■浜田山の家
「RETREAT(隠れ家)」という言葉がキーワードになっています。外部から生活空間を守るコンクリート打放しの壁をまわりに巡らして、中央にコアタワーとしてセットして、生活空間をタワーに纏わりつかせて、連続させています。外界から隔離された空間の中では、このコアタワーによって性格の異なる空間をまわりに形成するように試みています。また可動の仕切りによって、家全体が一室となる開放感あふれる構成として、家族である大きな2頭のリクガメをどこからもその気配が伺えるようにしてます。街に対して閉じた表情も、楕円にくり貫かれたアルミ板の孔から灯火がもれてくる仕掛けとして、街に優しい表情を現します。
所在地 :東京都杉並区
敷地面積:178.73F
建築面積:89.26F
延床面積:136.44F
主要構造:鉄筋コンクリ−ト造
規 模 :地上2階
施 工 :大原工務所
写 真 :上田宏
10