神奈川県勢・年度別戦績表(1941年)

1941年春 (参加無し)

対戦成績
甲子園決勝戦東邦商業5-2一宮東邦商業が岐阜商業に続く3度目の栄冠。投手:玉置−林。
《東邦商業の戦績》東邦商業2-1海草/東邦商業5-2和歌山海南/東邦商業5-4熊本工業/東邦商業5-2一宮
出来事出場16校。以降、戦争体制に入り甲子園大会は中断。2回戦、岐阜商業−滝川戦で、滝川・別所が本塁のタッチプレーで腕を骨折。以降、左腕を釣りながら投球を続け感動を呼ぶ。
主な選手 ◇一宮:林安夫(朝日)・真野常照(西鉄)◇下関商業:高野裕良(明大→巨人→大洋)・長富政武(横浜高商→川崎重工業→門司鉄道管理局→大洋漁業→大洋)◇海草:真田重蔵(朝日→パシフィック→太陽→松竹→阪神→明星監督)◇岐阜商業:大島信雄(慶大→大塚産業→松竹→名古屋)◇桐生:三輪裕章(阪神)・中村栄(阪急→国鉄)・木暮力三(巨人→パシフィック→全桐生→大陽→西鉄→福島日東紡)・田面(東京鉄道管理局)◇熊本工業:荒木健治(三井鉱山大牟田→東急)・後藤次男(法大→阪神)◇志度商業:川畑博(巨人→四国鉄道管理局→丸亀南海興業→大映)◇滝川:別所毅彦(日大→南海→近畿→南海→巨人)・青田昇(巨人→阪急→巨人→洋松→大洋→阪急)・喜瀬正顕(パシフィック→今泉産業→福島日東紡)・尾西信一(阪急→鐘紡高砂)・小林章良(朝日→パシフィック→鐘紡高砂→松竹→洋松→大洋→電電東北)◇島田商業:朝比奈三郎(大新京→永田製作所→大昭和製紙)・小長谷正一(大新京→永田製作所→中央工業→今泉産業→富久山日東紡→福島日東紡)・市川恒雄(大新京→永田製作所→今泉産業→富久山日東紡)・中村高治(大新京)◇東邦商業:安居玉一(阪神→大洋→国鉄→近鉄→大映)・前川正義(阪神)・尾崎律夫(大洋→今泉産業)
◇日新商業:堀井数男(南海→近畿→南海)◇平安:金田正泰(阪神)

1941年夏 (中止)

全 国主な選手
◇愛知一:加藤進(慶大→藤倉電線→愛知産業→中日)◇愛知商業:松本和雄(明大→大洋→中日)◇惟信:早川平一(名古屋逓信局→朝日→ゴールドスター)◇一宮:真野常照(西鉄)・林安夫(朝日)◇宇治山田商業:服部力(法大→函館オーシャン→近鉄)◇荏原:渡部弘(巨人)◇盈進商業:梅田正巳(同大→芸備銀行→広島)◇岡崎:植田隼美(西鉄)
◇下関商業:高野裕良(明大→巨人→大洋)・長富政武(横浜高商→川崎重工業→門司鉄道管理局→大洋漁業→大洋)◇嘉義:木場巌(西鉄→金星→大映)◇嘉義農林:萩原寛(大和→巨人)◇嘉穂:西江一郎(日鉄二瀬→阪神→東映)◇海草:真田重蔵(朝日→パシフィック→太陽→松竹→阪神→明星監督)◇関西学院:八木進(南海→近畿)◇丸子農商:森恒雄(朝日)◇岐阜商業:大島信雄(慶大→大塚産業→松竹→名古屋)◇久留米商業:井上次平(八幡製鉄→名古屋)◇宮城水産:星沢純(宮城水産→阪神)
◇享栄商業:下社邦男(阪急→金星)・中原宏(大日本土木→阪神→南海)◇桐生:三輪裕章(阪神)・中村栄(阪急→国鉄)・木暮力三(巨人→パシフィック→全桐生→大陽→西鉄→福島日東紡)・田面(東京鉄道管理局)◇熊本工業:荒木健治(三井鉱山大牟田→東急)・後藤次男(法大→阪神)◇五所川原農林:広島清美(日大→大和)◇呉港:野崎泰一(専大→阪神→東急→広島)◇高松:稲垣定雄(中大→琴平電鉄→毎日)◇高松商業:三好主(巨人)◇坂出商業:森田明義(阪神→四国鉄道管理局)◇山口商業:渡辺時信(朝日)◇市岡:片山公三(早大→日本生命)・中村次男(早大→日本生命)
◇志度商業:川畑博(巨人→四国鉄道管理局→丸亀南海興業→大映)◇鹿児島実業:長島甲子男(名古屋)◇鹿児島商業:増田敏(南海)◇若松:片山博(門司鉄道管理局→急映→大洋→広島)◇秋田:永井洋二郎(専大→巨人)◇秋田商業:渡辺敬蔵(阪神→大洋)◇小諸商業:渡辺静(朝日)◇松本商業:村瀬秀孝(西鉄)・溝上治一(東急→明治座)◇水戸工業:杉浦竜太郎(熊谷組→広島→大洋)・田所重蔵(広島→松竹)◇西南学院:薮田政則(西日本)
◇第一神港商業:山下甲子雄(横浜高商→川崎重工)◇滝川:別所毅彦(日大→南海→近畿→南海→巨人)・青田昇(巨人→阪急→巨人→洋松→大洋→阪急)・尾西信一(阪急→鐘紡高砂)・小林章良(朝日→パシフィック→鐘紡高砂→松竹→洋松→大洋→電電東北)・喜瀬正顕(パシフィック→今泉産業→福島日東紡)◇中京商業:粕谷由之(明大→新東宝→大洋)・川田信義(明大→新東宝)・杉江文二(大和→中日)◇忠海:石風呂良一(阪神)◇津:東口清美(星野組→毎日→近鉄)◇帝京商業:井股明(大和)・大島武(阪神→明電舎→永田製作所→大昭和製紙)・藤原鉄之助(名古屋産業→中部日本→中日→急映→巨人→広島)・須原武志(明大→産業)・大屋克己(巨人→札幌スターズ)◇唐津:原田晃(松山高商→杵島炭鉱→西鉄)・林茂(横浜高工→杵島炭鉱→西日本→松竹)◇島田商業:朝比奈三郎(大新京→永田製作所→大昭和製紙)・小長谷正一(大新京→永田製作所→中央工業→今泉産業→富久山日東紡→福島日東紡)・市川恒雄(大新京→永田製作所→今泉産業→富久山日東紡)・中村高治(大新京)◇東邦商業:安居玉一(阪神→大洋→国鉄→近鉄→大映)・前川正義(阪神)・尾崎律夫(大洋→今泉産業)◇日新商業:堀井数男(南海→近畿→南海)
◇飯塚商業:野口正明(名古屋)◇尾道商業:池田善蔵(慶大→太陽→金星→大映→阪急)◇浜松商業:松本平四郎(法大)◇平安:金田正泰(阪神)◇目白商業:勝田興(中大→コロムビア→国鉄)◇浪華商業:伊藤健一(大同製鋼→阪急)
県大会決勝戦横浜商業5-3神奈川商工
横浜商業 0 0 0 0 3 2 0 0 0 5
神奈川商工 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3
1941k.bmp 横浜商業が神奈川予選3連覇を達成。投手:小松原−宮崎。
出来事準決勝の神奈川商工−浅野戦は7回降雨コールドにより2-1で神奈川商工が勝利。7月12日、文部省次官通牒により南関東大会2次予選及び全国大会が中止される。全国大会中止を機に横浜商業−商工定期戦が始まる。
主な選手 ◇横浜商業:小松原博喜(大和→巨人→国鉄)・土屋大太郎◇神奈川商工:飯田四郎◇浅野:飯田徳治(東京鉄道管理局→南海→国鉄→産経監督→南海監督)


戻る