神奈川県勢・年度別戦績表(1963年)

1963年春 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦下関商10-0北海北海高校が北海道勢として初めての決勝進出。下関商業が3回裏、加治のピッチャー強襲、坂本のバント安打、清田・西村の長短打で一挙に4点を挙げ、4回にも4点を追加する。投手:池永正明(2年、西鉄)−吉沢勝(巨人)・城内
《下関商業の戦績》下関商業5-0明星/下関商業3-2和歌山海南/下関商業3-2御所工業/下関商業4-1市立神港/下関商業10-0北海
出来事優勝旗が新調される。下関商業・池永の剛球により全国を制する。2回戦・下関商業−和歌山海南戦は延長16回の末、3-2で下関商業が勝利。準決勝の北海−早稲田実業戦は9回裏2死から北海が吉沢のランニングホームランで逆転サヨナラ勝ち。この試合、北海の谷木が1試合5盗塁の大会記録を達成する。PL学園・戸田善紀(阪急→中日)が首里高校戦で21奪三振の大会記録。この年の2月27日、全国高等学校野球連盟が新たに財団法人日本高等学校野球連盟として設立される。
主な選手 ◇PL学園:中塚政幸(中大→大洋)・戸田善紀(阪急→中日)・坪井新三郎(富士鉄名古屋→中日→太平洋)・愛甲徹(東京)・壁矢慶一郎(岩崎電気→電気化学)◇宇都宮商業:滝田浩(電電関東)・根岸繁男(法大→三協精機)◇岡山東商業:林田真人(早大→クラレ岡山)◇下関商業:池永正明(2年、西鉄)・秋田健二(2年)・清田幸男(国学院大→電電中国)・佐野芳徳(明大)・西村毅(法大)
◇丸亀商業:池田修(東洋大→電電関東)◇享栄商業:今村信彦(西濃運輸)・伊藤鉦三(日本通運)◇呉港:山下馨(日鉱日立)・時光一正(電電中国)・松浦敬治(専大→クラレ岡山)・北和明(日鉱日立)◇御所工業:東田正義(三重交通→西鉄→日ハム→阪神)・山田智千(日立製作所)・元田昌義(南海)・藤村茂喜(クラレ)・小平恵一(近大→奈良工業監督)◇高松商業:為藤勝太郎(明大)・松村周治(大昭和製紙北海道)・森下富弘(四国電力)・提本肇(立命館大→電電近畿)◇市立神港:宮本幸信(中大→阪急→広島→日ハム→大洋)・吉田孝司(巨人)◇首里:又吉◇上尾:山崎裕之(東京→西武)◇清水商業:岩崎正己(金指造船所)・望月豊次(金指造船所)◇早稲田実業:新藤克己・沢田嘉之(法大→富士重工)・井波忠也(中大→林建設)・今井英夫(早大)・下村孝(早大)・新宮正慶(早大)・渡辺暢(早大)・神宮堂夫(法大)
◇東邦:嵐和彦(愛知大→熊谷組)・牧野健三(愛知大→熊谷組)・滝本英夫(愛知大→名古屋日産)◇南部:坂口和司(南海)・片原央人(明大→三協精機)◇日大一:石井久至(日大→松下電器)・田辺弘(日大→リッカー)・長島進(法大)・彦田明治(法大)・小林正之(2年、千葉商大→広島→千葉商大監督)◇博多工業:少弐克也(電電九州)◇富山商業:丸山隆男(巨人)・笹野龍夫(住友金属)・梅沢卓爾(電電富山)◇北海:谷木恭平(立大→新日鉄室蘭→中日)・吉沢秀和(巨人)・松谷英司(東映)◇明星:和田徹(阪神→南海)・堀川浩伸(法大)・矢野光信(早大)・木下美智雄(早大→日本鋼管)・松村文彦(明大)◇和歌山海南:山下慶徳(2年、河合楽器→ヤクルト→南海→ヤクルト)

1963年夏 横浜高校

出場回数初出場
主な選手(1)井上健二(東映→巨人)・平岡一郎(2年、大洋→ロッテ→大洋→広島)・石井満(日本石油)  (2)寺崎祥男・山口正嗣 (3)柳田哲男 (4)佐野勝稔(駒大→河合楽器→近鉄) (5)大村秀夫・間宮晴夫 (6)岩崎勝彦 (7)三浦義弘・灰山公章 (8)森清治(日産自動車) (9)秋田寿一
対戦成績 2回戦3-1若狭
横浜 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
若狭 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
1963n1.bmp 初回の横浜は2四球とバントで1死2・3塁のチャンスをつかむが井上のスクイズが1塁フライとなり併殺でチャンスを逃す。その後投手戦となるが、7回表、横浜が佐野・柳田の安打とダブルスチールでチャンスを広げ、寺崎・三浦の連続タイムリーで計3点を先取する。9回裏2死から若狭が3連続安打で1点を返すが、井上の力投で逃げ切る。投手:井上−山本。
3回戦3-2中京商業
横浜 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3
中京商業 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
1963n2.bmp 0-1とリードされた6回表、岩崎が右中間へ3塁打の後、森がスクイズを成功させ同点に追いつく。7回裏には好投の井上が乱れ、2四球と2安打で再び勝ち越されるが、2番手・平岡が後続を断つ。1-2とリードされた9回表、井上の右中間3塁打と柳田のライト前タイムリーで同点。なおも寺崎が安打でつなげ、2死後、秋田がセンター前に勝ち越しタイムリーを放ち、土壇場で逆転に成功。相手投手・三輪田勝利(早大→大昭和製紙→阪急)。
準々決勝2-1高田商(延長10回)
高田商業 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
横浜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 2
1963n3.bmp 1回裏、先頭の岩崎がレフト前安打を放ち、続く森もセンターオーバーの2塁打を放つが、好返球により岩崎は本塁で憤死。その間3塁へ進んだ森が佐野のスクイズで生還し、貴重な先制点を挙げる。3回表、高田商業・中川の左越え2塁打からバント、スクイズ1点を返され同点とされる。1-1のまま迎えた延長10回裏、寺崎が死球で出塁。寺崎が盗塁を決め得点圏に進んだところで、中京戦のヒーロー・秋田がレフト線にサヨナラ打を放つ。相手投手:中川。
準決勝0-5明星
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
明星 1 2 0 0 1 1 0 0 X 5
1963n4.bmp 1回裏、井上が連投の疲れから明星の片山・中村に連打され1点を失い、平岡に救援を仰ぐ。代わった平岡も2回裏に打ち込まれ、2点を失い、以降5回・6回に追加点を許す。横浜打線は、散発の4安打。相手投手:堀川浩伸(法大)。
甲子園決勝戦明星2-1下関商業 明星が初回表、片山のバント安打と下関内野陣の乱れで2点を先制する。6回裏、下関が池永・綿部の連打で1点を返すが、明星がリリーフ・角田を投入し、後続を断つ。明星がセンバツの1回戦で敗れた下関商業を降し、初優勝。下関商業の春夏連覇を阻む。投手:堀川浩伸(法大)・角田哲美−池永正明(2年、西鉄)。
《明星の戦績》明星6-0大垣商業/明星11-0甲府商業/明星4-3九州学院/明星5-0横浜/明星2-1下関商業
出来事45回記念大会。日程消化のため甲子園球場と西宮球場を併用する。参加校が2000校を突破。下関商業、決勝で明星に敗れ、春夏連覇の夢が破れる。横浜、創部以来16年で念願の甲子園初出場。ベスト4の大殊勲。沖縄代表・首里高校が、2回戦で日大山形を4-3で破り、沖縄勢の初勝利を記録する(投手:玉那覇・又吉−大場。3回戦は0-8で下関商業に敗れる。)。首里高校のスタンドで、大阪の8つの中学・高校が友情応援。優勝校・明星の真田重蔵監督は海草中・嶋清一らの同期で、元松竹→阪神。
主な選手 ◇岡山東商業:林田真人(早大→クラレ岡山)◇下関商業:池永正明(2年、西鉄)・秋田健二(2年)・清田幸男(国学院大→電電中国)・佐野芳徳(明大)・西村毅(法大)
◇花巻北:佐々木克巳◇丸亀商業:池田修(東洋大→電電関東)◇宮崎商業:高橋博(南海→日ハム→ロッテ)・小川亨(立大→近鉄)◇京都商業:梅田邦三(2年、日本新薬→西鉄→中日)◇桐生:箕輪努(早大→日本楽器)・高橋恒夫(富士重工)・青山正志(中大→電電関東)◇九州学院:緒方欽也(青学大→富士重工)・古川興市(愛知マツダ)◇広陵:村松三千雄(2年)・佐々木孝次(中日)・山本英規(巨人)・竹井和彦(東洋大→電電関東→電電中国)・難波浩司(愛知学院大→河合楽器)・大谷喜啓(日本コロムビア)・中本利之(日本鋼管→日本鋼管福山)◇甲府商業:雨宮捷年(神奈川大→近鉄)・大石勝彦(大洋→東映)◇高知:有藤通世(2年、近大→ロッテ)◇高田商業:中川久輝
◇今治西:矢野鎮郎(明大)・神野照泰(熊谷組)◇鹿児島:竹之下五十三(西鉄)◇首里:又吉◇松商学園:中原英孝(明大)・長島惇(法大)・宮沢正道(東芝)・向林茂(電電信越)・降旗淳(東芝)・高橋二郎(長野鉄道管理局)◇新潟商業:大橋正(慶大)◇静岡:前田年彦(立大→三菱重工長崎)・設楽伊豆彦(立大)・松永克明(中大)◇仙台育英:金沢規生(亜大→仙台育英監督→東陵監督)・山本多聞(南海)・大島敏夫(南海)・伊藤剛(仙台鉄道管理局)◇足利工業:藤倉迪好(富士重工)・古溝修(東京鉄道管理局)◇大宮:榊親一(日通浦和→ロッテ)◇中京商業:三輪田勝年(早大→大昭和製紙→阪急)・高井諭(名古屋商大→コロムビア→産経)・下村栄二(名古屋商大中退→広島)・黒田宮司(中京大→日産自動車)・花村善照(中京大→トヨタ)・黒野政明(東洋レーヨン)
◇銚子商業:田中達彦(南海)・関根武雄(日大→電電信越)◇津久見:高橋直樹(早大→日本鋼管→日ハム→広島→西武→巨人)・深江孝(日鉱佐賀関)・岩崎清俊(日鉱佐賀関)・毛利竜三(日鉱佐賀関)◇東奥義塾:小笠原一(日大→富士鉄釜石)◇徳島商業:三好幸雄(広島→阪急)・小川博(立命館大→デュプロ)・松村篤明(三井造船玉野)・前川博(三菱重工京都)◇南部:坂口和司(南海)・片原央人(明大→三協精機)◇日大一:石井久至(日大→松下電器)・彦田明治(法大)・田辺弘(日大→リッカー)・長島進(法大)・小林正之(2年、千葉商大→広島→千葉商大監督)◇日大山形:渋谷良弥(日大→金指造船→日大山形監督)◇能代:簾内政雄(日鉱日立→ヤクルト)◇磐城:青木稔(法大→常盤炭坑)・富山君雄(大昭和製紙→大昭和製紙北海道→全常磐)◇富山商業:丸山隆男(巨人)・笹野龍夫(住友金属)・梅沢卓爾(電電富山)
◇米子南:有馬充(天王寺鉄道管理局)◇明星:和田徹(阪神→南海)・堀川浩伸(法大)・矢野光信(早大)・木下美智雄(早大→日本鋼管)・松村文彦(明大)◇柳川商業:阿津坂正直(電電九州)・柳原信彦(協和発酵防府)
県大会決勝戦横浜5-3慶応
横浜 1 0 3 0 0 0 0 1 0 5
慶応 0 0 1 0 0 0 0 2 0 3
1963k.bmp 初回表、横浜が井上のタイムリーで1点を先制。3回にも代わった鶴岡投手に対し、森・佐野が連打を浴びせ2点。さらに慶応のエラーで1点、計3点を追加する。3回裏、慶応が西村・柳生の安打で1点を返す。8回表、横浜が4連打で1点を追加。その裏慶応も2点を返すが、横浜・井上の力投で横浜が逃げ切る。横浜は計14安打。創部16年目で初の甲子園出場。投手:井上−小方・鶴岡総生。
出来事1回戦、藤沢商業−吉田島農林戦は1-0で藤沢商業が勝利するが、後日、不正登録選手の出場が発覚し2回戦の城東戦は不戦敗。藤沢商業が1年の対外試合禁止となる。敗れた吉田島農林は規定により復活は認められず、翌年度大会規定が改正された。2回戦・武相−津久井戦で武相が16盗塁を記録。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]横浜8-4鎌倉学園/慶応1-0法政二
[準々決勝]横浜2-0南/鎌倉学園1-0横浜商業/慶応4-1県商工/法政二2-1武相
主な選手 ◇横浜:井上健二(東映→巨人)・平岡一郎(2年、大洋→ロッテ→大洋→広島)・佐野勝稔(駒大→河合楽器→近鉄)・石井満(日本石油)・大村秀夫・森清治(日産自動車)・三浦義弘・寺崎祥男・秋田寿一・柳田哲男◇鎌倉学園:半沢士郎(国鉄)・戸塚博(日本通運)・金子仁直(亜大→東芝)◇慶応:宇賀山徹(慶大→日本鋼管)・柳生武彦(慶大→いすゞ自動車)・石井甦一(慶大→キャタピラー三菱)・大滝隆太(慶大→拓殖銀行)◇日大:椎正年(神奈川大→東映)◇武相:五十嵐英夫(神奈川大→近鉄)・幡野正秋(神奈川大→三協精機)・古谷敏和(日本通運)◇法政二:鶴岡泰(法大→日本楽器)




戻る