アート手作りクッション工房

クッションで部屋のインテリアをオシャレに彩るクッションカバーSHOP
オリジナルからオーダーメイドまでお洒落なクッションならおまかせ!

クッションカバーでインテリアを心もはずむオシャレな部屋へ!
デザイナーが考えたインテリア・ライフスタイルのオシャレを楽しむ「こだわり、限定、手作り」作品を制作・通信販売しています。
オリジナルクッションカバー/オーダーメイドクッションカバーオリジナルプリントオーダー・クッションカバー/スカーフ&ハンカチ・クッションカバーリメイクオーダーメイド・扇子
オリジナルクッションカバー/オーダーメイド/オリジナルプリントオーダー/スカーフ・ハンカチをクッションカバーや扇子にリメイク


≪フロアクッションチェアー作品が出来上がるまで≫


TAKASAN写真/店長兼デザイナー兼作者

<フロアクッションチェアーが出来上がるまで>について詳しくご紹介するページです。
ご注文を頂いてから、TAKASANが一つ一つ丹精に手作りするフロアクッションチェアー作品の工程です。
アート手作りクッション工房ならではの、
「こだわりの作り」をご覧下さいませ。



【 1 】ご注文をいただく毎に必要な量の表地と裏地を、巻き加減を調整しながら芯に巻き直し、地の目の曲がり加減を調整し、しばらく時間を置きます。,

ナゼ巻き直すのか? それは、、、
生地は反物で巻かれている状態の時、地の目が歪んだ状態で巻かれたりしていてストレスが掛かっていることが多いのです。
巻き直して、しばらく時間を置くのは、歪んだ地の目も戻してあげる効果があるんです。 また、生地によっては匂いが僅かにするものも有りますが、ほとんどこの作業で抜けてしまいます。
裏地アイロンがけ 左写真【 2 】
裏地をアイロンで地の目を修正しながら丁寧に仕上げていきます。

 ↓  ↓
右写真【 3 】
アイロンがけの終わった裏地にノッチを入れながらを正確に裁断します。
裏地各パーツ
表地アイロンがけ 左写真【 4 】
表地をアイロンで地の目を修正しながら丁寧に仕上げていきます。

 ↓  ↓
右写真【 5 】
アイロンがけの終わった表地にノッチを入れながら正確に裁断します。
表地各パーツ
そうなんです 実はフロアクッションチェアは素材の違うクッションカバー2枚でできてるんですヨ!
表地 地の目直し前
表地 地の目直し後
【 4 】の写真での地の目直しのアイロンがけ
左写真はまだアイロンをかけていない状態です。生地幅の中心あたりから生地端にかけてヨコの地の目が曲がっています。
これをアイロンで直しながら仕上げると右写真のように直線になります。
“生地の「地の目直し」はこんな理由で大切なんです”
生地の歪みは、裁断する前にできる限り直しておきます。 そうすると完成したときの見栄えも一層良くなるばかりでなく、型崩れも防げます。 また柄物の時には柄と相談しながら良い見え方、良い状態に修正していきます。
裏地縫製 本縫い
左写真【 6 】
裏地の縫製
ファスナーをつけた後、残りのパーツを順番に縫い合わせていきます。

 ↓  ↓
右写真【 7 】
縫い合わせた後、縫い代がほつれないようにロックミシンで縁かがりをして仕上げます。
裏地縫製ロックミシン
裏地縫製 アイロン工程
左写真【 8 】
縫い終わった後、全ての縫い代を片側に返して、きれいにアイロンで仕上げていきます。 この工程を経て、中にクッション芯材を入れます。

 ↓  ↓
右の写真は入れた状態です。タルミやヨレもなく裏地の効果を発揮してくれそうな良い仕上がりです。
裏地縫製 アイロン工程後画像
中芯と裏地クッションカバー
【 9 】裏地の中に芯材を入れた状態
クッション芯材は滑りが悪いので、そのままでは表地のカバーにはとても入れずらいですが、このように裏地でカバーすることでとても出し入れしやすくなります。 また、このカバーを洗いたいという時でも、裏地なのでもちろん大丈夫。開き口も作業しやすい大きな開きがポイント。
表地縫製ロックミシン01 左写真【 10 】
表地の縫製 Part1
表地は各パーツを縫い合わせる前に、ロックミシンで縁かがりをしておきます。

 ↓  ↓
右の写真は、きれいに縁かがりの終わったところです。
表地縫製ロックミシン01 糸目
表地縫製 力布
【 11 】表地はクッションチェアを持ち運べるようにするため持ち手があるので、その部分の補強を裏側から共布を使って作ります。
次に、カバーのデザインアクセントにもなっているテープを曲がらないように細心の注意をしながら縫っていきます。
 ↓  ↓
右の写真は、表側の持ち手部分です。
表地縫製 持ち手部分
表地縫製ロックミシン02
左写真【 12 】
表地の縫製 Part2
表地の各パーツを縫い合わせた後、縫い合わせた縫い代をロックミシンで仕上げます。

 ↓  ↓
右の写真は、きれいに縁かがりの終わったところ。2枚重なってロックミシンをかけているので縫い代もしっかりしています。
表地縫製ロックミシン02 糸目
表地縫製 ステッチ
左写真【 13 】
縫い代がきれいな収まりになるよう、シームラインは、縫い代を片側に返してコバステッチでおさえます。

右写真【 14 】
表地カバーの開き部分は、ファスナーが隠れる比翼仕立。 仕立上がった表地のカバーに中芯を入れるのはとってもスムーズです!
裏地クッションを表地クッションカバーへ
↓  ↓
そして完成です
フロアクッションチェアー スタンディングイメージ
フロアクッションカバー フラットイメージ
フロアクッションチェアー ファスナーオープン




アート手作りクッション工房HOME | クッションカバー オンラインショップ
アートコレクション
| ゛F゛コレクション | ファー&レザー コレクション | スエード コレクション | フロアクッション チェア
選べる40色 “COLORS” | オーダーメイド | オリジナルプリント | クッションカバー ゛セレクション゛
“自由な発想で!究極クッション”A-JU | クッションカバー作り方 手作り応援! | インテリアファブリック販売/ご紹介