神奈川県勢・年度別戦績表(1926年)

1926年春 横浜商業

出場回数3年連続3回目
主な選手(1)岡野肇 (2)都筑善太郎 (3)大野登 (4)吉川清 (5)松下弘美 (6)山本善次郎 (7)鈴木隆次 (8)林真悟 (9)浅野信二
対戦成績 1回戦0-8柳井中
横浜商業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
柳井 2 2 0 0 2 2 0 0 X 8
1926h1.bmp 清水投手に6安打、11奪三振に抑えられ完敗。
《柳井のその後》準々決勝○3-1早稲田実業/準決勝●4-5広陵
甲子園決勝戦広陵中7-0松本商業投手:田岡兵一(法大)−小松
《広陵の戦績》広陵11-1静岡/広陵4-3和歌山/広陵5-4柳井/広陵7-0松本商業
出来事同一地域初戦対戦を避け東西対抗形式に。出場校は第1回大会に比べて倍増の16校。
主な選手 ◇広陵:田岡兵一(法大)・角田隆良(明大→東京クラブ→パ・リーグ審判員)◇高松商業:水原茂(慶大→巨人)・堀定一(慶大→全高松→大東京)・井川喜代一(慶大)◇静岡:上野精三(慶大→慶大監督)・国友正一(立大→セ・リーグ審判)◇第一神港商業:島秀之助(法大→金鯱)◇柳井:清水光長・杉田屋守(早大→広島鉄道管理局→イーグルス→黒鷲)◇横浜商業:岡野肇・都筑善太郎・山本・大野登・松下弘美・浅野信二・吉川清・林真悟・鈴木隆次

1926年夏 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦静岡中2-1大連商業投手:上野精三(慶大→慶大監督)−円城寺
《静岡の戦績》静岡9-2早稲田実業/静岡6-5前橋/静岡5-1高松/静岡2-1大連商業
出来事中等学校大会歌制定される。態度の乱れが問題になり、応援団をいったん禁止。関東大会を分離し代表が22校に。準々決勝静岡中−前橋中が19回延長戦。準々決勝の前橋−静岡戦は延長19回の末、6-5で静岡の勝利。
主な選手 ◇静岡:上野精三(慶大→慶大監督)・国友正一(立大→セ・リーグ審判)◇前橋:片桐勝司(東大)◇第一神港商業:島秀之助(法大→金鯱)◇鳥取一:小島多慶男(同大→パ・リーグ審判)◇柳井:清水光長・杉田屋守(早大→広島鉄道管理局→イーグルス→黒鷲)
【夏の地方大会の主な選手】
◇伊勢崎商業:柳沢騰市(日活→大東京→ライオン)◇関西:津田四郎(巨人)◇広陵:田岡兵一(法大)・角田隆良(明大→東京クラブ→パ・リーグ審判員)◇高松商業:水原茂(慶大→巨人)・堀定一(慶大→全高松→大東京)・井川喜代一(慶大)
神静大会代表決定戦(3試合)
神奈川一 1 3 0 0 0 0 0 0 0 4
静岡 3 1 2 0 0 2 4 0 X 12
1926r1.bmp 投手:湧川・岩橋−上野精三(慶大→慶大監督)。
静岡 5 2 0 4 2 2 2 0 2 19
神奈川一 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
1926r2.bmp 全国制覇の静岡中に大差で2連敗を喫す。投手:国友正一(立大→セリーグ審判)−湧川・岩橋。
出来事
県大会決勝戦(対抗戦)8チームを二分して対抗試合で実施。神奈川一が4勝を挙げて神静大会第二次予選へ。
出来事本牧中、神奈川工業が初参加。
主な選手 ◇横浜商業:岡野肇・都筑善太郎・山本・大野登・松下弘美・浅野信二・吉川清・林真悟・鈴木隆次◇神奈川一:湧川・高見沢・加納◇本牧:若林忠彦(法大→川崎コロムビア→阪神→毎日)




戻る