神奈川県勢・年度別戦績表(1957年)

1957年春 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦早実5-3高知商業早稲田実業・王が大会中に左中指の爪を割り、血染めのピッチング。初回表2死から早稲田実業が内山の三遊間安打と4番・王の左越2塁打、さらに柿崎の中前タイムリーで2点を先制する。2回表にも早稲田実業が森田の四球から細田・堀江の連打で1点を追加。さらに5回表にも飯田のタイムリー等で2点を追加し、5-0とリードする。高知商業は6回に先発・小松が降板し、小松へリリーフ。小松が踏ん張り、迎えた8回裏、高知商業が先頭打者・刈谷の安打を足掛かりに2死満塁とし、連続安打で3点を返すが反撃もここまで。高知商業の小松も指のマメを潰していたことから、血染めの決戦と称される。投手:王貞治(2年、巨人)−小松俊広(巨人)・上島。
《早稲田実業の戦績》早稲田実業1-0寝屋川/早稲田実業4-0柳井/早稲田実業6-0久留米商業/早稲田実業5-3高知商業
出来事早稲田実業の2年生エース・王貞治(巨人)が初戦の寝屋川戦で1安打完封勝利。王−田村のバッテリーの活躍により選抜大会で初めて大旗が箱根越え。岐阜商業・清沢忠彦が対津島商業戦でノーヒットノーランを達成。個人賞が廃止となる。
主な選手 ◇愛知商業:横地由松(中日→阪神)◇育英:永井進(阪急)・戸梶正夫(阪神→東京)◇久留米商業:手嶋征男(法大→日産自動車)・淡河弘(東洋高圧大牟田→巨人)
◇興国商業:西脇興司(大阪経済大→西鉄)・真山永晟(近大)・井上照志(天王寺鉄道管理局→丸井)・宮城敏雄(近大→山陽特殊製鋼)・春木延幸(関大)◇県岐阜商業:清沢忠彦(慶大→住友金属)・吉田好成(早大→三協精機→岐阜市議)・林孝成(立大→明治生命)・恩田祐男(三菱重工名古屋)◇高松商業:岡村浩二(2年、立大→阪急→東映)・石川陽造(2年、立大→東映)・立石朝晃(立大→日本石油)・尾崎光宏(関大)・松野正(百十四銀行)◇高知商業:小松俊広(巨人)・坂本宏一(大洋)・尾崎靖夫(2年、大洋)・倉内顕(西鉄)・西村安久(明大)◇小倉:大賀政勝(大毎→門司鉄道管理局)・中山隆之(慶大→神戸製鋼)・堤水流弘(早大)・中島和芳(法大)◇寝屋川:平岡恵一郎(丸善石油)◇新宮:徳武定之(国鉄)・米川清二(大毎)・後藤忠弘(近大→近鉄)・天野川捨雄(近大→大和証券)・田淵忠弘(明電舎)・福田奈良造(近大→全鷺宮製作所)◇倉敷工業:室山皓之助(法大→阪神)◇早稲田実業:王貞治(2年、巨人)・相沢邦昭(東映)・堀江康亘(早大)・内山巌・柿崎弘一・荒川富男(早大→拓殖銀行)・五十嵐博久(青学大→明治生命)・吉田久樹(早大)・森田重彦(日本鉱業日立)◇東北:佐藤好夫(西鉄→河合楽器)・三浦雄吉(日立製作所→電電東北)・村井一男(仙台鉄道管理局)
◇苫小牧東:桝川順司・鳥越忠行(苫小牧市長)◇敦賀:泉邦雄(2年、駒大)◇八幡商業:虎若政美◇柳井:遠井吾郎(阪神)・友蔵克彦(2年)

1957年夏 法政二高

出場回数2年ぶり3回目
主な選手(1)延藤謙吉(三重交通)・青木武文(2年、駒大) (2)中村富士男 (3)野口真次 (4)小川博(法大→阪急) (5)河東真(法大→巨人) (6)二宮博 (7)中山歳夫(日本石油) (8)藤田芳雄 (9)吉田純(2年、法大→日産自動車)
対戦成績 2回戦3-0清水東 1957n1.bmp
法政二 1 0 0 0 2 0 0 0 0 3
清水東 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
相手投手・川島正孝。
準々決勝2-1早実 1957n2.bmp
早稲田実業 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
法政二 0 0 2 0 0 0 0 0 X 2
王貞治(巨人)を擁する選抜優勝校・早実を3安打に封じる。
準決勝3-1大宮 1957n3.bmp
大宮 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
法政二 3 0 0 0 0 0 0 0 X 3
相手投手・高野。
決 勝1-3広島商業 1957n4.bmp
法政二 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
広島商業 0 0 3 0 0 0 0 0 X 3
3回裏、広島商業・佐々木にタイムリー3塁打を打たれ、1点を先制される。さらに連続四球で満塁となった後、相手投手・曽根に右翼線タイムリーを打たれ、この回3点を失う。相手投手・曽根弘信(慶大→東芝)。
甲子園決勝戦広島商3-1法政二高広島商業が27年ぶり4回目の優勝。投手:曽根弘信(慶大→東芝)−延藤、青木
《広島商業の戦績》広島商業5-4育英/広島商業5-0上田松尾/広島商業6-3戸畑/広島商業3-1法政二
出来事田丸監督が率いる法政二高が甲子園で予想外の準優勝。校旗掲揚・校歌演奏を開始。県岐阜商業・清沢忠彦(慶大→住友金属)が津島商工戦で、早稲田実業・王貞治(巨人)が2回戦で春に続き寝屋川と対戦。延長11回を投げ抜きノーヒットノーランを達成する。
主な選手 ◇育英:永井進(阪急)・戸梶正夫(阪神→東京)◇宮崎大宮:長田裕之(近鉄→阪急)◇県岐阜商業:清沢忠彦(慶大→住友金属)・吉田好成(早大→三協精機→岐阜市議)・林孝成(立大→明治生命)・恩田祐男(三菱重工名古屋)◇戸畑:清水健二郎(八幡製鉄八幡→八幡製鉄光)・鈴木勝夫(早大→東芝)・田中博樹(阪神→門司鉄道管理局)・白水成俊(東洋高圧大牟田)・清水亮二郎(八幡製鉄)◇広島商業:曽根弘信(慶大→東芝)・佐々木明三(神奈川大→日立製作所)・益井勝彦(法大→三重交通)・迫田穆彦(広島商監督→如水館監督)・河野聖四郎(法大→いすゞ自動車)・伊佐貞彦(神奈川大)・南波正三(日本生命)◇高知:松並和視(阪急→西鉄)・渡辺紀夫(高知県交通)・井上重貞(高知相互銀行)・久保哲夫(高知相互銀行)
◇黒沢尻工業:小野寺登紀治(王子製紙苫小牧)◇坂出商業:安藤元博(早大→東映→巨人)・山本正一(三菱重工神戸)◇松江商業:勝部幹生(松下電器)・中林弘夫(松下電器)◇上田松尾:神津進・倉島今朝徳(明大→国鉄)◇寝屋川:平岡恵一郎(丸善石油)◇清水東:漆畑勝久(2年、明大→広島)・川島正孝・鈴木悳夫(2年、早大→東映)◇早稲田実業:王貞治(2年、巨人)・相沢邦昭(東映)・堀江康亘(早大)・内山巌・柿崎弘一・荒川富男(早大→拓殖銀行)・五十嵐博久(青学大→明治生命)・吉田久樹(早大)・森田重彦(日本鉱業日立)◇大宮:高野正男・亀田信夫(国鉄)・渡辺稔(2年、国鉄)・岸輝男(近鉄)◇土浦一:安藤統男(慶大→阪神)◇平安:赤田清洋(明大→ダイハツ自動車)・大溪弘文(明大)・明石正忠(法大)・大崎賢雄(法大)・成海陸(同大)
◇和歌山商業:宮地昭雄(住友金属)・筒井修(日本ビール)
県大会決勝戦法政二2-0商工 1957k.bmp
法政二 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
県商工 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
投手戦となり0-0のまま9回へ。投手:延藤、青木−鈴木博
出来事多摩−秦野戦で、多摩・山岡校長が外野ノック。1回戦、平沼−吉田島戦で、平沼・戸塚道雄投手がノーヒットノーランを達成。準々決勝の法政二−平沼戦は22-0の大差で法政二の勝ち。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]県商工10-7関東学院/法政二7-1県川崎工業
[準々決勝]関東学院5-3桜丘/県商工6-1浅野/県川崎工業4-2鎌倉学園/法政二22-0平沼
主な選手 ◇法政二:延藤謙吉(三重交通)・中村富士男・野口真次・小川博(法大→阪急)・河東真(法大→巨人)・二宮博・中山歳夫(日本石油)・藤田芳雄・吉田純(2年、法大→日産自動車)・宮原四郎(法大→拓殖銀行)◇鎌倉:奥佳◇鎌倉学園:高橋孝明(いすゞ自動車→阪神)・坂巻豊(法大→国鉄)・斉藤(いすゞ自動車)◇関東学院:中川(2年)◇慶応:小島誠司(慶大→住友金属)・岡田孝雄(慶大→日本通運)◇川崎工業:川鍋◇多摩:須崎正明(電電信越→近鉄→産経)◇日大:宮上◇日大藤沢:晴枝幸一(日本鋼管)◇平沼:戸塚道雄




戻る