本文へスキップ

フィンレージの会へようこそ

お問い合わせは

フィンレージの会とはABOUT US

フィンレージの会ってどんな会?

不妊のグループというと「がんばってみんなでお母さんになろうね」という会……
と思われがちですが、「フィンレ-ジの会」はちょっと違います。
わたしたちのめざすものは、大きくわけて次の3つです。

✤不妊について語り合える場、同じ立場の人同士が体験や痛みをわかちあえる場です。
仲間との交流を通して、不妊の問題を自分自身の中でとらえ直していけるようにと考えています。

✤不妊治療や生殖技術のリスクや問題点を知ったうえで、自分にとって必要と思える医療、
納得できる医療が選べるように、知識を得たり、考えを話しあったりする場です

✤「子どもがいてもいなくても抑圧されず、差別されない社会」をめざしています。
「産んで一人前」などの価値観に、そうではないことをメッセージしつづけています。


「フィンレージ」の名前の由来は?

当会が発足するきっかけになった本「不妊―いま何が行われているか」の原著「INFERTILTY」は、FINRRAGE(Feminist International Network of Resistance to Reproductive and Genetic Engineering:生殖および遺伝子工学に抵抗するフェミニストの国際ネットワーク)が編集しました。
当会も、これにちなんで「フィンレージの会」と名づけました。
ただし、当会は生殖技術への抵抗を目的としているグループではありません。


いっしょに会を作りましょう!

フインレージの会は会員自身が運営する自主的なグループです。

自分たちに必要と思われること、大切なこと、やりたいことを、相談しながら活動として展開しています。

活動内容は、月1回程度、新宿の事務所で行なう例会(運営会議)で話し合います。

会員さんはもちろん、会員外の方の〈見学参加〉も歓迎しております。
最近は、インターネットを通じ関東以外の会員さん、さらに海外在住の会員さんにも活動を助けてもらっています。

これまで人に言えなかった思いを口にしたり、
「私たちはなぜこんなに子どもが欲しいんだろう」「どうして苦しいんだろう」と考え合ってみたり、
治療情報を交換したり……。

会を通しての人との出会い、いろいろな気づき、仲間とのつながりが、この会で得られる一番の宝物です。

会の活動

冊子「My Choice 不妊治療 わたしらしい選択のために」
   「My Dear あなたの身近な人が不妊で悩んでいたら」の配布

 聖路加看護大学COEプログラムWomen-Centered Care不妊ケアプロジェクトとの
 コラボレーション冊子を配布中です。どうぞお知り合いにもご紹介ください。 詳細はこちら

*印は会員のみです。 

→入会のご案内 


事務所アクセス

フィンレージの会 事務所
 
★ 〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-4 ローゼンハイム505号 ジョキ内
★ 交通:都営地下鉄新宿線「曙橋」A1出口より徒歩3分
    東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」より徒歩10分








Finrrage

フィンレージの会

住所が変わりました↓
〒162-0065 
東京都新宿区住吉町3-4
ローゼンハイム505号

ジョキ内

お問い合わせは