孵化空間



失われた日本人の心


日本人の心を失ってしまった日本人。
それは外国人の目にも映っているようだ。
アジアの国々を植民地の苦しみから解放する契機となった
日本人への感謝を綴った
『日本人よありがとう』(土生良樹著・日本教育新聞社刊)という本の序文に、
マレーシアの元上院議員ラジャー・ダト・ノンチック氏が寄せた一遍の詩がある。


序文の詩
かつて 日本人は
清らかで美しかった
かつて 日本人は
親切でこころ豊かだった
アジアの国の誰にでも
自分のことのように
一生懸命尽くしてくれた

何千万人もの 人の中には
少しは 変な人もいたし
おこりんぼや わがままな人もいた
自分の考えを おしつけて
いばってばかりいる人だって
いなかったわけじゃない

でも その頃の日本人は
そんな少しの いやなことや
不愉快さを超えて
おおらかで まじめで
希望に満ちて明るかった

戦後の日本人は
自分たち日本人のことを
悪者だと思い込まされた
学校でも ジャーナリズムも
そうだとしか教えなかったから
まじめに
自分たちの父祖や先輩は
悪いことばかりした残酷無情な
ひどい人たちだったと
 思っているようだ

だから アジアの国に行ったら
ひたすら ペコペコあやまって
私たちは
そんなことはいたしませんと
言えばよいと思っている

そのくせ 経済力がついてきて
技術力が向上してくると
自分の国や自分までが
えらいと思うようになってきて
うわべや 口先では
済まなかった悪かったと言いながら
ひとりよがりの
自分本位の えらそうな態度をする
そんな
今の日本人が 心配だ

本当に どうなっちまったんだろう
日本人は
そんなはずじゃなかったのに
本当の日本人を
知っているわたしたちは
今は いつも 歯がゆくて
くやしい思いがする

自分のことや
自分の会社の利益ばかり考えて
こせこせと
身勝手な行動ばかりしている
ヒョロヒョロの日本人は
これが本当の日本人だろうか

自分たちだけで 集まっては
自分たちだけの 楽しみや
ぜいたくに ふけりながら
自分がお世話になって住んでいる
自分の会社が仕事をしている
その国と 国民のことを
さげすんだ眼でみたり
バカにしたりする

こんな 人たちと
本当に仲良くしてゆけるだろうか
どうして
どうして日本人は
こんなになってしまったんだ