富岡鉄斎
京都に生まれる。15歳から国学、漢学を学び、18歳頃から南画を窪田雪鷹、
小田海仙に学ぶ。 近代日本画の中で独自の位置を占めた。
鉄斎は明治36年、善光寺へ参詣し、続いて妙義山に登って多くのスケッチを残した。
天保7年(1837年)〜大正13年(1924年)大正13年京都にて没す。


小室翠雲
1874年、群馬県生まれ。名は貞次郎。田崎草雲に師事する。
高島北海・荒木十畝らと正派同志会を組織し、文展新派と
対抗、第2回文展より毎年受賞し、審査員となる。
1921年、田近竹邨・矢野橋村らと日本南画院を創立。1945年、70才没。


椿椿山
江戸中期の文人画家椿山は享和元年(1801年)幕府槍組同心の子として江戸に生まれた。
谷文晁門下の金子金陵に学び、のち渡辺崋山に師事。(1801-1854)嘉永7年(1854年)没。


金井之恭
天保4年(1833)9月18日〜明治40年(1907)5月13日
上野国佐波郡の人。金井鳥州の三男。新田氏支族の子孫と伝えられる家柄に生れ、
父鳥州の影響で高山彦九郎に私淑し、壮年より勤王に志した明治三書家の一人。年75没


柴田是真(1807〜1891)は幕末から明治中期にかけて活躍した日本画家です。


田能村直入
文化11年(1814)に、現在の大分県直入郡竹田寺町に生まれた。
後年の直入の号は、師の田能村竹田と同じく 出身地によるものである。
直入9歳のとき竹田に師事し竹田荘に入塾、画家として次第に成長していった。(1814)〜(1907)


<作者不明>


<作者不明>


田能村直入
文化11年(1814)に、現在の大分県直入郡竹田寺町に生まれた。
後年の直入の号は、師の田能村竹田と同じく 出身地によるものである。
直入9歳のとき竹田に師事し竹田荘に入塾、画家として次第に成長していった。(1814)〜(1907)


<中村不折>
洋画家・書家。本名はさく太郎。
江戸生まれ。はじめ南画を学び、のち小山正太郎らに洋画を学ぶ。
渡仏してローランスに師事。帰国後、太平洋画会で活躍。
歴史画を得意とした。また、六朝書道を研究、書道博物館を創設。(1866年〜1943年)


徳富蘇峰












<作者不明>
























































































妙義山写生マップ
妙義山写生マップ