神奈川県勢・年度別戦績表(1923年)

1923年夏 横浜商業

出場回数初出場
主な選手(1)高橋忠 (2)武知顕蔵 (3)武井登・増田喜三郎 (4)一ノ瀬辰夫 (5)豊田実 (6)杉田友一 (7)飯田国吉 (8)瀬木喜一郎 (9)都筑善太郎
対戦成績 1回戦1-5早実
横浜商業 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
早稲田実業 1 0 1 0 0 1 1 1 X 5
1923n1.bmp 京浜大会時代の宿敵との勝負。6回表、1死2・3塁のチャンスから3塁横のライナーを好捕され、併殺される。相手投手・水上の前に6安打1点どまり。
《早稲田実業のその後》2回戦○6-4愛知一/準々決勝●1-6甲陽
甲子園決勝戦甲陽中5-2和歌山中投手:宇井−田島豊次郎(関西学院大)。甲陽中が和歌山中の3連覇の夢を阻む。
《甲陽の戦績》甲陽8-2宇都宮商業/甲陽3-2松山商業/甲陽6-1早稲田実業/甲陽13-5立命館/甲陽5-2和歌山
出来事鳴尾球場最後の大会。1イニング最多得点記録14点(立命館 対台北一中の3回)。台湾が初参加。京浜から東京を分離して代表が19校に。準決勝で超満員の観衆がグラウンドになだれ込む。優勝校にレプリカを贈る。初の祝賀飛行。大会後の9月1日に関東大震災が起きる。
主な選手 ◇広陵:加藤喜作(慶大→八幡製鉄→南海→近鉄)◇甲陽:岡田(慶大)◇佐賀:藤崎茂太(早大)・伊丹安廣(早大)◇松山商業:藤本定義(早大→東京鉄道管理局→巨人監督)・森茂雄(早大→東京クラブ→イーグルス)◇和歌山:田島豊次郎(関西学院大)
【夏の地方大会の主な選手】
◇荏原:大貫賢(セネタース→イーグルス)◇盛岡:村井清八(早大)◇赤穂実業:川上良作(八王子実業団→金鯱)
◇第一神港商業:島秀之助(法大→金鯱)
神静大会決勝戦横浜商業8-3静岡
横浜商業 0 0 2 2 0 0 0 1 3 8
静岡 0 0 1 1 0 0 0 0 1 3
1923r1.bmp 相手投手:田中。大会参加7年目にして全国大会初出場。
出来事東京大会の参加校が急増したため、東京大会が独立。神奈川は静岡と一緒になり、神静大会が始まる。
その他の神奈川県勢:準決勝、横浜貿易1-12静岡、神奈川一1-9横浜商業。2回戦、神奈川師範2-9横浜商業。1回戦、藤沢4-8神奈川師範。
主な選手 ◇横浜商業:高橋忠・瀬木喜一郎・武井登・一ノ瀬辰夫・武知顕蔵・豊田・杉田友一・増田・飯田国吉




戻る