トップ-> アセンブラ入門:2章.MOV命令-> 2-1.MOV命令

←前ページへ :  トップへ :  次ページへ→



MOV命令



2-1.MOV命令

  MOV命令とは、一番基本的で、一番頻繁に使われる命令である。どんなことをするかというと データの複写である。機能は「複写」と言うが、「転写する」もしくは「転送する」という。 すなわち、レジスタからメモリーに、メモリーからレジスタに、ある数字をレジスタもしくは メモリーにコピーする事を言う。ただし、メモリーからメモリーへの転写はできない。これは、 アドレスバスが20bit(32bitCPUは32bit)であり、一度にアクセスできるメモリーの アドレスを1つ分しか指定できないからである。

  MOV命令は2つの引数を指定して使う。この引数のことをアセンブラでは「オペランド」 と呼ぶ。実際には以下のような感じで使用する。

MOV	DEST,SRC
    動作:DEST←SRC
    影響を受けるフラグ:なし
    DEST:レジスタ、メモリー
    SRC :レジスタ、メモリー、即値(ただしメモリー、メモリーの組み合わせは除く)
   「フラグ」については後で述べる。

  MOV命令で転送できるのは、バイト(8bit)、ワード(2bytes)、ダブルワード(4bytes,32bitCPUのみ) である。
MOV AX,BX ・・・ BXレジスタの内容をAXに代入せよ
MOV AL,10 ・・・ ALレジスタに10を代入せよ
  ここで、以下の点に注意しなければならない。
  • メモリー間の転送はダメ
  • 転送元と転送先の大きさは同じ容量の入れ物でなければならない
  • セグメントレジスタ間の転写、セグメントレジスタへ即値の転写はできない
  では次ページから実際の使い方や、注意事項を説明していく。

SRC	Sourceの略で、「水源(地), ; 出所, 出典; 原因」を意味し、この場合はコピーもとを意味します。
DEST	destinationの略で、「目的(地), 行き先, あて先」を意味し、ここではコピー先を意味します。


←前ページへ :  トップへ :  次ページへ→