神奈川県勢・年度別戦績表(1950年)

1950年春 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦韮山4-1高知商業韮山・東泉が高知商業を3安打1失点に抑え、センバツ史上東日本勢として初の優勝を飾る。投手:東泉東二(東急→日本石油)−吉井保年・広瀬誠次(四国銀行)
《韮山の戦績》韮山5-1兵庫工業/韮山6-5福岡八幡/韮山7-3北野/韮山4-1高知商業
出来事三度の逆転勝ち(兵庫工業、八幡、北野)で勝ち上がった韮山が下馬評を覆して戦後初の初出場優勝。ピッチングマシンが初お目見え。準々決勝、熊本工業−高知商業戦で熊本工業の柳沢が本塁打を放つも1塁を踏み忘れてアウトに。全国から一括選出していた補欠校制度を地区別選出に改正。電報、郵便サービスカーが甲子園初出場。
主な選手 ◇旧瑞陵:徳永喜久男(中日)◇旧長良:伊藤秀司(2年、立大→日鉱日立)◇桐生:後藤順治郎(東急→西鉄)・春木秀高(早大→いすゞ自動車)・外池邦三(日本鋼管)◇熊本工業:西野友晴(日大)・田中良憲(東洋レーヨン)・八浪知行(西鉄→大映→熊本工業監督)◇高知商業:広瀬誠次(四国銀行)・伊藤秀雄(高知商業監督)・吉井保年・山本幸三(阪急→四国鉄道管理局)・吉本勳(関西学院大)・山田史郎(馬淵建設)・小川英雄(阪急→四国鉄道管理局)◇市岡:岩村吉博(阪神)◇韮山:東泉東二(東急→日本石油)・野村源一郎(法大)◇萩北:椙本勝(松竹)◇彦根:中川和俊(毎日)
◇福岡八幡:渡辺雅人(法政大→三重交通)・石丸弘(住友金属)・松永怜一(法大→法政一監督→堀越監督→法大監督→住友金属監督)・森下正夫(南海土建→南海)・井上英俊(法大→コロムビア→巨人)◇兵庫工業:百々隆夫(中大→洋松→大映)◇北野:梅田明(慶大)・多湖隆司(慶大→全鐘紡)◇明治:大崎三男(明大→阪神→近鉄)・沖山光利(2年、明大→大洋)◇和歌山海南:中野隆夫(小倉製鋼→住友金属→高橋)

1950年夏 神奈川商工

出場回数19年ぶり3回目
主な選手(1)大沢啓二(2年、立大→南海→東京) (2)倉知七内 (3)犬塚恭平 (4)大石俊雄 (5)飯村芳美 (6)小出広 (7)小島安雄 (8)宇野清孝 (9)倉橋貞雄
対戦成績 1回戦14-3仙台一 1950n1.bmp
仙台一 1 0 1 0 0 0 0 0 0 3
神奈川商工 0 0 0 5 3 3 0 3 X 14
1回と3回に内野守備陣の混乱から1点ずつを奪われ、2点を先行される。4回裏、四球とエラーを足掛かりに、倉知・小島の3塁打などで一気に逆転。以降も仙台投手陣を打ちまくり圧勝する。相手投手:門沢・三品。
2回戦4-6宇都宮工業 1950n2.bmp
宇都宮工業 0 0 5 0 1 0 0 0 0 6
神奈川商工 2 0 0 2 0 0 0 0 0 4
小兵・宇都宮がスクイズプレーによるかき回し、巨漢・商工が長打攻撃で前半戦を終わって6-4と宇都宮がリード。以降、両投手とも立ち直るが、神奈川商工は相手投手・神田(大洋)を強振。13安打を放つものの決定打を欠いて敗戦。
《宇都宮工業のその後》準々決勝○16-0若狭/準決勝●0-5松山東
甲子園決勝戦松山東12-8鳴門松山東の捕手・宇野が決勝戦でも大当たり。松山東・池田が渦潮打線の鳴門に13安打・8点を奪われながらも、味方打線の援護で勝利を収める。投手:池田勉−栗橋博(1年、法大)
《松山東の戦績》松山東4-3長良/松山東7-0呉阿賀/松山東5-0宇都宮工業/松山東12-8鳴門
出来事この年、日本学生野球憲章が施行される。参加校は1,500校突破。松山東は戦後の四国勢として初の優勝を飾る。
主な選手 ◇宇都宮工業:神田昌男(大洋→洋松→大洋→日立製作所)・吉成武雄(大洋→洋松→大洋)◇旧松山東:宇野秀幸(法大→石川島重工業→日産自動車→スリーボンド)・篠崎治郎(明大→丸善石油)・土居国彦(明大→日本ビール)・森平和(全鐘紡)◇旧瑞陵:徳永喜久男(中日)◇旧長良:伊藤秀司(2年、立大→日鉱日立)◇済々黌:岡本健一郎(専大→阪急)・片山嘉視(専大→阪急)・岡本和弘(明大→日立製作所)・後藤誠一(八幡製鉄)
◇山城:吉田義男(立命館大→阪神)・山下新造(慶大→全鐘紡)・川本浩司(関西学院大→大映)◇小倉:重台昭彦(立大→日本石油)・香野泰彦(慶大)・畑間功(電通)◇松商学園:伊藤重晴(専大→全藤倉)・寺田富信(電通)・平林章治(大阪大丸)◇泉大津:堀川瑛(立大→東洋レーヨン)◇米子東:松原正夫(慶大→鐘淵化学)・浜田圭司(米子鉄道管理局)◇北海:塩谷辰哉(2年、早大→拓銀)◇明治:大崎三男(明大→阪神→近鉄)・沖山光利(2年、明大→大洋)◇明石:溝畑圭一郎(神戸製鋼)・西村俊(関大→日本生命)・国賀俊男(関西学院大→日本生命)◇鳴門:近藤義生(慶大→三菱重工神戸→全鐘紡)・大久保英男(2年、国鉄)・田淵良太郎(鐘淵化学)
県大会決勝戦県商工1−0希望ヶ丘 1950k.bmp
希望ヶ丘 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
神奈川商工 0 0 0 0 0 0 0 1 X 1
7回を終了し、両軍ともに1安打の息詰まる投手戦となる。8回裏、神奈川商工は倉橋が3塁ゴロエラーで出塁、2盗を成功させる。続く大石が三振の後、小島がセンター前にタイムリーを放ち、決勝点を挙げる。試合時間57分の最短記録試合。商工・大沢はカーブとドロップで、希望ヶ丘・斎藤は直球とドロップでそれぞれ力投し、県商工2安打・希望ヶ丘1安打の投手戦ととなる。投手:大沢啓二(立大→南海→東京)−斎藤修三。
出来事前年度全国制覇の湘南が2回戦2-6で開成に敗れる波乱。開成は準々決勝で厚木に3-4で敗れる。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]希望ヶ丘12-1厚木/県商工4-0慶応
[準々決勝]希望ヶ丘1-0浅野/慶応5-3法政二/県商工8-3川崎商業/厚木4-3逗子開成
主な選手 ◇神奈川商工:大沢啓二(2年、立大→南海→東京)・倉知七内・犬塚恭平・宇野清孝・倉橋貞雄・小出広・飯村芳美・大石俊雄・小島安雄◇横浜商業:林秀樹(法大→大映→日野ディーゼル)・鈴木◇鎌倉学園:枝村勉(早大→大映→大洋)・鈴木◇希望ヶ丘:斎藤修三・木村◇慶応:植田◇厚木:稲泉◇湘南:脇村春夫(東大→東洋紡)・佐々木信也(2年、慶大→高橋→大映→大毎)・根本功・平井勤(2年)◇逗子開成:菊地・小池・棟居進(巨人→広島)◇浅野:笹木・梶原




戻る