本文へスキップ

フィンレージの会へようこそ

お問い合わせは

出版物&冊子PUBLICATION

『新・レポート不妊~ 不妊調査の実態と生殖技術についての 意識調査報告』
                         フィンレージの会:編著(2000年3月発行)

1999年1月、当時の会員さんと退会者を対象に、アンケート形式で「不妊治療の実態と生殖技術についての意識調査」を実施。結果を集計、私たちなりに分析したのがこの本です。
治療中の人、治療で子どもができた人、できなかった人、治療を休んでいる人、やめた人、治療を受けなかった人など、857人の女性の体験と生の声がたくさんおさめられています。出産にいたる率やかかる費用など、不妊治療の現実を知るうえでたいへん役に立つはずです。「生殖技術についての意識」についてはパートナー533人のデータもあります。医師のアドバイスや、不妊治療ミニ解説も盛り込まれています。
不妊の当事者だけでなく、医療者や生殖技術に関心のある方にも、ぜひ読んでいただきたい1冊です。
●B5版/172ページ/1000円/送料1冊300円(ゆうメール)
*書店では購入できません。会へ直接ご注文ください。

『レポート不妊~フィンレージの会活動報告書』    フィンレージの会:編著(1994年発行)


フィンレージの会が発足してから3年間の活動を記録したものです。
「不妊」「治療」「子ども」「夫婦」への思いをつづった会員さんの手記が中心で、とてもに読みごたえのある本です。養子を迎えた人たちの座談会や、治療についての簡単なアンケート結果も掲載しています。
●A5版/168ページ
*在庫なし





『不妊~いま何が行われているか』 
              レテーナ・クライン編著・フインレージの会訳(晶文社 1991年発行)


フィンレージの会誕生のきっかけをくれた翻訳本です。
不妊治療を受けた海外の女性たちの体験を手記やインタヴューでつづっています。
不妊や生殖技術の問題を知るための必読書です。

● 四六版/472ペ-ジ
*出版元:晶文社では品切れ・重版未定
*当会に数冊在庫有り。本体2850円+送料340円=3180円で郵送可



注文方法

後払い:フィンレージの会あてにメールでお申し込みください。
 本および郵便振替用紙を送付いたしますので、用紙をご利用のうえ、代金をご入金ください。

先払い:郵便局そなえつけの郵便振替用紙で、下記の郵便振替口座へ代金をご入金ください。
 この場合、発送まで2〜3週間いただくこともありますので、ご了承ください。
 【郵便振替口座】00130-7-77074 名義:フィンレージの会

* いずれの場合も、送信欄に ご希望の署名と册数、お名前、ご住所・ご連絡先を明記ください。


聖路加看護大学21世紀COEプログラム&フィンレージの会 コラボレーション冊子
  「My Choice 不妊治療 わたしらしい選択のために」


望みながらも妊娠しない、それが「不妊」という状態です。それはほとんどの人にとって予測しなかった事態。そして、多くの人が希望を持って不妊治療という名の「旅」に出発します。でも、この旅ではどの道を選べばいいのか迷うこともしばしばです。「体外受精を薦められたけれど、どうしよう」「これからの治療、どうすればいいのか」……。
この冊子では、タイトルの通り「わたしらしい選択」ができるよう、不妊の長い旅を経験したフィンレージの会スタッフと、旅のサポーターである看護職がヒントを書いています。
● 発行:2005年3月31日
● 作成:(共同制作) 
* 聖路加看護大学21世紀COEプログラム Women-Centered Care不妊ケアプロジェクト
*フィンレージの会
● 体裁:A4版 16ページ
● 内容:不妊治療という「旅」をするとき/病院を選ぶ・主治医を探す/情報を求め、自分たちで吟味してみる/不妊で経験するさまざまな感情/通院ストレスを軽くする/パートナーとの関係/「わたしらしい選択」に向けて

My Choice 不妊治療 わたしらしい選択のために」(PDF形式) 全文ダウンロードはこちらから
聖路加看護大学21世紀COEプログラム 「看護ネット」内「不妊ケア」のページから!

●冊子・同プロジェクトに関するお問い合わせ
  聖路加看護大学21世紀COEプログラム Women-Centered Care 不妊ケアプロジェクト
  代表者 森明子 Fax 03-5550-2266  E-mail : akiko-mori@slcn.ac.jp

聖路加看護大学21世紀COEプログラム&フィンレージの会 コラボレーション冊子 第2弾
  「My Dear あなたの身近な人が不妊で悩んでいたら」


冊子「My Choice 不妊治療 わたしらしい選択のために」の姉妹編が完成しました!
前回の冊子は不妊の当事者に向けたものでしたが、今回は、不妊に悩む当事者の身近にいて「力になりたい」「私にできることは何だろうか」そんな思いを抱いている人のために作成しました。
不妊だけでなく、さまざまな悩みの場面で役立つ内容となっています。忌憚のないご意見・ご感想をお待ちしています。
● 配布開始:2008年4月1日
● 作成:聖路加看護大学&フィンレージの会
● 発行:聖路加看護大学21世紀COEプログラム  Women-Centered Care不妊ケアプロジェクト
● 体裁:A5版 24ページ
● 内容:不妊—当事者の気持ちや状況/「不妊治療」について/「不妊の悩み」はとても複雑/実例 私がつらかった言葉/心にとめておきたい6つのポイント/どう接したらいい? ケース別Q&A/実例 私がうれしかった言葉/ともに認め合える社会を願って

My Dear あなたの身近な人が不妊で悩んでいたら」(PDF形式)全文ダウンロードはこちらから
聖路加看護大学21世紀COEプログラム 「看護ネット」内「不妊ケア」のページから!

●冊子・同プロジェクトに関するお問い合わせ
   聖路加看護大学21世紀COEプログラム Women-Centered Care 不妊ケアプロジェクト
   代表者 森明子 Fax 03-5550-2266  E-mail : akiko-mori@slcn.ac.jp


Finrrage

フィンレージの会

住所が変わりました↓
〒162-0065 
東京都新宿区住吉町3-4
ローゼンハイム505号

ジョキ内

お問い合わせは