The following explanation is published on the website of QajaqUSA.

Storm roll
Siukkut pallortillugu/masikkut "leaning forward, at the masik".
Start tucked forward, finish tucked forward. The inboard hand stays in contact with the deck/hull throughout roll and is often levered off the hull during the hip snap. This is a low brace roll (palms down). There is a misconception that this roll must be performed in a combat (non-extended) paddle position. Like all of the rolls, you can extend the paddle as much or as little as you wish. Three points/side.
History/Purpose: Excellent roll in high winds; brings you up in a very stable, strong position.

The upper explanation is very intelligible. I would like to emphasize "speed of recovery", "stable reservation", and "a simple motion" further. These are filling the original purpose of the roll. And it is clear that it has very high practicality as compared with other Greenland rolls.

そもそもストームロールって何?という方もいらっしゃるでしょう。QajaqUSAのウェブサイトには下記のように説明されています。

ストームロール
Siukkut pallortillugu/masikkut "マシック付近に前屈".
ロールのスタート、及びフィニッシュは「前屈状態」です。ロールの最中、パドルはハルからデッキにかけて接触させ、ヒップスナップと共にレバレッジを利かせます。つまりこれはローブレイスの応用であることから、手のひらは下向きになります。どうやらストームロールを行なうときにパドルを前方へ拡張せずにコンバットポジションで行なうべきであるという誤解があるようですが、グリーンランドの競技においては、すべてのロールのグリップポジションは自由となっています。
競技における得点/3点(片側)
歴史・目的/強い風の中で効果的なロールであり、フィニッシュ後の安定性も高い。
上記の説明はとても分かりやすいですが、実際にはストームロールは「か・な・り使えるロール!」だと思います(笑)。リカバリーのスピード、リカバリー後の安定性の確保、そして何よりもシンプルな動き、これらすべてがロール本来の目的を満たしており、他のグリーンランドロールと比較しても実用性において優位と言えるでしょう。


ストームロールは本来「ローブレイス」の応用ですが、更に実用性が高い「スウィープフィニッシュ」という形態もあります。単に“リカバリー”という意味では「ローブレイスフィニッシュ」でも充分に事足ります。しかし、次のアクションを考えたときに「スウィープフィニッシュ」がどれだけのアドバンテージを持っているか、下記のイラストを比較していただければ一目瞭然でしょう。

Originally, a storm roll is the technique to which "the low brace" was applied. It's enough to attain recovery.
However, a storm roll has still more useful finish. It is "sweep finish." This makes the continuous motion toward the next action possible.

ブレードの位置に注目してください。「ブレイスフィニッシュ」では先端が海中深く入り込んでいます。一方で「スウィープフィニッシュ」では海面に近い位置にあります。リカバリー後、即座に漕がなければならない状況だったらどっちが有利でしょうか?

Please check the position of the blade. Tip is stuck deep in the sea in the "Brace Finish". On the other hand, at "Sweep Finish", it is near the sea surface. If it's in the situation that must be paddled immediately after your recovering , which is advantageous?

You need the Flash player and the Quick Time plug-in. / ©2012 STORM ON

Not limited to Greenland rolls, flexibility is important in the overall exercise. It leads to improvement in a technique and serves as prevention of injuries further. When I was young, practicing the roll only with passion. Also in ropes. I made light of a warm-up exercise and calisthenics. As a result, I undertake injuries "back rupture of the muscle" and "cervical vertebrae hernia", and I have them even now. Even a monkey will be learned if injured! I have not missed calisthenics since then.
For Storm Roll, forward bending is an important key. Resistance of the water in roll is reduced by bending the upper part of the body to the front as much as possible. Even when you got the surface of the other side, please do not separate the upper part of the body from the deck. In order to keep this, flexibility and sit-up power are required. Yes, you should practice every day to get it.
Practice makes perfect!

ロールだけではなく、運動全般において柔軟性は大事です。ワザの向上に繋がることはもちろんですが、怪我防止にもなります。まだ若くて勢いだけで回っていた頃はここをとても軽視していました。海を目の前にするや否や一目散でカヤックに乗り込みロール三昧です。ロープもそうでした。結果、背筋断裂や頚椎ヘルニアといった後遺症が残る怪我を負いました。今でもしっかり引きずっています。怪我でもすれば多少のバカでも学習するのでしょう(笑)。以来、海へ出る前(あるいはロープに跨る前)のストレッチはもちろん、日々就寝前にも行なっています。続けることで柔軟性は増し、維持できますが、サボった途端に元に戻ります。続けましょ。ストームロールで言うと、やはり「前屈」が命になるわけで、ここをきっちりと押さえられないとフィニッシュを迎えることは難しいです。セットで得た前屈ポーズを沈の後もいかにそのままキープ出来るかがひとつの鍵になります。可能な限り前へ屈み、水の抵抗を軽減させつつ反対側へ回転します。セットだけの前屈ではないことをお忘れなく。そして前屈は柔軟性と同時に筋力も要します。つまり、セットから沈へ移行するときに前屈の姿勢をキープするのは腹筋力に因るところが大きいのです。お腹の力でもってグーッと姿勢を維持します。スイープのチャンスを得るまでの我慢です。

If you can not bend your upper body forward, I will provide a hint to you. When you've got to kayak, do you have enough space around the knees? If so, you should fill the space with "Foamed plastics." It is fitting surely. By making it a support, you can bend the upper part of the body by force. Even if there is no it, of course, you can bend the upper part of the body by raising your knees. However, it will always be accompanied by a risk. In short, the position of the center of gravity also accompanies because you raise both knees. It entraps the action of a roll disadvantageously. A success can be obtained by making "your center of gravity" and "the center of gravity of a kayak" unify in a storm roll. With the storm roll in the compe of Greenland, if your upper part of the body has not bent ahead even if it can roll, you cannot score. This means that the element is very important for a storm roll.

どうしてもカラダが固い!前屈なんて無理!というあなたにヒントをひとつ。スキンカヤックならともかく、市販のリジッド艇では膝周りに結構な空間があります。膝をいかに固定するか、これによってチカラわざの“前屈”が可能になります。つまり、ここに“支え”を作って、それを頼りに前屈を行なうわけです。たとえばフォーム材でフィッティングを施すとか。もちろんデッキまでの高さは然程ありまぜんので、わざわざフォーム材で埋めなくても膝を少し上げれば前屈のための支えを確保することができます。しかし、ここに落とし穴があります。膝を立てる分だけ重心も上がるということを忘れないでください。「それっぽっちの重心の差が影響するのか?」と思われるかもしれませんが、大袈裟な話ではなく個人的には「顎を引く数センチの重心の差」を惜しんでロールしています。そもそも「前屈」はカヤックと重心を一体化させるために行なうものであり、これによってロールの復元力をアップさせるための姿勢であることを忘れないでください。ストームロールの肝はすべてここに集約されると言っても過言ではありません。競技において、たとえロールに成功してもしっかり前屈が出来ていないと得点できないのはこういうところを意味しているのかもしれませんね。

ストームロールはローブレイスの応用です。後述する二種類のフィニッシュにおいて「ブレイスフィニッシュ」と「スウィープフィニッシュ」を解説しますが、厳密な意味で言うとどちらも「ブレイスフィニッシュ」なんです。スウィープしつつもブレイスをしっかり入れているわけで、これは偏に大元がローブレイスであることを意味しています。
初期の段階ではローブレイスの徹底的な練習も有効です。

A storm roll is application of a low brace. In below-mentioned "two kinds of finish", although "brace finish" and "sweep finish" are explained, these are "brace finish" strictly. In a series of motions, bracing is also contained in sweeping.  This means that the storm roll is based on the low brace, right?
Of course, in practice of your beginning, a low brace is effective.

Since it is application of a low brace, naturally your palm should be downward, right? Although there is a friend who finishes while the palm has been upward rarely, his maneuver is not a storm roll positively. Probably it may be "C to C." I am not detailed about it and interested. hahaha!
Remember, in the storm roll under competitions, "the direction of your palms" are strict element.

ローブレイスの応用ですから、当然手のひらは下を向いています。たまに上向きで上がってくる方がいますが、いくら前屈してもそれはストームではありません(C to Cっていうのかな?)。ちょっとその場でやってみてください。はい、手のひら上向きで前屈…どうです、難しいでしょ(笑)。「前屈」と「手のひら下向き」はセットなんです。競技になると手の向きは尚更重要なポイントになります。無事に起き上がれたとしても、手のひらの向きが不正解なら得点はまず無理です。

A hips snap is not indispensable for a storm roll. However, if you use this well, your storm roll will become quicker. A hips snap is a technique which rotates a kayak with the waist using resistance of a blade. This is not so easy as it says. You could perform this in the calm sea. However, it is special to use this technique in a surfzone. In order to improve the practicality of a hips snap, many practice is required, but if you learn this, it will be "It's a double advantage."

ヒップスナップは必須ではありません。が、これを上手に使うことでよりクイックな動きをゲッツできます。ブレードの抵抗を支えにして、腰でカヤックを返すわけですが、実際は言うほど易しくはありません。静水で意識的に練習する分には再現できますが、実用レベル(例えばサーフの中での沈)で、咄嗟にこれを用いるには習熟の域に達するぐらいの練習が必要かもしれません。ここまで読んじゃうと「じゃぁ要らないよ」と思ってしまうかもしれませんが(笑)、これを確実にモノに出来れば「鬼に金棒」級のアイテムになるでしょう。

A kick is the same as a "hips snap" in a function or the purpose. You do not need to use this simultaneously with a "hips snap." Please choose the easy one for you. The "sweep finish" may be a little more difficult for the timing of a kick than "brace finish."
To you like such a great actor, I will lecture shadowing of a storm roll. If you are having trouble timing of a kick, this practice method will be suitable. It may be more effective if you are careful about the following items. This practice does not choose a place. The platform of a station, a bus stop, an elevator, a lavatory, etc.....You can practice anywhere!
1.Direction of your palms. (Downward)
2.Torsion of the upper part of your body.
3.Riming of a kick.
4.The procurvation posture in the finish.

これも機能・目的においては「ヒップスナップ」と同様です。ヒップスナップと同時に行なう必要はなく、やり易い方(あるいは確実に決められる方)を用いればよいでしょう。“エア”では動画のような練習をよく行ないました。「ブレイスフィニッシュ」よりも「スウィープフィニッシュ」におけるキックのタイミングの方が若干難しいかもしれません。練習の際はせっかくなので下記の項目に意識を向けてみてください。
1.手の向き(常に下向き)
2.上体の捻転
3.キックのタイミング
4.フィニッシュ時の前屈

These are storm rolls by Maligiaq. As you see, the motion in a storm roll is very compact besides quick. This is just the feature that shows the height of the practicality of a storm roll. Maligiaq was also said in the video "This is my favorite roll", right?

左の動画はマリギアックによるストームロールです。御覧の通り一連の動きがコンパクトで尚且つクイックです。これこそがストームロールのアドバンテージであり、実用性の高さを示すポイントでもあります。マリギアック自身、数あるロールの中ではこれが最も好きだと言ってました。
実は、スウィープを開始するタイミングが“自分の”よりも随分と早いのでした。見ようによってはスカーリングロールの要領で上がってきているようにも思えます。