神奈川県勢・年度別戦績表(1953年)

1953年春 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦洲本4-0浪華商業洲本が初回表に速攻で2点を先制。途中、2回裏に激しい雨のため45分間試合が中断される。洲本・北口が浪華商業を4安打に抑え、この大会3つめの完投勝利。投手:北口勝啓(明電舎)−中下悟(法大→日本石油)
《洲本の戦績》洲本2-0中京商業/洲本1-0時習館/洲本5-1小倉/洲本4-0浪華商業
出来事洲本・北口勝啓(明電舎)、快腕冴えて淡路島に初の優勝をもたらす。開会式で文部大臣が初めての始球式。洲本は秋季練習の一週間を入場行進にあてる。ポジションを表す背番号が復活。
主な選手 ◇金沢桜丘:大根晃(阪神→天王寺鉄道管理局→鐘淵化学)◇御所実業:田原康行(阪急)◇済々黌:古葉毅(2年、専大中退→日鉄二瀬→広島→南海)・飽本唯徳(阪急)・山本勘介(阪急→鹿児島トヨタ→電電九州)・荒金正道(芝浦工大→鷺宮製作所)◇市岡:原田享(関大→中日)・中西勝己(関大中退→毎日→大毎→東京)◇洲本:北口勝啓(明電舎)・加藤昌利(近鉄→パ・リーグ審判)・久下本誠吾(立命館大→洲本実業監督)◇小倉:有町昌昭(毎日→八幡製鉄)・加藤久忠(慶大→八幡製鉄)・川上英俊(学習院大→帝国石油秋田)◇早稲田実業:斎藤精宏(早大→西鉄)・佃明忠(毎日→近鉄)・田中淳二(高橋→リッカー)・小出敏造(明大→帝国石油)・山下敬一(法大→日本石油)・村野力男(中大)・斉藤実(東京鉄道管理局)
◇中京商業:中山俊丈(2年、中日)・加藤克巳(2年、巨人)・小林勇二(阪急→清峰伸銅)・石川狷一(中日)・山口雄英(大阪→愛知産業→清峰伸銅)・竹内鉄男(法大)・杉浦弘(中京大→三重交通)◇銚子商業:原精次(日立製作所→大映)・小林将浩(明大)・名島慶三郎(日立製作所)・山口二郎(日本ビール)・浜田順造(日本ビール)・石毛孝三(東洋高圧北海道)・佐藤強二(日本ビール)◇土佐:永野元玄(慶大→住友金属)◇彦根東:中川隆(毎日→大毎)◇浜松北:久保英章(横浜市大→日立製作所)◇伏見:岡嶋博治(立命館大→中日→阪急→産経→東映)・太田武(南海)◇平安:近藤和彦(明大→大洋→近鉄)・浅井精(立大→丸善石油)・日下部明男(明大→日本通運)・前川猪四男(日大→大和証券)・森瑞夫(法大→日本軽金属)・野口淳輔(関大→日本新薬)・林勢二(立命館大)・梅原喜久三(京都大丸)・金子義明(京都大丸)◇北海:田原藤太郎(中日)◇柳井:戸川一郎(南海→東映)◇浪華商業:後藤正美(早大→明電舎→阪神)・中下悟(法大→日本石油)・西崎藤四郎(関大→小西酒造)・中辻隆司(専大→不二越鋼材→雪印東冷)・坂下悦治(法大)・金光秀憲(関西学院大→大洋)

1953年夏 慶応

出場回数初出場
主な選手(1)川本良樹、(2)黒松俊一郎、(3)山田彰一、(4)五十嵐清、(5)保田忠昭(慶大→東洋レーヨン)、(6)薄好男、(7) 味野和保弘、(8)芝端雅雄(慶大→日本石油)、(9)森清造
対戦成績 1回戦2-0北海 1953n1.bmp
北海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
慶応 0 0 0 0 1 1 0 0 X 2
4回まで慶応打線は、剛球投手・田原にパーフェクトに抑えられる。5回裏、先頭打者・山田の内野フライを捕手が落球し、2塁を陥れる。続く芝端が送りバントで1死3塁となった後、五十嵐がスクイズを決め1点を先制する。6回にもショートゴロエラーで出塁した薄が2盗。さらに3盗を試みた際、相手捕手・小野田の投球が大きくそれ、2点目を挙げる。8回表、北海・有田が安打を放ち、両軍合わせても唯一の安打となる。慶応が無安打に抑えられながら勝利するという珍記録となり、両軍最小安打記録となる。相手投手:田原藤太郎(中日)。
2回戦1-4中京商業 1953n2.bmp
中京商業 0 0 0 3 0 0 0 0 1 4
慶応 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
3回裏、黒松のタイムリー2塁打で1点を先制するが、以降、川本が中京打線に打ち込まれ、善戦むなしく強豪中京に敗れる。相手投手:中山俊丈(2年、中日)。
《中京商業のその後》準々決勝○2-0宇都宮工業/準決勝●0-6土佐
甲子園決勝戦松山商3-2土佐1950年の鳴門−松山東に続く四国対決となる。松山商業・空谷は初回裏に3四球で無死満塁とされ、犠牲フライとスクイズで2点を奪われる。8回表、松山商業が相手のエラーが絡み1点を返す。9回表、松山商業が2死から1塁強襲安打と左前安打で2死1・2塁とした後、空谷の中前ポテンヒットで同点に追いつく。延長13回表、松山商業は死球の走者を置いて菅原が左中間2塁打を放ち決勝の1点を挙げる。投手:空谷泰(後に児玉、中日→近鉄)−山本順三。
《松山商業の戦績》松山商業2-0秋田/松山商業4-0御所実業/松山商業2-0明治/松山商業3-2土佐
出来事松山商業・空谷(後に本姓の児玉に)の争奪戦が、入札制度となって世間を騒がせる。土佐高校が、緒戦の金沢泉丘戦で1試合13盗塁の大会記録。全力疾走の土佐高校が「優勝旗のない優勝校」と称えられる。決勝戦での優勝旗の準備が選手に動揺を与えるとされ、この大会以降、試合終了まで優勝旗の準備が控えられるようになる。中京商業の甲子園連勝記録が22でストップ。NHKテレビが初実況中継。滋賀県から八日市が初代表となる。
主な選手 ◇芦屋:本屋敷錦吾(立大→阪急→阪神)・湯本二郎(関大→倉敷レーヨン)・土河次郎(慶大→日本通運)・西川栄一(神戸大→住友金属)・樫田雅亮(立大→日本通運)・古田昭夫(関大→日本新薬)・柴田中城(日大→大和証券)◇宇都宮工業:関口仲(日本コロムビア)・金井敏(石川島重工)・山上弥一(東京ガス)・大山林(日本ビール)◇下関東:久保正彦(阪急→小西酒造)◇御所実業:田原康行(阪急)◇松山商業:児玉泰(中日→近鉄)・千葉英二(中日)・小川滋夫(中日)・菅野寿彦(中日)・菅原久(慶大→丸善石油)・吉岡照夫(松下電器)◇松商学園:堀内庄(巨人)・木次文夫(2年、早大→巨人→国鉄)・中村修一郎(日鉱日立→国鉄)・中柴栄一(駒大→不二越鋼材)◇静岡商業:阿井利治(国鉄)・望月教治(専大→熊谷組→専大監督→浜田産業→金指造船所)・西村省次(法大→三重交通)・松田孝(京都大丸)◇中京商業:中山俊丈(2年、中日)・加藤克巳(2年、巨人)・小林勇二(阪急→清峰伸銅)・石川狷一(中日)・山口雄英(大阪→愛知産業→清峰伸銅)・竹内鉄男(法大)・杉浦弘(中京大→三重交通)◇鳥取西:益田貢(早大→大洋)・音田篤良(関大→丸善石油)・森田浩至(松下電器)◇土佐:永野元玄(慶大→住友金属)
◇東筑:仰木彬(西鉄)・喰田孝一(杵島炭鉱→日炭高松→東筑監督)・青柳晃(ブリジストン)◇白石:大沼清(国鉄)◇北海:田原藤太郎(中日)◇明治:浮貝文夫(明大→日本通運)・石田雅亮(国鉄)◇浪華商業:後藤正美(早大→明電舎→阪神)・中下悟(法大→日本石油)・西崎藤四郎(関大→小西酒造)・中辻隆司(専大→不二越鋼材→雪印東冷)・坂下悦治(法大)・金光秀憲(関西学院大→大洋)
県大会決勝戦慶応8-4法政二 1953k.bmp
法政二 1 1 0 0 0 0 0 0 2 4
慶応 0 2 0 1 0 0 2 3 X 8
法政が序盤リードするが、早くも2回裏に投手が乱れ、同点に追いつかれる。慶応・黒松の頭脳的なリードと川本の丁寧な投球で、慶応が本県に移転後、初優勝を飾る。投手:川本−斎藤・宗像。
出来事日大、藤沢、相洋、関東学院など新勢力が活躍。準々決勝の法政二−平塚戦は、法政二が23安打を放ち17-7で圧勝。1回戦、横須賀− 市横須賀工業戦で横須賀・高橋投手が17個の三振を奪う。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]慶応10-1日大/法政二6-2浅野
[準々決勝]慶応6-5藤嶺藤沢/浅野6-3関東学院/日大3-1県川崎工業/法政二17-7平塚工業
主な選手 ◇慶応:川本良樹・黒松俊一郎・保田忠昭(慶大→東洋レーヨン)・芝端雅雄(慶大→日本石油)・味野和保弘・薄好男・山田彰一・五十嵐清・森清造◇浦賀:戸辺孝康(毎日)◇横浜商業:石田宏(横浜市大→日野ディーゼル)◇鎌倉学園:今井康夫(青学大→東映)◇関東学院:岡田◇県横須賀工業:秋本祐作(京都大丸→阪急→広島→巨人)◇浅野:加藤◇日大:斎田斉(東映)◇法政二:小坂佳隆(法大→広島)・中村忠男(川崎トキコ→広島)・櫛谷微義(日本コロムビア)・中谷徳三(高崎理研)




戻る