神奈川県勢・年度別戦績表(1928年)

1928年春 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦関西学院2-1和歌山中投手:悳宗弘(早大→三輪運輸)−小川正太郎(早大→毎日)
《関西学院の戦績》関西学院3-1下関商業/関西学院5-1甲陽/関西学院4-2高松商業/関西学院2-1和歌山
出来事前年春優勝の和歌山中を破り関西学院が2度目の優勝。悳宗弘(早大→三輪運輸)が10安打を浴びながら1点に抑える。熱戦の模様が初めてJOBK(NHK大阪放送局)の電波に乗った。優勝校に優勝盾が贈られる。
主な選手 ◇関西学院:悳宗弘(早大→三輪運輸)・浅井増男
◇広陵:八十川胖(明大→明大監督)・小川年安(慶大→阪神)・大浜静男(法大)・山城健三(立大)・三浦芳郎(法大)◇高松:三原脩(早大→全大阪→巨人)・梶原英夫(東大)◇松山商業:尾茂田叶(明大→セネタース)◇松本商業:中島治康(早大→藤倉電線→巨人→大洋)・佐藤茂美(早大→日東紡→新潟交通監督)・高野百介(立大→南海)◇平安:伊藤次郎(法大→セネタース)◇和歌山:小川正太郎(早大→毎日)・土井・鎌田

1928年夏 神奈川商工

出場回数初出場
主な選手(1)手塚健二郎、(2)高橋猛夫、(3)山田利一、(4)土性正治、(5)金子満寿、(6)藤井秀男、(7)池谷恒、(8)岡本稔、(9)森春男
対戦成績 1回戦4-9福岡中
神奈川商工 0 0 0 4 0 0 0 0 0 4
福岡 0 0 0 1 4 1 1 2 X 9
1928n1.bmp 4回表、高橋・岡本の安打と手塚の四球で1死満塁とした後、土性が押し出しで1点、さらに金子の右翼線3塁打で好投手戸来から4点を先制する。4回裏に1点、5回裏には4安打と失策で4点を奪われ、その後着々と加点されて押し切られる。福岡は全員安打を記録。商工は好投手・戸来に16三振を奪われる。福岡中バッテリー:戸来誠−村田栄三
《福岡のその後》2回戦●2-4平安
甲子園決勝戦松本商3-1平安中投手:中島治康(早大→藤倉電線→巨人→大洋)−伊藤次郎(法大→セネタース)
《松本商業の戦績》松本商業3-2広陵/松本商業3-2鹿児島商業/松本商業5-0愛知商業/松本商業3-0高松/松本商業3-1平安
出来事選手のベンチ入りを14人以内に制限。
主な選手 ◇鳥取一:古南謙一(東大)◇広陵:八十川胖(明大→明大監督)・小川年安(慶大→阪神)・大浜静男(法大)・山城健三(立大)・三浦芳郎(法大)◇高松:三原脩(早大→全大阪→巨人)・梶原英夫(東大)◇佐賀:牟田正孝(早大)
◇松本商業:中島治康(早大→藤倉電線→巨人→大洋)・佐藤茂美(早大→日東紡→新潟交通監督)・高野百介(立大→南海)◇敦賀商業:小林利蔵(明大→東京鉄道管理局→金鯱)◇平安:伊藤次郎(法大→セネタース)◇北海:木村義雄◇和歌山:小川正太郎(早大→毎日)・土井・鎌田
【夏の地方大会の主な選手】
◇宇治山田:西村幸生(名鉄→関大→阪神)◇関西学院:悳宗弘(早大→三輪運輸)・浅井増男◇享栄商業:木全竹雄(立命館大→大東京)◇松山商業:尾茂田叶(明大→セネタース)◇第一神港商業:中根之(明大→名古屋→イーグルス)
◇米子:大橋やすし(関大→門司鉄道管理局→阪神)
神静大会代表決定戦(3回戦)
静岡中 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
神奈川商工 0 1 5 0 0 0 0 0 0 6
1928r1.bmp 2回裏、岡本の本塁打で1点を先制するが、3回表、静岡・寺田の本塁打ですぐに同点に追いつかれる。1-1の同点で迎えた3回裏、2死満塁の場面で静岡・上野から土性がレフトオーバーの3塁打。さらに手塚が本塁打を放ち一挙に5点を挙げ、勝利を決定づける。投手:上野−手塚。
神奈川商工 0 0 0 0 4 0 1 0 0 5
静岡中 0 2 0 2 0 0 0 0 0 4
2回裏、2死満塁から静岡の石川・寺田に連続安打され2点を許し、4回裏にも1死1・3塁から静岡・上野の中越打で2点を追加される。商工打線は4回まで調子の戻った静岡・上野に抑えられる。0-4とリードされた5回表、1死から手塚・山田が連続四球。金子が敵失を誘い2死満塁とすると森の右翼線2塁打、藤井の右中間3塁打で一挙同点に追いつく。7回表には中前安打で出塁した池谷を3塁に置き、2死3塁から高橋の打球がサードエラーを誘い、決勝点を挙げる。投手:手塚−上野。 1928r2.bmp
出来事神奈川商工、本県勢の宿敵・静岡中を4年ぶりに破り甲子園初出場。
県大会出来事3ヶ月に渡る長期リーグ戦を実施。商工が8戦全勝で神静大会へ。
主な選手 ◇神奈川商工:手塚健二郎・土性正治・藤井秀男・高橋猛夫・岡本稔・金子満寿・池谷恒・山田利一・森春男




戻る