夢惑う世界・昆虫たち ハチたち生態写真・リスト1
夢惑う世界 ハチたちの生態写真 生態写真その5
  インケルトゥスコンボウケンヒメバチ   sp1ヤマアリ  
ph41U インケルトゥスコンボウケンヒメバチ(コンボウケンヒメバチ) ph42U sp1ヤマアリ
2006年5月5日 日本、山梨県十島 2002年7月24日 ギリシャ、カテリーニ
長い産卵管を持ったヒメバチ、寄生する虫さんより種類が多いかも知れないと思うくらいいっぱい種類がいる。 アカヤマアリみたいなアリもギリシャにいた。ギリシャも日本と同じ旧北区であることを実感してしまうのである。
  ドロバチ1   アルデンスマルハナバチ  
ph43U ドロバチ1 ph44U アルデンスマルハナバチ(エゾコマルハナバチ)
2003年4月28日 キューバ、トリニダー 2010年5月4日 日本、北海道札幌市
世界の何処で見てもドロバチの仲間は、やっぱりドロバチである。格好いいハチであることには間違いない。 エゾムラサキツツジが咲き始める頃、その甘い蜜を求めてブ〜ンと飛んで来るのがエゾコマルハナバチの女王蜂である。
  アシナガバチ2   ハコダディフタモンベッコウ  
ph45U アシナガバチ2 ph46U ハコダディフタモンベッコウ(フタモンベッコウ)
2001年4月30日 エルサルバドル、シウダー・バリオス 2002年8月3日 日本、静岡県天城
小形のアシナガバチだがやけに大きい巣だった。中南米で見かけたアシナガバチは、小形の種ばかりであった。 翅が黒っぽいので腹部の斑紋が見えないが、このハチは、フタモンベッコウである。クモでも探していたのだろうか。
  アナバチ1      
ph47U アナバチ1  
2002年7月20日 ギリシャ、カテリーニ  
ふさふさの花に格好いいハチを見つけた。何のハチの仲間かは分からないが、こんなハチは格好いい。  

Copyright (C) 2014-2019 森みつぐ    /// 更新:2019年4月7日 ///