/public.html
特定非営利活動法人 日本ガルテン協会 
日時:2018年6月14日(木)18時30分〜20時30分 

会場:東京ボランティア・市民活動センター ラムラ・セントラルプラザ10階
(JR飯田橋駅横)

*第一部は、
心に残る京都20の庭園
7回目は、後醍醐天皇の霊の鎮魂のために夢窓国師の薦めで足利尊氏によって建てられた天龍寺、曹源池庭園について
原田榮進日本ガルテン協会長より伺います。


人と庭物語り会


「永六輔の生き方、死に方」
2018年6月14日(木)18:30〜20:30 
 講師:隈元信一氏
(ジャーナリスト、元朝日新聞編集委員)
放送作家、作詞家、ラジオタレントなど、多彩な活躍ぶりで歴史に名を残す永六輔。
その生涯に貫かれた一筋の道とはいったいいかなるものだったか。その実像を描き切った評伝『永六輔: 時代を旅した言葉の職人』を書かれた最も身近にいた新聞記者である隈元信一氏に時代を駆 け抜けた「旅の坊主」、「六輔六面体」の世界を通して見えてきた生き方についてお話し頂きます。

講師略歴:隈元信一(くまもと しんいち)氏
1953年鹿児島県種子島生まれ。ジャーナリスト。ラジオやテレビなどのメディア、日本を含むアジア文化を主なテーマとす る。東京大学文学部(国史学)卒業後、同大学農学部へ学士入学。79年から朝日新聞記者。前橋・青森支局、学芸部、 韓国・高麗大学校客員副教授、論説委員、編集委員、青森県むつ支局長などを経て2017年に退社。
共著に『原発とメディア2──3.11責任のありか』『歴史は生きている──東アジアの近現代がわかる10のテーマ』(以上、 朝日新聞出版)、『放送十五講』(学文社)などがある。  
昨年、放送作家、作詞家、ラジオタレントなど、多彩な活躍ぶりで歴史に名を残す永六輔の評伝『永六輔: 時代を旅した 言葉の職人』を上梓された。

 参加費は1回2千円(一般3千円) 茶菓子付  

人と庭物語り会 講座

●2016年

▼1月14日(木)「雨垂れ石の水琴窟」 原田榮進会長

▼3月10日(木)「音と人を繋ぐプロデュースとは」 本村鐐之輔氏

▼4月14日(木)「植物学者による垂直の庭」 藤元由記子氏

▼5月12日(木)「こどもと絵本」 田中秀治氏

▼6月9日(木) 「日本語教師による「日本語の世界」」山田貴恵氏

▼7月8日(木) 「日本のオーケストラ」名倉真紀氏

▼9月8日(木) 「命のビザ 遥なる旅路 杉原千畝」北出明氏

▼11月10日(木)「作庭家から見た日本庭園」原田榮進会長

▼12月8日(木)「六義園」原田榮進会長