神奈川県勢・年度別戦績表(1947年)

1947年春 (参加無し)

対戦成績
甲子園決勝戦徳島商業3-1小倉中4回表、徳島商業が板東康介の安打と盗塁・敵失で1点を挙げるが、小倉のエース・福島の変化球に的を絞れず、9回まで1安打に抑えられる。5回裏、小倉が徳島商業の守備の乱れに乗じ1点を挙げ同点に追いつき、その後合計9安打を放つも徳島商業・蔵本に1点に抑えられ延長戦へ。延長に入り小倉が10回1死満塁、11回無死2塁のチャンスを得るが、ダブルプレーで無得点。逆に、延長13回表、徳島商業が2死満塁から板東康介のタイムリーが出て、決勝の2点を挙げる。投手:蔵本忠温(オール徳島)−福島一雄(早大→八幡製鉄→新日鉄光監督)。
《徳島商業の戦績》徳島商業11-6明石/徳島商業8-0熊本商業/徳島商業5-2享栄商業/徳島商業4-3桐生/徳島商業3-1小倉
出来事5年の中断を経て再開。出場26校。徳島商が昭和10年の初出場以来、出場5回目で初優勝。
主な選手 ◇下関商業:引地信之(全下関→大洋)・河村憲雄(龍谷大)◇岐阜商業:樽井清一(明大→東急→東映)・栗木孝幸(明大→毎日→トンボ→高橋→大映)◇旧高知城東:前田祐吉(慶大→サッポロビール)◇享栄商業:水野義一(早大→日本鋼管)・吉田勝弘(名古屋鉄道管理局)◇京都一商:北本重二(2年、太陽ロビンス→阪急→電電近畿)
◇桐生:常見忠◇熊本商業:原田孝一(阪急→セ・リーグ審判)◇慶応普通部:加藤雄司(慶大→日本石油)◇広島商業:長明慶治・萩本保(南海→広島)◇小倉:福島一雄(早大→八幡製鉄→新日鉄光監督)・原勝彦(明大→夕張炭鉱→小倉製鋼→近鉄)・宮崎康之(早大→八幡製鉄→早大監督→甲賀総合科学専門学校監督)◇松本商業:宮沢澄也(明大→東急→東映)◇津島:横井峯良(法大)◇田辺:南温平(海南日東紡→巨人→大洋→清峰伸銅→常磐炭礦)・寺本哲治(巨人)◇徳島商業:蔵本忠温(オール徳島)

1947年夏 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦小倉中6-3岐阜商業投手:福島一雄(早大→八幡製鉄→新日鉄光監督)−樽井清一(明大→東急→東映)。
《小倉の戦績》小倉9-3神戸一/小倉3-0桐生/小倉6-1志度商業/小倉5-1成田/小倉6-3岐阜商業
出来事会場は7年ぶり阪神甲子園球場に。優勝旗は初めて関門トンネルを越えて九州へ。参加校数1,000校を突破。
主な選手 ◇下関商業:引地信之(全下関→大洋)・河村憲雄(龍谷大)
◇岐阜商業:樽井清一(明大→東急→東映)・栗木孝幸(明大→毎日→トンボ→高橋→大映)◇桐生:常見忠◇小倉:福島一雄(早大→八幡製鉄→新日鉄光監督)・原勝彦(明大→夕張炭鉱→小倉製鋼→近鉄)・宮崎康之(早大→八幡製鉄→早大監督→甲賀総合科学専門学校監督)◇成田:石原照夫(立大→藤倉電線→東映)◇仙台二:二階堂正(立大→日本ビール)◇浪華商業:成瀬博文(熊谷組)・島田雄三(早大→大映→羽幌炭礦)
【夏の地方大会の主な選手】
◇愛知商業:星野武男(毎日)◇岡崎商業:本間鉄和(明大→大洋)◇加治木:入辺久男(大洋)◇関西:角南効永(広島→岡山鉄道管理局)
◇旧高知城東:前田祐吉(慶大→サッポロビール)◇享栄商業:水野義一(早大→日本鋼管)・吉田勝弘(名古屋鉄道管理局)◇京都一商:北本重二(2年、太陽ロビンス→阪急→電電近畿)◇熊本商業:原田孝一(阪急→セ・リーグ審判)◇郡山:森島成和(同大)◇慶応普通部:加藤雄司(慶大→日本石油)◇広島商業:長明慶治・萩本保(南海→広島)◇甲府:内藤博文(巨人→近鉄)◇高千穂:英謙次(日大→熊谷組→東映)◇今治:加藤卓(松山経専→トンボ)
◇三原:松野保(広島)◇修猷館:菅野武雄(明大→名古屋)◇洲本商業:別府昭三(大陽)◇小城:太田敏彦(巨人)◇松本商業:宮沢澄也(明大→東急→東映)◇新潟:鈴木実(全新潟→鐘渕化学→巨人)◇赤穂:塩崎正人(巨人)◇早稲田実業:榎本長四郎(熊谷組)◇滝実業:大脇照夫(名古屋鉄道管理局→国鉄)◇筑紫:簑原宏(南海)
◇津島:横井峯良(法大)◇田辺:南温平(海南日東紡→巨人→大洋→清峰伸銅→常磐炭礦)・寺本哲治(巨人)◇都島工業:栄屋悦男(近大→全鐘紡→阪神→広島)◇東葛飾:菅原道裕(明大→大映)◇同志社:東野真弓(阪神)◇徳山商業:小西正夫(広島)◇徳島商業:蔵本忠温(オール徳島)◇日彰館:渡辺信義(広島県庁→広島)◇日大三:小原孝次(熊谷組)◇日立:岡部宏(巨人)
◇半田商工:長谷川良平(新田建設→広島)◇彦根:丸岡武(阪神→日鉄二瀬)◇北予:黒川浩(松山商大→広島)◇名古屋商業:滝良彦(南山大→トヨタ→毎日→高橋→大映→大毎)◇門司商業:三瀬雅康(高橋)
南関東大会決勝戦成田7-0川崎
川崎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
成田 1 3 1 1 0 0 0 1 X 7
1947r1.bmp 1点をリードされた2回裏、無死満塁から成田・鈴木の右中間2塁打等で計3点を奪われる。投手:中井−石原照夫(立大→藤倉電線→東映)。
出来事決勝戦の最終回、川崎の攻撃で、3塁線の当たりについてファールか否か判定がもめ、怒った観衆が球場になだれ込むという混乱が起きる。会場は横浜新興球場。
その他の神奈川県勢:1回戦・湘南3-5成田。
県大会決勝戦川崎3-2湘南
湘南 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
川崎 0 0 0 0 0 1 0 0 2X 3
1947k.bmp 6回裏、川崎が中井の安打と今野の3塁打で1点を先制。湘南は9回表、盛の強襲安打とパスボールで2点を挙げ逆転に成功。9回裏、川崎は、2死から四球と悪送球で満塁となり、尾形が3塁線を破って2者が生還。劇的な逆転優勝を果たす。投手:佐々木・稲葉−中井。
出来事武相が初出場。参加校数が41校となり、7球場で地区予選を行う。代表を決定する一次予選は、大会直前に出来上がった横浜球場で開催される。南関東大会は地元開催であったため、決勝進出の川崎・湘南の2校が出場。
主な選手 ◇横浜商業:増田◇湘南:佐々木道也・盛勝海◇川崎:中井秀雄◇浅野:田中




戻る