神奈川県勢・年度別戦績表(1969年)

1969年春 鎌倉学園

出場回数7年ぶり2回目
主な選手(1)久保逸郎  (2)栗山正雄  (3)大木暁  (4)小野修二(早大→拓殖銀行) (5)宇野正二郎 (6)川上晃  (7)長谷川直行 (8)安東吉雄  (9)東野幸雄(ティアック→富士重工)
対戦成績 1回戦2-3三田学園
三田学園 0 1 0 1 1 0 0 0 0 3
鎌倉学園 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
1969h1.bmp 2回の表、内野安打、四球、野選で1死満塁のピンチとなり、三田学園・浜田のレフト犠牲フライで1点を先制される。4回表にも村上・浜田の長短打で1点を追加される。4回の裏、鎌倉学園は、小野がエラーで出塁し、2死後、安東がレフトラッキーゾーンへ同点ホーマーを放つ。一方、5回表、三田が四球で出塁した石垣が盗塁を決め、さらにバントで3塁へ。続く淡口憲司(巨人→近鉄)が幸運な安打を放ち、決勝点となる。相手投手:磯田雅士。
《三田学園のその後》2回戦○14-2銚子商業/準々決勝●1-2堀越
甲子園決勝戦三重12-0堀越三重高校が17安打で圧勝。投手:上西博明(中京大→プロゴルファー)−但田裕介(阪神)・野田・大木。
《三重の戦績》三重3-1向陽/三重6-2平安/三重4-3尼崎西/三重12-0浪商/三重12-0堀越
出来事三重高校、前評判どうりの強さで、初優勝を飾る。県岐阜商の鍛冶舎巧選手が甲子園通算100号本塁打。浪商・上田が戦後初の満塁本塁打。浪商が史上2度目のチーム1試合3本塁打を記録。
主な選手 ◇丸亀商業:井原慎一郎(ヤクルト)・西川明範(専大)◇宮崎商業:西井哲夫(ヤクルト→ロッテ→中日)◇玉島商業:三宅道彦(松下電器)・川口広史(鐘淵化学)・松枝克幸(法大→西川物産)・小野譲(日本鋼管福山)◇県岐阜商業:鍛冶舎巧(早大→松下電器→秀岳館監督)・佐藤広美(明大→三協精機)・成瀬辰男(中大)・水谷孝美(愛知学院大)・野原義明(住友金属)◇向陽:薮上敏夫(南海)・池田納(住友金属)◇広島商業:長力義正・佐々木幸治(法大→三菱重工広島)・土取政治(大阪商大→電電中国)・木村貞利(法大)・加島優一(亜大)・松岡衛(三菱重工三原)◇三重:上西博明(中京大→プロゴルファー)・中田和男(中京大→三重高監督)・辻忠嗣(中京大)・嶋田守夫(大阪商大→三菱重工名古屋)・大野知生(中京大→日本新薬)・伊藤隆司(中京大→電電東海)・村田宗治(中京大)・池田実(中京大)・扇本克己(三菱重工名古屋)◇三沢:太田幸司(近鉄→巨人→阪神)・八重沢憲一(東映)・小比類巻(三和銀行)・桃井久男◇三田学園:淡口憲司(2年、巨人→近鉄)・山本功児(法大→ホンダ鈴鹿→巨人→ロッテ)・磯田雅士
◇首里:謝敷宗光◇小倉:円川龍之・楠城徹(早大→太平洋→西武)◇大田:福間納(松下電器→ロッテ→阪神)◇銚子商業:加瀬竹二(電電関東)・常世田博義(日産自動車)◇帝京五:登記欣也(神戸製鋼→近鉄)◇徳島商業:松村憲章(ヤクルト)・志摩輝夫(明大→日鉱佐賀関)・大栗貴雄(青学大→阿波銀行)・中井順二(同大→日本生命)・川崎卓志(立大)・田村良二(同大)・美馬光治(三菱重工神戸)・大川憲二(四国電力)◇博多工業:岩崎清隆(東映→ヤクルト)・入江道生(九州産交→広島)・今久留主邦明(明大)◇比叡山:間柴富裕(大洋→日ハム→ダイエー)◇浜松北:前島邦彦(中大)◇富山北部:藤田賢治(大洋→巨人)
◇平安:渋谷通(広島→日ハム)・川本浩次(阪神→近鉄)・清原宏(同大→全大丸)・家村孝次(法大)・佐川理(京都産業大)・藤田司(西川物産)◇堀越:但田裕介(阪神)・深野進(熊谷組)・落合敏行・佐久間一好・古河章・大木修(電電関東)・野田三郎・嶋田雅司郎(法大)・松井英雄・佐々木寅憲◇浪商:上田芳央(明大→三協精機→朝日生命)・山田康男(駒大→全北斗)・和田英雄(法大)・楠本昭男(法大)・石本和彦(松下電器)・米田浩司(松下電器)・砂川恵勝(川崎製鉄神戸)◇鎌倉学園:久保逸郎・栗山正雄・小野修二(早大→拓殖銀行)・川上晃・東野幸雄(ティアック→富士重工)・長谷川直行・安東吉雄・大木暁・宇野正二郎

1969年夏 東海大相模

出場回数初出場
主な選手(1)上原広一(2年、東海大)・高橋貞文、(2)若林一正、(3)上西康夫、(4)田中秀、(5)田中敬、(6)井尻陽久(2年、東海大→日本生命→日本生命監督→東海大監督)、(7)三好一幸(住友金属)、(8)山口俊明、(9)近藤正樹
対戦成績 1回戦0-6静岡商業
東海大相模 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
静岡商業 2 0 2 0 0 0 0 2 X 6
1969n1.bmp 初回表、井尻がレフトオーバーの2塁打でチャンスをつかむが、山口がバントを空振りした際、2走・井尻が捕手の牽制で刺され、貴重な先制のチャンスをつぶす。1回裏、静岡商は先頭打者・塚口が死球で出塁。次打者・藤波の際に盗塁を決め、藤波の左翼線2塁打で1点を先制。さらに2死から野田の3ゴロが送球ミスを誘い、藤波が帰って2点を先行される。3回裏にも静岡商は、塚口が3塁内野安打で出塁すると、藤波が左中間を破る3塁打を放ち1点を追加。さらに2死から野田の右前打で、この回2点を追加。さらに8回裏にも塚口の左前打や藤波の犠飛で2点をダメ押し。静岡商業・松島英雄(大洋)の速球・シュートに振り遅れ、東海5安打で完封される。
《静岡商業のその後》2回戦○3-1日大一/準々決勝●1-4松山商業
甲子園決勝戦松山商4-2三沢両軍いずれもランナーを得点圏に進めるもののゼロ行進。15回裏、三沢は菊池が左前安打で出塁した後、高田のバントが内野エラーを誘い無死1・2塁。谷川の犠打で1死2・3塁となった後、滝上は敬遠で満塁に。続く立花の6球目の打球は投手・井上のグラブをはじき、万事休すかと思われたが、松山のショート・樋野がカバーし、バックホームは間一髪のアウト。続く八重沢も中飛で討ち取る。16回裏にも三沢が1死満塁と詰め寄るが、スクイズを外されダブルプレーに終わる。井上232球、太田262球を投げきり、4時間16分の熱戦は延長18回引き分け再試合。再試合は、三沢・太田が1回表に松山・樋野に2ランを打たれるなど、4-2で松山商業に軍配が上がる。投手:井上明(明大)・中村−太田幸司(近鉄→巨人→阪神)。
《松山商業の戦績》松山商業10-0高知商業/松山商業1-0鹿児島商業/松山商業4-1静岡商業/松山商業5-0若狭/松山商業4-2三沢
出来事松山商対三沢は伝説の名試合。松山商業は、準決勝までの4試合を1失点で勝ち進む。三沢は初戦の大分商業戦以降、すべて1点差で勝ち上がり、第1回大会の秋田中学以来東北勢では54年ぶりの決勝進出を果たす。松商学園・降旗英行(三協精機)が対三笠高校戦でノーヒットノーラン達成。
主な選手 ◇宇部商業:松原一美・有田修三(新日鉄八幡→近鉄→巨人→ダイエー)・高月敏文(東洋紡岩国→広島)◇横手:大石正行(電電東北)◇宮崎商業:西井哲夫(ヤクルト→ロッテ→中日)◇玉島商業:三宅道彦(松下電器)・川口広史(鐘淵化学)・松枝克幸(法大→西川物産)・小野譲(日本鋼管福山)◇広陵:佐伯和司(2年、広島→日ハム→広島)・吉本宏一(東洋大→三菱重工広島)・岡本道夫(東洋大→日本鋼管福山)・本田忠信(国士舘大→河合楽器)・下末広穂(大東文化大)・浜田隆司(東洋工業)◇三重:上西博明(中京大→プロゴルファー)・中田和男(中京大→三重高監督)・辻忠嗣(中京大)・嶋田守夫(大阪商大→三菱重工名古屋)・大野知生(中京大→日本新薬)・伊藤隆司(中京大→電電東海)・村田宗治(中京大)・池田実(中京大)・扇本克己(三菱重工名古屋)
◇三沢:太田幸司(近鉄→巨人→阪神)・八重沢憲一(東映)・小比類巻(三和銀行)・桃井久男◇若狭:沢田睦美(熊谷組)◇取手一:柴崎孝夫(日本石油)◇松山商業:谷岡潔(大洋→阪急)・大森光生(明大→ティアック→三菱重工広島)・樋野和寿(明大→日本鋼管)・西本正夫(中大→日本生命)・福永純一(亜大→丸善石油)・井上明(明大)・中村哲(丸善石油)◇松商学園:降旗英行(三協精機)・山崎公晴(中日)・宮嶋勝(駒大→川崎重工業)・米川知之(亜大)・高山昭一(亜大)◇静岡商業:藤波行雄(中大→中日)・松島英雄(大洋)・勝亦治(2年、阪神)・野田広文(亜大→日本軽金属)・秋山広志(亜大)・池田貴祐(東京経済大)・安田茂(東京経済大)・鈴木美貴雄(東京経済大)◇仙台商業:八重樫幸雄(ヤクルト)・土生昌(関東学院大→富士重工)◇長崎商業:松尾輝義(巨人)◇東邦:森部繁幸(2年、名城大→スリーボンド)・横道政男(中大)◇日大一:宇野輝幸(阪急→大洋)・小林俊行(亜大→日産自動車)・小山良春(日大→三協精機)
◇富山北部:藤田賢治(大洋→巨人)◇平安:渋谷通(広島→日ハム)・川本浩次(阪神→近鉄)・清原宏(同大→全大丸)・家村孝次(法大)・佐川理(京都産業大)・藤田司(西川物産)
県大会決勝戦東海大相模2-0横浜
東海大相模 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1969k.bmp 上原広一−山本秀樹(西鉄)の投げ合い。横浜・山本は前日の延長14回の疲れと負傷で切れを欠く。3回表、東海は上原四球の後バントで送り、続く井尻がレフトオーバーのタイムリーでまず1点を先制。その後、山口のショートゴロで飛び出した井尻が刺されるが、山口は2塁へ進み、続く三好のライト前タイムリーで2点を挙げる。上原2安打完封。東海大相模、初優勝。
出来事保土ヶ谷球場が改装中のため、平和・川崎・追浜の3球場で試合を行う。横浜と県商工が3年連続初戦で対戦し、いずれも横浜が勝利する。4回戦、選抜出場の鎌倉学園が桜丘に3-4の1点差で敗退。4回戦、東海−横浜一商戦は上原と倉持が譲らず延長となり、延長11回の末、東海大相模が1-0で逃げ切る。4回戦、南・中村憲史郎が平塚工業を相手に1四球のノーヒットノーラン。チームもベスト4へ。横浜・山本秀樹(西鉄)が4回戦の三崎戦で20奪三振の県記録。桜ヶ丘と南の横浜市立勢いが揃ってベスト4へ進出(桜丘は東海に5-16)。準決勝・南−横浜はノーヒットノーラン投手・中村と奪三振記録・山本の投げ合いとなり、延長14回の末、横浜がスクイズを決め0-1で勝利。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]横浜1-0南/東海大相模16-5桜丘
[準々決勝]横浜8-2追浜/桜丘4-3向上/東海大相模2-1武相/南3-0日大
主な選手 ◇東海大相模:上原広一(2年、東海大)・高橋貞文・井尻陽久(2年、東海大→日本生命→日本生命監督→東海大監督)・若林一正・三好一幸(住友金属)・田中秀俊・田中敬・山口俊明・上西康夫・近藤正樹◇横浜:山本秀樹(西鉄)・山口富夫(太平洋)・山際稔(大東文化大→いすゞ自動車)・堂上武志(大東文化大)・松岡信哉(大東文化大)・生井清(大東文化大)・長坂正悟(帝京大)◇横浜一商:倉持明(2年、日本鋼管→ロッテ→クラウン→ヤクルト)◇鎌倉学園:久保逸郎・栗山正雄・小野修二(早大→拓殖銀行)・川上晃・東野幸雄(ティアック→富士重工)・長谷川直行・安東吉雄・大木暁・宇野正二郎◇桐蔭学園:有島真澄(関東学院大)◇向上:瓜生秀文(東映)◇相洋:島田勇(三菱重工川崎)・鈴木康之(神奈川大)・渡辺正広(神奈川大)◇藤沢商業:小俣進(日本コロムビア→大昭和製紙富士→広島→巨人→ロッテ→日ハム)◇南:中村憲史郎(立大)◇日大:宮崎努(日大→日立製作所)




戻る