経 蔵

経蔵

 経蔵の棟札によって、元禄6年(1693)2月22日に上棟されたことがわかり、これは上越市内で記録のはっきり残っている最古の建物ともいわれています。
 またこの経蔵には、鉄眼版一切経と呼ばれる一大仏教全集が納められていて、元禄5年の寄進銘が記されています。

トップへ