳴のように聞こえてしまって…そういうのは、作品の中に出してもらってもな〜
あと、音声と音楽と文章の演出はすごい高度なものです。ただ、ビジュアル面でももう少し…正直、声優に予算とられすぎた?
いや、うまい下手ではなくて、カットインや立ち絵をあんなに用意しているのだから、せめて回想モードで全部見せて欲しいし、プレビューブックや公式サイトで紹介された絵も出てきてないのが結構ある。…やっぱり、途中で纏めようとして、切り捨てたのかな?

−私はアリス。−
−さぁ、お話を聞かせてあげる。とても残酷なお話を−



ゲーム進行表・選択肢のある物だけ
3章:新宿漂流 外へ
降りる
止める
♯正解以外はゲーム終了。
4章:夏至の夜の改賊 そっとしておく
♯分岐ポイント!
5章:ザ・ゲーム アマモリは九月と一緒。
♯分岐ポイント!
♯アマモリを黛と一緒にするとラストが少し違います。ウサギが邪悪です。
♯確証はないけれど、ゲームの途中はフラグではないらしい。
♯死なない選択肢ならO.K. たぶん。
♯で、九月がらみのすべての選択肢をセーブロードで潰して、グリザベラが天国に行ったら
→冒頭に、新選択肢登場
周たんにえろがきとののしられますハァハァ(*゚∀゚)=3
6章:傘びらき丸航海記 殺した・城之崎灰流・トルンガ
この選択肢を選んでいくと、結末が変わる。

で、

コーカスレースの後
「見過ごす」で、刈谷残留ルート。
そのあと、
「九月が残る」で黛残留ルート。

式場では「いま、ここで」→「自分の手で」で2人とも残る。

それ意外はテキトーに
でもこのゲーム最短ルートだけじゃわかんない事多いので、いろいろ試すべき。特にこの章は、アマモリや九月の可愛いとこや怖いとこが味わえるのでいろいろ選択肢は選ぶべきです。
♯全体にいえることだが、セーブ・ロードでもフラグは立つみたい。グローバルなセーブデータでフラグ管理なのかな?


主要キャラ・寸評
・城之崎 灰流

名無しの賢者。主人公であるアケル君。作品初等から中盤に欠けては傍観者的にあれこれと思わせぶりな言動なわけだが、《ザ・ゲーム》以降ますます沈み込んで、でも、最後の最後に意地を見せます。
あいかわらず、お約束ではあるのだがヒロイン全員食います。でも、心を傾けるのは一人です。あと、『幸福にしてあげたい症候群』にかかってます。つまるところ、めてお氏のデフォルトキャラです。ええ、全くのところ。
要はこいつが諸悪の根源。そして、救い手。
じつに、暗めで、投げやりで、それだけれども魅力ある人物に仕上がってます。
・雨之森 望 (かわしまりの)

諸悪の根元その2。魔女アマモリ。ママ。
…童顔メガネ、ちょっぴりデンパ。脱いだら柔らかそうなほんのり巨乳。と、ちょうど琴線に触れまくりの造形ですが、怖いです。こわいよこわいよォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w ォォーーー!!
とくに、三章・四章の動きッぷりは堪りません。普段引きこもってる人がはじけると、ホントに怖いです。結局の所、話を進めていけばどうしても、アマモリの内面を理解しなければならなくなるので…似たような、妄想癖のある自分としては、辛かったです。
それにしても! かわしまりのの演技は堪りません! 場面場面にほとんど人格が変わったようなアマモリの豹変を事細かに演じてます。もう、この人抜きでは嘘屋のソフトはできないんじゃないだろーか
♯『この裏切り者め殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺すと七回繰り返したところで通話キー発見。やった。新記録』の所がサイコーにツボでした。あと、酔っぱらって拗ねてるアマモリの所とかー
・黛 薫 (一色ヒカル)

『利根』の艦長にして、帝国海軍の砲術の大家…じゃなくて、ネガティブ毒舌医大生。
…じゃなくてね、事前のキャラ紹介の文。大学教授と不倫しているフラッパーな大学生。…って、そっからどうして、こんなお子ちゃま処女マンコちゃんが出てくるんだ! 
しかも声優を一色ヒカルにやらせて…ひょっとしなくても、シナリオ描いてて『あ、こいつって、ヒッグスじゃん』とかなんとか思いついて、それらしく仕上げたんだろ。
…サイコーですマンセーヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノマンセー
いや、ホントに良い。さいしょは『夢なんて見てられるのはデンパな人だけです!』とか言っていた人が『やりたいこと、たくさんあるし』って目キラキラさせて答えるようになるなんて…萌え。
しかしながら、彼女は悲しきめておのLiarキャラ。処女で出てきたのが運の尽き。一番悲惨なカタチでボロボロにいじくられます。萌え。
・九月 周 (みる)

キャラ紹介からは、「皮肉屋のおねーさま」を想像していたのに、ふた開けて見たら

∩(・ω・)∩ジャンジャカズンジャカジャーン

だったのは正直腰が抜けた。黛ちゃんと同様に。
その言動とは裏腹に、彼女は考察を受け持ってるよーだ。
だがしかし、その言動通りに、ほいほいと気軽に命捨てそう。ホントに、ケタケタわらって危地に飛び込んで、例え死んでも笑って死にそう。でも、誰よりも、新宿を愛し、そこにとらわれ、たぶん、森の永遠を願っていた。そして、ホンキでゲームにつきあっていた。
…森を巡るお話なら、たぶん、この子が主人公だったな。
ゲームを見て『ランダマイザーはどうなるんだろう。それが解らないと、期待値の計算ができないんだよな…』とか言い放つ周ちゃん。超萌え。あとあと、 <ディプロマシーとかスコットランドヤードとか以下略>ナガツキ嬢、今度一緒にプレイしましょう。是非!)
・刈谷 真季  (野月まひる)

唯一無二の常識人たる刈谷姐さん。万能の平凡人。 非常識な事態に対する順応力も高いし、元ネタもある程度解るのでプレイヤーにとっては、絶好の『読み手』。で、あるからして、六章では彼女の壊れ具合に目を見張ることになる。こわっ((;゚Д゚)ガクガクブルブル
でも、ちゃんと『彼』の前では可愛い声を出すのね…
んで、たぶんこのキャラも先に声優を決めてからキャラを創っていると思うのだが、まさにはまり役。素晴らしい演技を見せてくれています。…でも、。どうしても、今ひとつ魅力を感じ取れない。
・宮乃 伽子/黒いアリス (北都南)

む、…伽子とはもちろん過去のことなり。
つーか、彼女たちを語ること、それが『Forest』という物語。
で、ある以上、ここで止まる。が。
流石、エロゲにその人ありと歌われた声優さんだけある。スゲェ声の使い分け。
ホンキで、声だけぶっこぬきてえ。あと、恒例のミニドラマもサイコ



蛇足
「常に新しいことに挑戦しつづけ、二つと同じ匂いのする作風のタイトルは作らないぞ」
がモットーのらいあーそふと
しかしながら、一貫して流れる三つのお約束。
一つは、ロリ。
一つは(ロリキャラ以外の)非処女率の高さ。
最後は…処女キャラの報われなさ…
…何で、だろうなぁ?


蛇足の蛇足

刈谷さんがナイフを手に殺人に向かうシーンで、どうしても、これを思い浮かべてしまう…

なたねのすばらしいお言葉 自殺のための101の方法より

「わはははははははは!! 敵を拘束する時は身体検査ぐらいするのが常識だろうがこの民間人! 戦士である私が武器の一つぐらい隠し持っていないとでも思ったかひっつき星人!!」
「これがただの畳針だと思うなよ! これはテスラ式処置によって電流を流した特製の次元毒針だ! 物理的ダメージを越えて存在そのものにダメージを与えるからお前みたいな宇宙人にも効果てきめんだ!! 思い知ったか!! 思い知ったかあああああああ!!!」



       カチカチカチ
          /⌒ヽ/⌒彡
        /  =゚ω゚) 冫、)
        / ⊃Hニ>-` /
       ( ヽノ;’| /| |
        ノ>ノ  // | |
    三  しU  U  .U