4/27 (木) 渡米

ついにこの日が来ました。いよいよ渡米の日です。

朝9:00に自宅を出発して父上に車で送ってもらい甲府駅に向かいます。ところが電車の便が9:26にもかかわらず、甲府駅に着いたのが既に9:24! 大慌てで適当に切符を買って改札を通り、電車に滑り込みました。もう既にあついです。

新宿からは山手線で日暮里まで行き、そこから京成スカイライナーで成田空港駅まで行きます。これはもう慣れたものです。成田に着いたら、京成のトラベルサービスみたいなところで米ドルの両替とAIUの保険の加入をしました。 これは人ががやがやしていなくておすすめです。

それから4F出発フロアに行くと、ちょうどTKDさんからTELが入り、無事落ち合うことができました。さっそくFカウンタの"キープラン"看板でチェックインすべく探しましたが、そういう看板は見つかりません。しょうがないので係員に聞いて窓口を教えてもらいました。ところがその案内された窓口では"キー プラン"の"キ"の字もなくて、代わりにUA852という便名が表示されていました。ここでもあつい思いをしました。

このあとTKDさんとコーヒーでも飲みながら時間を潰して、14:45くらいに出国審査に向かいます。これは問題なくゲート35に進みます。UA852は15:15くらいに搭乗手続きが開始されましたが、結局便が出発したのは16:00過ぎでした。

現地時間の4/27の9時前にSan Francisco着です。ここでは一旦荷物を受け取り、入国検査をしてから荷物を預け直します。そしてUnitedの窓口へ。でもここの係員に確認したところ、我々のチケットは既にチェックイン済みなのでそのまま搭乗ゲートまで行ってくれとのこと。電光掲示板で確認したところ77番ゲートに進めば良いことがわかります。この時なんか係員が信用ならないので、預けた荷物はちゃんとSan Diegoに到着するのか確認します(TKDさんが)。大丈夫なようです。

さて77番ゲートでは出発予定時刻の10:55近くになっても搭乗開始しません。それどころか機体がまだゲートに来ていません。念のため再度電光掲示板を確認すると、なんと12:25に変更されているじゃあーりませんか。ゲートの係員にも確認すると「そう、1.5hの遅れがでている。ビールをもう一杯飲めるよ」とアメリカンジョークを飛ばされてしまいます。

まぁ移動は遅れてもいいですが、San Diego空港でレンタカーを12:30に借りることになっていたので、一応AVISにTELしてみます。「飛行機の便(UA2161)の遅れのためにレンタカーのピックアップ時間が遅れます」ということを伝えました。そしたらAVISは既にUA2161の遅れについて情報が入っていて、問題ないとのこと。一安心です。でもあつかったです。

定刻よりほぼ1.5h遅れでようやくSan Diego行きの便が出発します。ふぅ、ここの待ち時間3.5hはきつかったです。

14時過ぎにSan Diego到着です。荷物を受け取り(無事に着いていました)、レンタカーを借るのですが、どこで借りるのかわかりません。空港の案内の人に聞くと空港からちょっと離れた道路にレンタカー屋さんのシャトルバスがやってくるから(5分おき?)それに乗りなさいとのこと。確かにAVISのバスがやってきたので、それに載って空港から少し離れたAVISの営業所に行きます。

ここでレンタカーの手続きをするのですが、保険の内容のところはかなり英語で話をするのがきついです。どうにかこうにか「車両保険」だけ入り(対人対物は既にAIUのに加入済み)、レンタルの手続きは終了です。車種は赤のキャバリエです。車では早速各種スイッチやレバーの位置の確認などをします。パワーウィンドウでもなけりゃ集中ドアロックでもないので、ちょっぴり不便ですが、これもまた良しです。

この時既に15時くらいなので、Skylineさんにも到着が遅れる旨連絡しておこうと思い、公衆電話を探しますが、見当たりません。しかたないので、AVISの事務所でTELを借り、連絡をしておきます(TKDさんが)。この時対応してくれた係員が、さっきレンタルの手続きをやったときの係員だったこともあり、やけにその係員TELをかけるだけなのに盛り上げてくれます。TELをかけ終わったあとも他の係員と一緒になって、なんか「おめでとう!」だの「ヒューヒュー」だのなんだかわけわからない盛り上がりの内に我々はその事務所を後にしました。

さてあとはRamonaまで車で移動すれば良いわけです。でもまたこれがあついのなんのって。

まずI-5に乗るのですが、これがこわいこわい! ほかの車は100km/h以上でぶっ飛ばしているし、右側通行だし、交差点を左折するのが怖いし、もうまったく余裕なし! TKDさんにはナビをやってもらいましたが、さぞ怖かったでしょう(^^;)。

なんとかI-5 Southに乗り、次はU-163 Northに乗る予定だったのですが、見事にジャンクションでの分岐を逃してしまい、既に車内はあつい状態です。しょうがないので、一旦I-5を降り、UターンしてI-5 Northに乗り直します。今度こそ間違えないようU-163 Northに入ります。やった、今度は大丈夫!

ここまでくればもうあまり問題がなく、I-15 Northに合流し、Poway Rdを経由し、CA-67を通り、無事Ramona着です。でもRamona空港への曲がるポイントをまた逃してしまい、適当な所でぐるっと巡って今度はちゃんとRamona空港へ到着できました。ふぅ、最後の最後まであついぜ。Montecito Rdの突き当たりまで進むと、やっとSkyline Flight Academyの看板が見えました。パンフレットで見た場所に今自分がいるかと思うと不思議な気分です。

Skylineさんの事務所で森田さんと初対面です。事務所でオリエンテーションを受けたあと、訓練機であるPiper Warrior IIを見せてもらいました。コックピットに座らせてもらい、セスナとの違いを説明してもらいました。

セスナとはスロットルの形、キャブヒートの位置、トリムの位置、フラップの操作が異なることを確認しました。あとラダーペダルの、なんというか、角度がセスナとは違いますね。もちろん視界もセスナとは違い、特に左右方向がとても開けてる印象です。

本日はこれまででアパートに向かいます。森田さんの案内でアパート到着。2階の24号室です。本当にショッピングセンターに近いとても良い環境です。プールはありますが小さいもので、駐車場に面しているので、あまりそこでのんびりするという感じでもありません。ましては、ナイスバディのおねいさまなどはいません。

ルームメイトはKSMさんという方です(26歳)。こっちに5ヶ月滞在して双発まで取得するらしいです。KSMさんはコメントがいちいちおもしろいです(^^)。

荷物の整理をした後、TKDさんとショッピングセンターをのぞきに行きました。食料品とかがあまりなく(特に生もの)、どっちかっていうと雑貨屋っぽい感じです(実は後からここはドラッグストアで、その隣がスーパーだったのです)。でもBudなどのビール350ml×18本の箱が$8.99で売っていたりして仰天です。TKDさんとともに各自1箱ずつ仕入れておきました。

その後、森田さんと我々とKSMさんと食事に行きました。あまり気取らない所ということでDenny'sに行きました。各自適当にDinnerを注文しましたが、相変わらずfrench fryが鬼のようについてくるのは笑えます。でもこれはまだ良いほうです。ちゃんと全部食べ切れましたから。

Ramonaの町は、田舎町という感じですが、かといって何もないわけではなく、McDonald'sやDenny's、各種ショッピングセンターがある小ぢんまりとした郊外の町という雰囲気です。昼は日差しが強くこの時期でもかなり暑かったりしますが(但し湿度は低く、さっぱりしている)、夜になると冷んやりしてTシャツと短パンではちときついくらいの感じです。

さて明日は午前と午後に分けて、私とTKDさんでまずは1回飛んでみることになっています。さぁどうなるか?