感染防止対策と対応

がくげい塾では、新型コロナウィルス感染防止のため、次のことを実践してまいります。

①教室内の換気と座席空間の確保

 常に換気し空気の流れを作って参ります。また、生徒同士が密にならないよう、座席と座席の間を空けて授業を行います。

②マスクの着用と手洗いの励行

 常に全員がマスクを着用し、手洗いや消毒を励行して参ります。

③生徒同士の会話による感染の防止

 生徒同士が至近距離で話さないよう、注意喚起してまいります。

④教師の講義による感染防止

 万一教師が無症状の感染者であった場合も想定し、当面の間、教師と生徒が近づくときは、間に感染防止のシートを設置いたします。

⑤分散授業、オンライン授業、体調の管理

 以上の取り組みで平常授業を時間割通りに行いますが、ご心配な方には時間割通りの一斉授業を避け、夕方の時間に振り替えて学習することも可能です。また、少しでも咳や微熱のある場合は、教室での授業を欠席し、回復し次第、出席してください。可能であればオンライン受講も可能です。

⑥感染拡大時の対応

 再び感染の拡大が見られ学校が休校となった場合、対面授業とオンライン授業併用のハイブリッド型授業に切り替え、希望者にオンライン双方向ライブ授業を提供して参ります。オンラインでも、対面授業と同じように発言や質問ができます。なお、学習塾への休業要請が出た場合や危険と判断した場合は、すみやかにすべての授業をオンラインに切り替えます。