夢惑う世界・昆虫たち バッタ・キリギリス・コオロギたち生態写真・リスト1
夢惑う世界 バッタ・キリギリス・コオロギたちの生態写真 生態写真その5
  テンリウエンシスフキバッタ   マツムシ2  
ph41P テンリウエンシスフキバッタ(メスアカフキバッタ) ph42P マツムシ2
2004年9月12日 日本、山梨県十島 2005年4月30日 ドミニカ、コンスタンサ
淡い緑色の色彩が多いフキバッタの仲間としては、ちょっと赤みが強い異質な色彩である。オスは普通である。 広い世界、時には不可思議な虫さんたちにも出会うことがあるが、そのほとんどは日本にいる虫さんたちと変わらない。
  ミカドシバスズ   ラタオンブバッタ  
ph43P ミカドシバスズ(シバスズ) ph44P ラタオンブバッタ(オンブバッタ)
2002年9月21日 日本、静岡県天城 2005年11月3日 日本、静岡県伊東市城ヶ崎
秋になると、成虫となったコオロギやバッタなどが目についてくる。枯れた叢を歩いていると、跳び出してくるのである。 城ケ崎の海岸沿いの道を歩いているときに見つけた。子どものときは、親子のバッタだと思って見ていたものである。
  ge14マツムシ   ヤポニカヒシバッタ  
ph45P ge14マツムシ ph46P ヤポニカヒシバッタ(ハラヒシバッタ)
2002年8月13日 ミャンマー、ピン・ウー・ルウィン 2006年5月5日 日本、山梨県十島
葉っぱの上にちょこんと止まっているマツムシの仲間は、世界中何処で見ても同じように見えてくる。 ずんぐりした小さなバッタである。小さくても、少しでも鳴けば魅力的なのだが、ヒシバッタにとってはどうでも良さそうだ。
  ヤポニカセスジツユムシ   ビグットゥルスヒナバッタ  
ph47P ヤポニカセスジツユムシ(セスジツユムシ) ph48P ビグットゥルスヒナバッタ(ヒナバッタ)
2006年8月21日 日本、静岡県天城 2009年9月3日 日本、北海道札幌市定山渓
キリギリスの仲間では、世界中でよく見かけるのがツユムシの仲間である。日本にも数多くのツユムシがいる。 子どもの頃、野原で出会った大きなトノサマバッタに混じって、一番見かけたのが小さなヒシバッタであった。これは、産卵中である。
  キリギリス4      
ph49P キリギリス4  
2002年7月21日 ギリシャ、カテリーニ  
刺々しい大きな草の茎に陣取っていた太っちょのキリギリス、翅がないが多分立派な成虫なのだろう。  

Copyright (C) 2017-2019 森みつぐ    /// 更新:2019年9月22日 ///