神奈川県勢・年度別戦績表(1952年)

1952年春 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦静岡商2-0鳴門渦潮打線と静岡商業・田所投手との対戦。静岡商業が鳴門・栗橋博の2年連続優勝の夢を打ち砕く。投手:田所善次郎(国鉄)−栗橋博(法大)。
《静岡商業の戦績》静岡商業1-0函館西/静岡商業3-0平安/静岡商業2-0八尾/静岡商業2-0鳴門
出来事静岡商の田所善次郎(国鉄)が4試合全てを完封して優勝。中京商業・野口二郎(大洋)、岐阜商業・大島信雄(中日)に次ぐ3人目の記録。戦時中に解体された鉄傘に代わり、ジュラルミン製の「銀傘」が復活。1回戦、鹿児島商業−海南は日没引き分け再試合。実況放送に新日本放送(現毎日放送)が加わる。広島商業が昭和24年、編入により広島観音と名称変更して以来初出場。
主な選手 ◇芦屋:植村義信(毎日→大毎)・本屋敷錦吾(立大→阪急→阪神)・石本健二郎(早大→住友金属)・舛石瑞次(同大→電電近畿)・町田至(住友金属)◇下関商業:藤本健二(八幡製鉄光)・泰野譲二(八幡製鉄光)・豊田繁也(山口大→函館太洋クラブ)◇桐生工業:島津四郎(日大→熊谷組)・高野价司(立大→大映)◇時習館:内藤治雄(慶大→日鉱日立)◇松商学園:堀内庄(2年、巨人)・吉沢岳男(名古屋中日→近鉄→中日)・平沢悦雄(日立製作所)・堀内弘之(日立製作所)・牧羽優二郎(日立製作所)・百瀬寿彦(川崎重工業)◇静岡商業:田所善治郎(国鉄)・阿井利治(2年、国鉄)・望月教治(専大→熊谷組→専大監督→浜田産業→金指造船所)・横山昌弘(明大→大昭和製紙→中日)・鈴木基之(立大→八王子工監督→鷺宮製作所)・橋本喜史(法大)◇長崎商業:河津憲一(阪神→東映→南海)・太田正男(西鉄→大映→大毎)◇日大三:若杉輝明(近鉄)・大沢彰太郎(法大)・高橋彪(日本鋼管)◇函館西:橋本力(毎日)
◇八尾:木村保(早大→南海)・元橋一登(早大→川崎重工)・清水宏美(早大→電電近畿)・西井福男(川崎重工)・法元英明(関大中退→中日)◇平安:池戸弘昌(立大→松下電器)・畑谷清司(大映)・上田恵一(日大→電電近畿)・増子次雄(日大)・大西実(日大)・井上孝(電通)◇北野:山口欣二(早大→住友金属)◇鳴尾:藤尾茂(巨人)・中田昌宏(慶大→阪急)◇鳴門:栗橋博(法大)・日野美澄(慶大→中日→大昭和製紙→日本コロムビア)◇和歌山海南:東実(立大→南海)

1952年夏 法政二高

出場回数初出場
主な選手(1)中谷徳三(高崎理研) (2)石川時雄 (3)中村忠男(川崎トキコ→広島) (4)小坂佳隆(2年、法大→広島) (5)小幡雅俊 (6)櫛谷微義(日本コロムビア) (7)大石光麿(法政二監督) (8)斎田忠利(法大→大映→近鉄→パ・リーグ審判員) (9)小栗武
対戦成績 1回戦0-1新宮 1952n1.bmp
新宮 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
法政二 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
6回、新宮・岡田が左中間3塁打、山県四球で1・3塁のピンチ。捕手・石川が3塁牽制を悪投し、3走が本塁を突くが、レフト小栗の好返球でアウト。この間1走が3進し、新宮・畑下がスクイズを試みるが失敗。しかし、捕手・石川がこれを逸し唯一の失点となる。相手投手:杉本。
《新宮のその後》2回戦●0-2芦屋
甲子園決勝戦芦屋4-1八尾芦屋の豪腕・植村が、八尾に9安打を打たれながらも打線の援護により優勝投手となる。投手:植村義信(毎日→大毎)−木村保(早大→南海)
《芦屋の戦績》芦屋12-1山形南/芦屋2-0新宮/芦屋2-0柳井商工/芦屋3-0成田/芦屋4-1八尾
出来事守備位置を表す背番号を初採用。2回戦以後は回戦ごとに改めて抽選,相手校を決める。民間放送初のラジオ実況開始。
主な選手 ◇愛知:木下喜博(愛知学院大→電電東海)・大橋一郎(国鉄→天王寺鉄道管理局)・岡部博(愛知学院大→電電東海)◇芦屋:植村義信(毎日→大毎)・本屋敷錦吾(立大→阪急→阪神)・舛石瑞次(同大→電電近畿)・町田至(住友金属)・石本健二郎(早大→住友金属)◇境:拝藤宣雄(立大→広島)・渡辺邦彦(米子鉄道管理局)・木下睦(米子鉄道管理局)◇山形南:山下恵三(日大→電電東北)
◇松山商業:佐野洋右(大映)・篠崎治郎(明大→丸善石油)◇松商学園:堀内庄(2年、巨人)・吉沢岳男(名古屋中日→近鉄→中日)・平沢悦雄(日立製作所)・堀内弘之(日立製作所)・牧羽優二郎(日立製作所)・百瀬寿彦(川崎重工業)◇新宮:杉本和喜代(明大→日本鋼管)・川崎啓之助(明大中退→中日→愛知マツダ)◇水戸商業:豊田泰光(西鉄→国鉄)・加倉井実(巨人→近鉄)・根本弘(富士重工→大昭和製紙)・高畑正盛(富士重工)・鈴木正良(富士重工)・村井利安(明大→電電東京)◇成田:穴沢健一(明大→大昭和製紙)・高橋正雄(毎日)◇盛岡商業:千葉司郎(日立製作所)・松岡義昌(富士鉄釜石)◇長崎商業:河津憲一(阪神→東映→南海)・太田正男(西鉄→大映→大毎)◇都留:矢頭高雄(立大→大映→大毎→東京)・小俣篤美(立大→日本通運)◇日大三:若杉輝明(近鉄)・大沢彰太郎(法大)・高橋彪(日本鋼管)◇函館西:橋本力(毎日)
◇八尾:木村保(早大→南海)・法元英明(関大中退→中日)・元橋一登(早大→川崎重工)・西井福男(川崎重工)・清水宏美(早大→電電近畿)◇鳴門:栗橋博(法大)・日野美澄(慶大→中日→大昭和製紙→日本コロムビア)◇柳井商工:森永勝治(専大→熊谷組→広島→巨人)
県大会決勝戦法政二8-0湘南 1952k.bmp
湘南 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
法政二 0 3 5 0 0 0 0 0 X 8
湘南の守備が法政二のバント攻撃によりかき回される。湘南は立ち上がりに法政・中谷を攻めるがチグハグな攻撃で無得点に終わる。超高校級投手・衆樹資宏を擁する湘南を降し、田丸野球の法政二高が甲子園に初陣。投手:中谷徳三(高崎理研)−衆樹資宏(慶大→毎日→大毎→阪急→南海)。
出来事3回戦、横須賀−関東学院は延長17回の末、横須賀が4-2で関東を振り切る。準決勝で川崎工業が湘南の好投手・衆樹資宏に12安打を浴びせる健闘。準決勝、法政二−横須賀戦は、延長12回、横須賀3塁手の本塁悪送球により法政二がサヨナラ勝ち。法政二・甲子園初出場。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]湘南11-4県川崎工業/法政二4-2横須賀
[準々決勝]横須賀6-3希望ヶ丘/県川崎工業2-1浅野/湘南3-2平沼/法政二4-0慶応
主な選手 ◇法政二:中谷徳三(高崎理研)・小坂佳隆(2年、法大→広島)・中村忠男(川崎トキコ→広島)・斎田忠利(法大→大映→近鉄→パ・リーグ審判員)・大石光麿(法政二監督)・小幡雅俊・櫛谷微義(日本コロムビア)・小栗武・根岸照昌(法大→日本コロムビア)・石川時雄◇横須賀:高橋◇横浜商業:渡辺照◇希望ヶ丘:望月◇慶応:川本良樹(2年)◇三浦:山田◇湘南:衆樹資宏(慶大→毎日→大毎→阪急→南海)◇川崎工業:古島◇浅野:加藤◇平沼:井出忠雄(中大→東映)




戻る