神奈川県勢・年度別戦績表(1929年)

1929年春 (参加無し)

対戦成績
甲子園決勝戦神港商3-1広陵神港商業・西垣が11奪三振、被安打3で広陵打線を完全に抑える。投手:西垣徳雄(法大→東京鉄道管理局→連盟審判→国鉄監督→国鉄技術顧問→ロッテ球団代表)−小川・佐々木美利。
《第一神港商業の戦績》第一神港商業5-2静岡/第一神港商業4-1愛知商業/第一神港商業1-0八尾/第一神港商業3-1広陵
出来事補欠校制度が発足。校名プラカードの先導、勝利校の栄誉をたたえる校歌吹奏と校旗掲揚など新しい趣向も続々。大会終了後、アルプススタンドが完成。
主な選手 ◇愛知一:夫馬勇(早大→巨人)◇海草:西山徳郎◇広島商業:生田規之・灰山元章(慶大→田村駒商店→太陽レーヨン→ライオン→朝日)◇広陵:佐々木美利・小川年安(慶大→阪神)・平桝敏男(慶大→阪神)・野村実(横浜高専→名古屋→イーグルス)・中尾長(明大)◇松本商業:中島治康(早大→藤倉電線→巨人→大洋)・高野百介(立大→南海)◇静岡:鈴木芳太郎(専大→南海→大昭和製紙→静岡監督)◇第一神港商業:西垣徳雄(法大→東京鉄道管理局→連盟審判→国鉄監督→国鉄技術顧問→ロッテ球団代表)・倉信雄(法大→日満実業→巨人→連盟審判)・中根之(明大→名古屋→イーグルス)・浜崎隆(慶大→パ・リーグ審判)・高瀬二郎◇和歌山:島本義文(横浜高工→阪急)

1929年夏 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦広島商業3-0海草投手:生田規之−西山徳郎。
《広島商業の戦績》広島商業9-4関西学院/広島商業4-2静岡/広島商業5-1鳥取一/広島商業3-0海草
出来事甲子園球場にアルプススタンド完成。
主な選手 ◇愛知一:夫馬勇(早大→巨人)◇海草:西山徳郎◇広島商業:生田規之・灰山元章(慶大→田村駒商店→太陽レーヨン→ライオン→朝日)◇市岡:宮村静夫(早大)◇諏訪蚕糸:中村三郎(明大→大東京→ライオン→名古屋)◇静岡:鈴木芳太郎(専大→南海→大昭和製紙→静岡監督)◇鳥取一:京谷栄治・大村文夫(東大)・由谷敬吉(東大)◇敦賀商業:小林利蔵(明大→東京鉄道管理局→金鯱)
【夏の地方大会の主な選手】
◇広陵:佐々木美利・小川年安(慶大→阪神)・平桝敏男(慶大→阪神)・野村実(横浜高専→名古屋→イーグルス)・中尾長(明大)◇甲陽:川村徳久(立命館大→阪急)
◇高知工業:塩田猪年男(金鯱→セネタース)◇松本商業:中島治康(早大→藤倉電線→巨人→大洋)・高野百介(立大→南海)◇盛岡:阿部理八(早大)◇盛岡商業:煤孫伝(日大→仙台鉄道管理局→大東京→ライオン)◇早稲田実業:西池秀豪(ライオン)◇大谷:村川幸信(立命館大→大東京→明電舎)◇第一神港商業:西垣徳雄(法大→東京鉄道管理局→連盟審判→国鉄監督→国鉄技術顧問→ロッテ球団代表)・倉信雄(法大→日満実業→巨人→連盟審判)・中根之(明大→名古屋→イーグルス)・浜崎隆(慶大→パ・リーグ審判)・高瀬二郎◇長崎商業:伊東力夫(早大)◇東海:小島茂男(関大→名古屋)◇姫路:竹田助一(同大→阪急)
◇豊国:大岡虎雄(八幡製鉄→大映→松竹)◇明治:古谷倉之助(八王子実業団→金鯱→大洋)◇和歌山:島本義文(横浜高工→阪急)
神静大会代表決定戦(3回戦)
横浜商業 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
静岡 1 0 0 0 0 0 2 4 X 7
1929r1.bmp 7・8回に8本の集中打を浴び、決定的な6点を失う。投手:志田−鈴木芳。
横浜商業 0 0 0 0 0 2 0 2 0 4
静岡 4 0 1 0 3 0 0 4 X 12
相手投手・鈴木に6回まで1安打に抑えられる。投手:志田−鈴木芳。 1929r2.bmp
出来事横浜公園球場で開催。山形神奈川県知事の始球式。
県大会決勝リーグ戦横浜商業2勝
本牧 0 2 0 0 0 0 0 0 1 3
横浜商業 0 1 0 0 0 1 3 1 X 6
1929k1.bmp 7回裏、横浜商業が広田の3塁打を足掛かりに、3点を勝ち越す。投手:劉−志田。
関東学院 2 0 0 2 0 0 0 0 1 5
横浜商業 3 0 1 0 0 1 2 0 X 7
投手:太田−志田。 1929k2.bmp
出来事参加9校をA・B2組に分け、B組の首位がA組みに加わり、上位3校で決勝リーグ戦を行う。
主な選手 ◇横浜商業:志田◇本牧:劉瀬章(法大→南海)




戻る