トップ->アルゴリズム入門

アルゴリズム入門内検索

目次
アルゴリズムトップ
0. はじめに

1. アルゴリズム
   1. アルゴリズムとは
   2. 当ページの範囲
   3. 良いアルゴリズム
   4. フローチャートの書き方(記号)
   5. フローチャートの書き方(構造)
   6. 順次構造
   7. 分岐構造
   8. 反復構造

2. 順次構造
   1. 代入
   2. 計算
   3. 入力
   4. 出力
   5. 練習問題1
   6. 練習問題2

3. 分岐構造
   1. 条件分岐
   2. 単一分岐
   3. 練習問題1
   4. 多重分岐
   5. 複合条件
   6. ケース(多方向分岐)
   7. 練習問題2
   8. 練習問題3

4. 反復構造
   1. 反復構造の種類
   2. 前判定型
   3. 後判定型
   4. 練習問題1
   5. 練習問題2
   6. 練習問題3
   7. 多重反復処理(ネスト)
   8. 練習問題4
   9. 練習問題5

5. 配列
   1. 配列とは
   2. 練習問題
   3. 2次配列
   4. 練習問題
   5. 素数を求める,その1
   6. 素数を求める,その2

6. 検索・ソート
   1. サブルーチン
   2. シーケンシャルサーチ
   3. バイナリサーチ
   4. 練習問題
   5. ルックアップテーブル
   6. ソートとは
   7. 選択法
   8. 交換法
   9. バブルソート
   10. 挿入法
   11. クイックソート
   12. 処理速度の比較

7. 文字列
   1. 文字と文字列
   2. 文字列処理
   3. 文字列のコピー
   4. 練習問題
   5. 文字列の比較
   6. 文字列の連結
   7. 文字列の検索



トップ-> アルゴリズム入門:4章.反復構造-> 4-9.練習問題

←前の問題へ : トップへ : 次の章へ→



4-9.練習問題

 問題:
4桁以内の正の整数を2つ以上入力し、入力された数の最大値、最小値を求め、 さらに何件目の入力かを表示せよ。ただし5桁以上もしくは負の数が入力 されたら終了とする。




void main(){
	int imax, imin, kmax, kmin, k, i;

	imax=-1;
	imin=10000;
	kmax=0;
	kmin=0;
	k=0;

	do{
		scanf("%d",&i);

		if(0 < i && i < 10000){
			k++;
			if(imax < i){
				imax = i;
				kmax = k;
			}

			if( imin > i ){
				imin = i;
				kmin = k;
			}
		}
	}while( i>=0 && i<=9999 );

	if(k==0)
		printf("何も入力してないじゃん\n");
	else{
		printf("最大値 %d (%d回目の入力)\n",imax,kmax);
		printf("最小値 %d (%d回目の入力)\n",imin,kmin);
	}
}


←前の問題へ : トップへ : 次の章へ→