日本剣道形審査上の留意点
HOME
TOP
打太刀 仕太刀

 1本目      
1.諸手左上段から、反動つけることなく、仕太刀の柄もろとも正面を打ち、剣先は下段の構えよりやや低く打ち下ろしているか。 1.諸手右上段に構え、打太刀の剣先を、体を後ろに引くと同時に諸手も剣先の方向に引いて抜き、正しく正面を打っているか。
2本目 1.中段の構えから大技で正しく仕太刀の右小手を打ち、右小手の位置よりわずかに低く打っているか。 1.仕太刀の右小手打ちに対して、左斜め後ろに引くと同時に刀の下で半円をえがく気持ちで抜き、大技で正しく右小手を打っているか。
2.充実した気位で残心を示しながら相中段になっているか。
3本目 1.下段の構えから気争いで中段の構えとなり刃先を少し右に向け、鎬ですり込み仕太刀の水月を的確に突いているか。
2.仕太刀の萎やし突き及び位詰めを左自然体右自然体となって物打ちの鎬で押さえ、剣先は咽喉部につけているか。
1.刃先を右下に向け、左足から一歩大きく体をひきながら、打太刀の刃筋を物打ちの鎬で入れ突きに萎やし、刃先の向きを真下にもどしつつ、正確に胸部を突き返しているか。
2.突き返した後、更に突きの気勢で、剣先を突き出すことなく、位詰めに進んでいるか。
4本目 1.八相の構えから、一拍子で諸手左上段に変化し、仕太刀の正面の高さまで打ち下ろし、切結んで相打ちとなっているか。
2.鎬を削るようにして相中段一足一刀の間合となり、刃先を少し右に向け仕太刀の右肺を突いているか。
1.脇構えから、一拍子で諸手左上段に変化し、打太刀の正面の高さまで打ち下ろし切り結んで相打ちにとなり、気位は五分となっているか。
2.打太刀が突いて来るはなを左拳え頭上に上げ、刃先を後ろに向けて巻き返し、正面を打っているか。
3.充実した気位で残心を示しながら相中段になっているか。
5本目 1.諸手左上段から仕太刀の顎まで切り下げる心持ちで諸手を十分伸ばして正しく正面に打ち下ろしているか。
2.すり上げあげられた刀は自然に刃先をやや左にし、右斜め下に下がっているか。
1.打太刀の刀を左鎬で頭上ですり上げ一拍子に正面を打っているか。
2.残心を示す時、右足をひきつつ剣先を打太刀の顔の中心につけながら諸手左上段に構えているか。
6本目 1.仕太刀の下段から中段への変化に応ずる所作は適切であるか。
2.諸手左上段から中段となり機を見て小技で仕太刀の右小手を正しく打っているか。
3.右小手を打たれた後、左斜後方に大きく引いているか。
1.下段から中段を攻め、更に諸手左上段に対して攻め進む所作は適切であるか。
2.右鎬で小さくすり上げ、一拍子で正しく打太刀の右小手を打っているか。
3.諸手左上段で残心を示した後、右足から刀を抜き合わせた位置に戻っているか。
7本目 1.刃先をやや右斜下に向け鎬ぎですり込みながら正しく胸部を突いているか。
2.仕太刀に支えられた時の物打ちの高さはほぼ肩の高さとなっているか。
1.突の気勢で刃先を左斜め下に向け、物打ちの鎬で打太刀の刀を支え気位は五分になっているか。
2.目付をはなすことなく、右足を右前に開き、左足を踏み出して、体をすれ違いながら右胴を打ち
右足を踏み出し、左足の右斜め前に軽く右膝をついて、左膝を立て、諸手は十分伸ばしているか。
3.胸を打ち終わってから節度をつけて脇構えに構えて残心を示しているか。
太刀の形
小太刀の形
打太刀 仕太刀
1本目 1.諸手左上段から反動をつけることなく、正しく正面に打ち下ろしているか。 1.体を右斜前に開き、右手を頭上に上げ左鎬で受け流しているか。
2.確実に正面を打ち、反射的でなく、決めてから上段に構えて残心を示しているか。
2本目 1.一拍子に脇構えから正しく諸手左上段にかぶり、まっすぐに正面に打ち下ろしているか。 1.体を左斜前にひらき、右手を頭上に上げ、右鎬で受け流しているか。
2.確実に面を打ち、決めてから残心の所作を行っているか。
3本目 1.三歩目を踏み出すと同時に一拍子で仕太刀の正面を打っているか。 1.正面打ちに対するすり上げすり落とし、右胴打ちに対するすり流しすり込みの所作が正しく出来ているか。
2.残心を示した後、左足から刀を抜き合わせた位置に戻っているか。