神奈川県勢・年度別戦績表(1951年)

1951年春 湘南

出場回数初出場
主な選手(1)衆樹資宏(2年、慶大→毎日→大毎→阪急→南海)、(2)平井勤、(3)原田靖男(東大)、(4)奥田清、(5)露木貞夫、(6)佐々木信也(慶大→高橋→大映→大毎)、(7)木村家治、(8)伊東洋、(9)加藤克治・恒川孝夫
対戦成績 1回戦0-1長崎西 1951h1.bmp
湘南 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
長崎西 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
同タイプの投手の投げ合いとなる。3回表、露木の内野安打と2四球で1死満塁のチャンスをつかむが、4番・平井以下が倒れ得点ならず。3回裏2死から長崎西・堀の安打と久保山の右越え3塁打で決勝の1点を奪われる。7回表には、2死3塁と攻めるが伊東が三振に倒れ得点なし。9回表にも1死2・3塁の絶好のチャンスを得るが、露木・原田が連続三振に終わる。衆樹が9三振を奪うが、打線が反撃機を逸する。相手投手:長崎西・美貴仁(早大→大和證券)。
《長崎西のその後》準々決勝○3-0中京商業/準決勝●3-4鳴門
甲子園決勝戦鳴門3-2鳴尾鳴門が0-2とリードされた9回裏、大久保の2塁打から秋山のヒット、相手のエラーで同点に追いつき、さらには相手投手・中田の3塁牽制が外れ、逆転サヨナラで勝利。鳴門・栗橋は、鳴尾打線に12安打を打たれるが、3回・8回の無死満塁を併殺網で無得点に抑え、優勝投手となる。投手:栗橋博(2年、法大)−中田昌宏(慶大→阪急)。
《鳴門の戦績》鳴門2-0八幡/鳴門6-4扇町商業/鳴門4-3長崎西/鳴門3-2鳴尾
出来事鳴門高校が2回戦から決勝まですべて逆転勝ち。”渦潮打線”の異名をとる。準優勝校の鳴尾の応援に阪神パークの子象が登場して、観客の度肝を抜いた。鳴尾・野武投手が対静岡城内戦でノーヒットノーラン。補欠校を選外優秀校と改める。
主な選手 ◇宇都宮工業:神田昌男(大洋→洋松→大洋→日立製作所)・吉成武雄(大洋→洋松→大洋)◇旧長良:伊藤秀司(立大→日鉱日立)◇旧八幡:大辻秀夫(国鉄)
◇熊本商業:高倉照幸(2年、西鉄→巨人→産経)◇新宮:杉本和喜代(2年、明大→日本鋼管)・橋本嘉七(富士鉄広畑)◇静岡城内:宗野徳太郎(立大→全藤倉)◇扇町商業:横山光次(阪神)◇中京商業:江崎照雄(日大→毎日→大毎→近鉄→中日)・田岡利久(大映)・鹿野鉱一(東海電通→大阪→愛知産業→清峰伸銅)◇長崎西:美貴仁(早大→大和證券)◇平安:清水宏員(毎日→清峰伸銅→積水化学)・上市明(大映→西鉄→日炭高松)・鎌谷貞男(明大→倉敷レーヨン)・藤森文人(法大→三重交通→帝産オート)・岡本義弘(立命館大)・清水道晴(立命館大)・小口菊男(立命館大)・北井博(電通)・山田憲造(電通)◇明治:沖山光利(明大→大洋)・松尾豊◇鳴尾:藤尾茂(2年、巨人)・中田昌宏(2年、慶大→阪急)・山田清三郎(近鉄)・野武貞治(法大→リッカー)◇鳴門:栗橋博(2年、法大)・日野美澄(2年、慶大→中日→大昭和製紙→日本コロムビア)・大久保英男(国鉄)・鈴江倬(四国鉄道管理局)◇湘南:衆樹資宏(2年、慶大→毎日→大毎→阪急→南海)・佐々木信也(慶大→高橋→大映→大毎)・平井勤・木村家治・伊東洋・露木貞夫・加藤克治・奥田清・恒川孝夫・原田靖男(東大)

1951年夏 希望ヶ丘

出場回数初出場
主な選手(1)長谷川大作 (2)三村昇 (3)杉山重光 (4)鈴木武春(東大) (5)須田慎一郎 (6)関本哲男 (7)内野雅史 (8)倉知八郎 (9)徳田智
対戦成績 1回戦2-5平安 1951n1.bmp
希望ヶ丘 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
平安 0 5 0 0 0 0 0 0 0 5
初回表、3番・内野が左翼席に大会第1号となる2ランを放ち、2点を先制する。2回裏、1死1・2塁から投ゴロで封殺を狙うが2塁手がエラー。さらに、平安の清水・鎌谷の連続安打とエラーで走者一掃となり一気に逆転を許す。以降、両投手の投手戦となるが、5安打に抑えられ戦況は動かず。相手投手:清水宏員(毎日→清峰伸銅→積水化学)
甲子園決勝戦平安7-4熊谷平安・清水が絶妙のカーブコントロールで完投勝利。投手:清水宏員(毎日→清峰伸銅→積水化学)−服部茂次(大洋→行田市役所)
《平安の戦績》平安5-2希望ヶ丘/平安1-0松商学園/平安2-1都島工業/平安4-3高松一/平安7-4熊谷
出来事平安高校が準決勝で中西太(西鉄)の高松一の猛反撃をしのぎ、清水宏員らの活躍により優勝。熊谷・服部茂次(大洋→行田市役所)が準決勝・和歌山商業戦でノーヒットノーランを達成。
主な選手 ◇芦屋:植村義信(2年、毎日→大毎)・石本健二郎(早大→住友金属)・杉谷和男(大映→篠崎倉庫)・木下誠三(関西学院大→鐘淵化学)◇岡山東:土井淳(明大→大洋)・秋山登(明大→大洋)・中田庄次郎(近鉄)・杉本恒夫(倉敷レーヨン)・大王丸誠(三井造船玉野)◇下関西:橋本順一(早大→日立製作所)◇桐生:毒島章一(東映)・中静唯八(西鉄)・園田勝也(早大→リッカー→富士重工)・黒柳勝至(駒大→東京電電)◇熊谷:服部茂次(大洋→行田市役所)◇高松一:中西太(西鉄)・荒井健(早大→近鉄)・植原毅(日大→リッカー→永幸工場)◇高知商業:井上忠臣(毎日)・弘瀬昌彦(土佐電気→阪神→広島→阪急)・広瀬誠次(四国銀行)・川田元士(四国銀行→倉敷レーヨン)◇小倉:福村澄雄(立大→八幡製鉄)・山本司(電通)・江崎富男(八幡製鉄)◇松商学園:吉沢岳男(名古屋中日→近鉄→中日)・小原一弥(駒大→明治座→電電信越)・平林直記(川崎重工業)
◇静岡城内:宗野徳太郎(立大→全藤倉)◇早稲田実業:小山弘(明大)・飯塚秀男(立大)◇大垣北:和田武彦(立大→名古屋)◇大分城崎:橋本基(日鉄二瀬→毎日)◇長崎西:美貴仁(早大→大和證券)◇福島商業:緑川守男(石川島重工)・佐藤芳雄(石川島重工)・吉井敬二(駒大)◇平安:清水宏員(毎日→清峰伸銅→積水化学)・上市明(大映→西鉄→日炭高松)・鎌谷貞男(明大→倉敷レーヨン)・藤森文人(法大→三重交通→帝産オート)・岡本義弘(立命館大)・清水道晴(立命館大)・小口菊男(立命館大)・北井博(電通)・山田憲造(電通)◇北海:塩谷辰哉(早大→拓銀)◇和歌山商業:西山和良(関大→大阪→阪神→東京)・高松文男(住友金属)
県大会決勝戦希望ヶ丘7-0鶴見 1951k.bmp
鶴見 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
希望ヶ丘 2 3 1 0 0 0 1 0 X 7
両チームとも準決勝を1点差で勝ち上がる(希望ヶ丘3−2浅野、鶴見7−6横須賀)。下田(旧姓:渡辺)理一監督率いる希望ヶ丘が、創部40数年で初の栄冠。投手:長谷川−石塚・上野。
出来事2回戦、県商工−逗子開成(延長13回、2−0で逗子開成)で商工・大沢啓二がボークを不満とし菅大一主審(立大OB)に暴力。1年間の対外試合禁止に。優勝候補の県商工が2回戦で逗子開成に、湘南が準々決勝で浅野に敗れる波乱。準決勝、鶴見−横須賀戦で鶴見(監督:遠山幸夫)が9回裏に6点差を逆転し7−6で横須賀を破る。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]希望ヶ丘3-2浅野/鶴見7-6横須賀
[準々決勝]横須賀4-2横浜商業/希望ヶ丘5-3県川崎工業/浅野6-4湘南/鶴見9-6逗子開成
主な選手 ◇希望ヶ丘:倉知八郎・長谷川大作・三村昇・徳田智・内野雅史・関本哲男・須田慎一郎・杉山重光・鈴木武春(東大)◇湘南:衆樹資宏(2年、慶大→毎日→大毎→阪急→南海)・佐々木信也(慶大→高橋→大映→大毎)・平井勤・木村家治・伊東洋・露木貞夫・加藤克治・奥田清・恒川孝夫・原田靖男(東大)◇県商工:大沢啓二(立大→南海→東京)◇逗子開成:宮崎一夫(コロムビア→毎日→高橋)◇浅野:八木◇日大:加藤太郎(阪急→東映)




戻る