ここでよー、私が普段使ってる浜言葉、書いてみたどー。

房総ん釣りん役立つことも有るがんしんねー、

だっけん、今日日ん船頭さん達は、私よっかいー言葉使いだのー。(^^;;

一度ん書けねーかん、思い付いた日ん書くどー。

だかん、長ぇーうちんダブルがんしんねー、そんときゃメンゴ!!

そんと、標準語訳、もし間違ってたら、またまたメンゴ!!



   始めに訛りについて、書いてみます。

   内房では「ん」となり易いのは次の様な場合です。

   語尾の「ら」、「に」、「も」、「の」。
      だから→だかん、それに→それん、行っても→行ってん、
      この→こん、等々。

   語中の「れ」
      ・・・しれない→・・・しんねー、行かれない→行かんねー、等々。 

   接続詞の「の」、「に」
      あそこの宿→あすこん宿、船に乗る→船ん乗る、

   次に母音が「あ」の次の「い」「ぇ」となり易いです。
      鯛→てぇ、貝→けぇ、2歳→にせぇ、ない→ねぇ、灰→へぇ
      参った→めぇった、等々。




   それでは言語ですが、独特のも有りますし、只の訛りも有りますがそこのところは宜しくです。

   あじょ → いかが、どうですか、ってとこでしょうか。
   
      あじょだおか?→ どうですか?
      あじょんもおいねー。→ どうしようもない。

   あじしる → どうしますか
   
      沖は風が入れてんどー、あじしるー??→ 沖は風が吹いてるよ、どうしますか??

   あに → なに
   
      あにやってんだおー、→ なにをしてるんですか、

   あんが → いや、そうではなくて、
   
      あんが、おがてんようわーらねー。→ いや、私にはよく判りません。

   いかねー → これは私にもはっきり判りませんが「どうにもならない頑固者」位の意味でしょうか?
   
      あらーいかねーオッカだ。→ あれはどうしようもない女房だ。

   うんてー → 重たい

   おいねー → 駄目だ、「負えない」の訛りか。

   おーよー → そうとも
   
      「・・・・・だっぺー??」 「おーよー、そうだぐれー」 → 「そうとも、そのくらいだよ。」

   おじ、おじさん → 長男は倅、2番目以降の男子の呼び名

   おだされる → 叱られる、ぐらいの意味でしょうか。
   
      昨日は先生におださいちったおー。

   おっぽる → 放り捨てる

   おば、おばさん → 上記同様に、2番目以降の女子



   かんだち → 雷がゴロゴロ鳴って急に天候が悪化すること、「雷立ち」の訛りか

   かえば → 鯖の皮の短冊、主に冷凍鯖で作る、身肉は殆ど付けない。

   ・・・・・がん → ・・・・・かも
   
      こんどばしは、死ぬがんしんねーと思ったおー。→ 今度ばかりは死ぬかもしれないと思ったよ。

   きび → 気味
   
      いいきびだ。→ いい気味だ。

   くっせー、くらっせー → ・・・下さい
   
      買って来てくっせーよ。→ 買って来て下さいね。

   けたなり → 見た成り、容姿
   
      腰が曲がってっかん、けたなりが悪ぃーのー。

   けっちゃ → 裏返し??
   
      竹はけっちゃんしたほうが強ぇーなんだおー。

   ごいな → 仰々しい、くらいの意味でしょうか。大きな物を形容する時に使うようです。
   
      ごいな家だのー。 ごいな機械だじんか。

   こえー → 体が思うようにならない、だるい。
   
      まんま喰えねー、こえーよー。→ 飯が食えない、動けないよ。

   こなす → 悪く言う、そしる。 「けなす」の訛りか。
   
      婆さんは、嫁んこと、いつでん、こなしてんどー。



   さにし → 北西の冬の季節風、西高東低の冬型に気圧配置で吹き易い寒風
          内房では「冬のさにしは三日止まない」と言われて嫌われる。

   しゅうてえ → 冬の天候の急変、黒雲が湧いて北よりの強風、疾風(はやて)の訛りか。

   ・・・・じんか、・・・・じっか → ・・・・でしょう、ですね。下の「・・・・だっぺ」よりも言い切るニュアンス。
      さっき、言ったじんかお、→ さっき、言ったでしょうが、

   ずねー → 図抜けて大きい
   
      ずねーヘシコ→ 大きいシコイワシ

   そいごすけ → それこそ

   そいた → そう言った
   
      さっきそいたっぺ?→さっきそう言ったでしょう?

   ・・・・だっぺ → ・・・・だよね、上記の「・・・・じんか」よりも同意を求めるニュアンス。

   ちち  魚の呼び名(幼児言語か)。房州では、とと、とっと、とか・・・・・。

   つり → 釣り針のこと。
   
      つりは大きい方がいーどー。

   てんで → とても、(次の語句を強調する)
   
      潮が悪ぃーかん、てんで参ぇーったおー。

   とけねえ → いいところが無い、位の意か?
   
      こんうち、体がガタガタだおー、てんでとけねーや。

   なぐる → 喰う
   
      朝かん、丼飯三杯ぇぶんなぐったおー。

   なせえ → 言文の間に入れて、「ねえ、」位の意味。
   
      昨日あすこん行ったっけんよー、なせえ、だんも居ねーったどー。

   なれえ → 北東風,、内房の灘では場所により割合凪ぎになり易い。

   にく言う → にく、憎か。相手を憎憎しく言うこと。
   
      そんなん、にく言うじゃねーよー。

   ハがいい → 良型である

   東もん → 東風、なれえ同様内房では陸風となりますがこれが吹くと魚の喰いが落ちるとか??

   ふうが悪ぃ → カッコ悪い

   ぼたもち → クラゲ

   やぶ → 行く
   
      一緒んやべ。→ 一緒に行こう。 一緒ん連れてやんでくんなよ。→ 一緒に連れて行って下さいよ。

   わら → あなた

今のところはここまでですが思いついたら更新します。


トップへ
トップへ