home 
     05年4月21日建築学会 での 話しあいの 一部 記録

                  田中浩也さんが配布したレジメ 

   田中浩也さんが配布したレジメ 佐藤敏宏のきづき 田中浩也さんが独自にまとめたWEB 北川啓介さんレジメ 

日本建築学会 空間研究小委員会 第57回研究会 『映像による空間表現からの建築の可能性』 http://www.daifukuya.com/~photowal/ppt/aij.pdf 第57回研究会 「映像による空間表現からの建築の可能性」 情報化が急速に進む現代では、絵画・映画・テレビ・写真・漫画・WWW・ ネットミーティング等の二次元映像は、様々な分野においてより一層世の中 に普及しており、我々を現実の世界から映像の中の空間へといざなう表現手 段としての意味を有している。そこでは、過去の記録のみではなく、時代毎 の映像技術、実世界に対する思想、不可視の情動までもがおさめられている。 二次元映像に映し出される空間構成の特徴や意味は、各々の分野において非 常に多様である。絵画は、平面の上に液体の顔料や固形の画材によってある イメージを描きだしていく造形芸術であり、壁画や襖絵のように壁・天井・ 建具等の建築の一部が用いられることがある。そこには、画家の意図が画面 構成の中に多分に組み込まれており、絵画の構成に含まれる意味の捉え方は 観る人によって多種多様であるものの、視対象自体はどんな場合も変化しない。 WWWの映像では、ブラウザを操る利用者が世界中の情報を取捨選択すること で、コンピュータ言語で記述された視対象としての映像は次々に移行していく。近年の情報技術においては、WWW用の記述言語が次々と開発されることで、 動画や音声を用いたリアルタイムな情報交換が可能となっている。写真は、カメラの前に実在した物体からある一瞬に発せられた放射物がフィルム等の 感光性材料に記録されることにより像を現す。文字通り、現実の一局面を映像 に切り刻むのであるが、カメラマンによる演出・受け手の捉え方により、写真 もまた伝達媒体としての表現性を有している。本研究会では、こうした現代における建築と映像との関係と、実際の建築や都市への可能性を空間研究の視点 から再考して、研究者、設計者、企画者の様々な立場から議論したい。 <主催> 建築計画委員会 空間研究小委員会 日 時 4月21日(木)13:30〜16:30 会 場 建築会館ホール 内 容 司会・進行:西出和彦(東京大学大学院) 主旨説明: 日色真帆(愛知淑徳大学) 1.「Responsive Environment Lab(仮)」:   日高仁(東京大学大学院新領域創生科学研究科)、   山代悟(東京大学大学院工学系研究科) 2.「建築空間のトランスマッピング」: 田中浩也(東京大学生産技術研究所)、佐藤敏宏(TAF 設計) 3.「像空間/非像空間の分析法 都市への実践」:  北川啓介(名古屋工業大学大学院工学研究科)、宇野享(シーラカンス・   アンド・アソシエイツ)




    建築空間のトランスマッピング」                            

    ―空間と映像の“中間言語”の開発・そして社会的実践をめぐって―

                            田中 浩也(慶應義塾大学/空間情報科学) 
                            佐藤 敏宏(TAF設計/建築家)

 
私たちが開発したソフトウェア”PhotoWalker(http://www.photowalker.net/)”は,2002年に初期バージョンを無償リリース後、幾度かのバージョンアップを経て、2005年の現時点では約 20万人を越えるユーザが存在する。大学の建築学科のプレゼンテーションでも、”PowerPoint”に代わって利用されていると聞く。また、単なるソフトウェアの開発にとどまることなく、雑誌「建築文化(彰国社)」と連動した日本全国・世界各地でのワークショップ活動上海レバノンなど)や展覧会(森ビル埼玉県立美術館)、さらには実験的作品の展開と建築メディアを巡る社会実践を行ってきた。主として前者が田中の社会的実践で(http://www.kenchikubunka.com/main/top/top.cgi)、後者が佐藤の社会的実践http://www5c.biglobe.ne.jp/~fullchin/p2/p-2.htm)である。

今回の「建築と映像」シンポジウムにあたって、「改めてこのソフトウェアは何だったのか」、そして「今後の可能性はどこにあるのか」についての考察を試みたい。

            

 1)

いきなり最初の核心を述べるが、このソフトウェアを開発するに至った最も重要な動機は、「映像と空間の中間言語」を作ることであった。この仕事が直接的に参照した歴史的事例はデヴィッド・ホックニーの「ジョイナー写真」と呼ばれる空間的フォトコラージュ技法である。ホックニーは、「(画像がシークエンシャルに展開する)映像よりもリアルに場の体験を記録する」方法を模索した結果、この手法を完成させたといわれる。“鑑賞するストーリーが一義的に定まらない“この手法は極めて空間的であり、かつ生態学的基盤をもち(すなわち人間の知覚に対する深い洞察があり)、建築分野でも注目を浴びてきた。ある意味において、空間の記録・伝達に関する新しい「言語」の開発であったともいえるのではないか。

        



 2)

”PhotoWalker”は、ホックニーの手法を叩き台としながらも、実世界における2次元のキャンヴァスから、コンピュータスクリーン上の仮想3次元空間へと場を移して「立体的フォトコラージュ」へと展開した新技法の発明から始まっている(国内特許・国際特許を取得している)。ここでの重要な気づきは、フォトコラージュという「離散的(バラバラ)な断片が、衝突あるいは融和して新たな意味を生む」という表現的特質は、元来WWW(World Wide Web)の構造的特質である「ハイパーリンク構造」と非常に親和性が高いものであったということである。現在、WWWでは主として「テキスト」を連結する目的で「ハイパーリンク」が用いられるが、”PhotoWalker”には「写真(フォト)」を連結する目的で「空間ハイパーリンク」が組み込まれている。空間ハイパーリンクによって、断片的な写真群がWWW上でネットワーク的に自在に結び付けられる(フォト・ネットワーク)。さらに、ひとつのリンクを「辿る」際に、人間の錯覚を利用した擬似的な映像効果を挿入することによって「まるで空間の中を歩いているように写真をブラウズする」ことを実現している。

         



  
“PhotoWalker”が、通常のいわゆるVR(ヴァーチャルリアリティ)と異なる点は、CADのように、物理空間の空間構造(3次元連続座標系)を仮想空間上に「再現」するのではなく、WWWが本来持っている離散的な構造特性に併せて、物理空間を「新しい空間形式に変換する」という性質を持っている点である。このことを「トランス・マッピング(TransMapping)」と呼んでいる。(コンピュータ・サイエンスの分野では、あるテキスト形式から異なるテキスト形式へ変換することを「トランス・コーディング(TransCoding)」と呼ぶが、ある空間形式から異なる空間形式への変換であるから「トランス・マッピング(TransMapping)」と名づけた。)




 ) 

重なり合いながら連続する景観のネットワーク」という空間形式をWWW上に具現化・顕在化させたことによって、このソフトウェアは、都市や建築が潜在的に内包していたそのような空間形式を「抽出する」道具として利用されるに至った。数多く行ってきた、PhotoWalkerワークショップは、この「景観のネットワーク」という観点から、都市や建築を「解読する」実践であったといえる。視覚に限った話ではあるが、PhotoWalkerコンテンツには、もともと建築空間が持っているアフォーダンス的性質、すなわち「移動行為を連続的に引き出す空間的メカニズム」がはっきりと顕在している。もともと、アフォーダンス理論のジェームス・ギブスンは、PhotoWalkerが実現したような空間形式に、我々よりも遥かに以前から気づき、著書「生態学的視覚論」の中で次のように記述している。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
景色(Vista) について

ある通路の終わりのところで次の通路が開け、戸口の縁のところで次の部屋が
開け、通りの角のところで次の通りが開け、山の端で次の谷が開け・・・・
景色は順次繋がっている。
ある場所から次の場所へと行くと、それに伴って前方の視界が開け、背後の景色が見えなくなる(展開と遮蔽)
経路に選択の余地を与える。
したがって、隠れた場所への道を知るには、どの景色が次に開けるはずだとか、どの目標を表すかを知る必要がある。
連続的な一群の可逆的変移の中で、ある景色が別の景色をもたらす。
半ば囲まれた場所から成る地表環境では、景色は「それ自身の標識」である。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          


 5

”PhotoWalker”は、実は「対象とする建築を選ぶ」ソフトウェアでもある。原理的にはどんな空間でも”PhotoWalker”で記述することは可能であるが、うまくマッチする建築とそうでない建築が存在する。写真映えする建築とそうでない建築があるのと同じである。「景観のネットワーク」性、「見え隠れ」性、あるいは「」状の空間構造が潜在的に組み込まれた建築や場所でなければ、この表現技法の最大限の効果を導き出すことができないだろう。これまでのPhotoWalkerワークショップでは、シーラカンスC+Aの「スペースブロック・ハノイモデル」はじめ、青木淳氏の「潟博物館」、槙文彦氏の「風の丘葬祭場」、原広司氏の「原自邸」、山本理顕氏の「埼玉県立大学」、MVRDVの「松之山ステージ」、手塚貴晴氏+由比氏の「森の学校キョロロ」、FOAの「横浜客船ターミナル」といった建築を対象に行ったが、これらの建築には「移動のアフォーダンスが適切かつ豊富に配置されている」という共通の切り口がある。であるからこそ、PhotoWalkerによってその特質と実態を、実証的かつ体験的に浮かび上がらせることができた。ここに計画学への応用を見出すことも可能であるのかもしれない。
 
            



 

ソフトウェア(コンピュータ上の仮想空間表記形式)が、建築空間を選ぶ」という性質は、Apple社のQuickTime-VR(360度パノラマ方式)と比較してみると興味深い。Apple社のQuickTime-VRも幅広く利用されてきたソフトウェアであるが、これを利用した作品でもっとも優れたもののひとつは都築響一氏がWEB上に実現した『賃貸宇宙』であろう。
ここでは、QuickTime-VRを用いて、無数の小物(アイテム)に埋められた東京の個室群を大量に記述している。これは、無数の小物(アイテム)に埋められた東京の個室群が、「上下左右といった方向感を失い、1点(身体)を中心としてどのアイテムにもすぐ手が届くようにパノラミックに配列された求心的(?)空間である」という状況を「逆照射」しているとも考えられるのである。コンピュータ上に開発された空間形式が、それに対応する現実の建築空間の存在を浮かび上がらせるという、興味深い連関がここに見出せる。

             

 7

少し話が戻るが、PhotoWalkerワークショップから分かった当たり前の事実は、“PhotoWalkerのように建築を作る”ことは過去からすでに多くの建築家が行ってきているということである。”PhotoWalker”は、建築のそのような一側面を明らかにしたに過ぎない。しかし、このソフトウェアの本当の社会的貢献は、また別のところにあるのではないかと考える。それを、一言で言えば「ノーテーションの社会的共有」、となる。
新しい空間形式の獲得を表明したり、またそれを道具化する手段として、「ノーテーション」は建築分野においても主要な方法のひとつであり続けてきた。これまでに実に多くのノーテーションが開発されている。しかし、あるノーテーションを発明・開発されようとも、それが十分に新たな空間形式を示唆・誘導するものであったとしても、ノーテーションが十分に「共有化」されたこと、すなわち皆が使える「表記言語(自然言語とは異なる)のレベルまで昇華された例は非常に稀なのではないか。多くは、建築家固有の設計方法論として位置づけられるか、メディアにおけるプレゼンテーション手法として流通するかではないだろうか。それらのほとんどは個人的実践であり作家性を補強する手段であったと言ったら言い過ぎであろうか?
「ノーテーションをソフトウェアパッケージとして流通させること」、はIT技術が大衆化した現代はじめて可能となった新しいアプローチである(ただし、一定の共感を得うるノーテーションであることと、ソフトウェアとして総合的に扱いやすいという条件をクリアしなければいけないのだが・・・・。)あるノーテーションが「ソフトウェア」としてパッケージ化され、一定のユーザに使用され共有化されるということは、「表記言語」が社会的に流通し、公共性を帯び始めることでもある。

             

 8

ソフトウェアあるいはノーテーションの「共有化」が進行すると、突然変異的に「開発者の当初の想定とは別の使い方が発見される」ことがある。このような「別の可能性を引き出す」作業に先かげて取り組んだのが、建築家として長い実績を持つ佐藤敏宏氏であった。その意味で氏はPhotoWalkerの第2の開発者である。このソフトウェアを、実空間の解読に留まらず、「建築家の設計理念を表現する」という別の使い方として展開しはじめたのである。佐藤氏のPhotoWalker作品では、図面・スケッチ・工事写真・竣工写真など多様な画像(写真=フォトに限らず、イメージすべて)をコラージュして、建築の「プロセス」と建築家の「思考」に肉薄していく。建築の新しいメディア、それも「個人の」メディアを立ち上げたといってもよいかもしれない。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「この2年個人の住居を対象にフォトコラをつくってまいりました。
建築をこのように扱い、リアルな情報とし個人的なマスメディアを介し共有することができればと考えます、そこを基点にリアルな建築を作り再び繰り返しの行為のなかで再考していきたものだなと考えています。具体的には次のような共有の方法です。URLを見てください。」
http://www5c.biglobe.ne.jp/~fullchin/pw/pi/pi.html
(佐藤敏宏BBS http://www.spacetimedesigns.org/cgi-bin/udboard.cgiより)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

開発者である私(田中)が当初予定していたように、建築や都市を「解読する」という利用法ではなく、建築や都市を粒度の高い「断片的素材」としてサンプリングし、カットアップし、リミックスしていくというDJのようなシミュレーショニズムを、当の建築家自身が実践するという面白さがここにある。とはいえ、これは、建築の断片を建築にリミックス(建築から建築へ)しているのではなく、別の形式に“転置”しているのでDJとは異なる「メディア変換」である。
    



 10

我々の試みは、本シンポジウムの本来の趣旨のように、「映像を空間を組み立てる素材のひとつと積極的に位置づけ」、「実際の建築や都市への可能性を直接的に示す」のとは多少位相が異なり、実世界へのフィードバックは今のところ生まれていない。可能性はあるのかもしれないが明瞭には見えてきていない。それよりも、私たちの社会的実践は、「建築の個人放送局」のようなメディアを立ち上げ、そのコンテンツづくりを実験的に継続しているということになろうか。空間表現と映像表現、空間言語と映像言語の「はざま」に、“PhotoWalker”という言語を立ち上げた。それが、実際にどのような社会的意味を持つのか、それが果たして都市への実践といえるのか、建築を巡るメディアへ介入できたといえるのか、シンポジウム会場でおおいに議論したいポイントである。

(文責:田中 浩也)

 





補記

PhotoWalkerは、ある映像から次の映像に移動する際に、空間的な「余白」を挟み込んだものである。すなわち、映像に空間性を挿入したものである。しかし、これとは全く逆のベクトルとして、現実の都市では実空間に映像性を挿入するといった実践が次々に起こっており、さらには、映像的に作られた建築も増加しているという傾向がある。本シンポジウムの主要な議論もそこを中心に繰り広げられることになるのだろうか。とすると、純粋に「映像」とも呼べず、純粋に「空間」とも呼べない、ハイブリッドな環境が今後ますます発展することになり、結果、実空間と仮想空間といった明瞭な区別も消滅した(あるいは完全に重合した)新しい世界が生まれるだろうか。そのような新しい表現領域を、我々は開拓あるいは確立していくことができるだろうか。その点も重要な論点となるであろう。