神奈川県勢・年度別戦績表(1974年)

1974年春 横浜高校

出場回数2年連続2回目
主な選手(1)永川英植(ヤクルト) (2)新木忠敏 (3)小里光矢 (4)村井弘育 (5)寺島秀二 (6)上野貴士(東芝→ヤマハ→平塚学園監督) (7)関根雄二 (8)内田泰隆 (9)青木竜雄
対戦成績 1回戦7-0御所工業
横浜 1 0 1 2 0 2 0 0 1 7
御所工業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1974h1.bmp 1回表、出塁した上野の盗塁でチャンスを掴み、青木の右前打で1点を先制。3回表にも、1死満塁のチャンスから青木の右飛が犠牲フライとなり1点を追加。4回表、1死1,3塁から、関根のスクイズは内野安打となり1点を追加。続く村井が送って1死2,3塁とした後、上野の左前打で、この回2点を追加。前年度優勝の横浜が貫禄勝ち。永川1安打ピッチング。打線もチャンスを着実にものにする。相手投手:前田−中村。
2回戦0-1高知(延長12回)
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
高知 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1
1974h2.bmp 高橋投手を打ち込めず、0-0のまま延長12回裏へ。右前ヒットで出塁した高知・田所が送りバントで2塁へ。続く杉村繁(2年、ヤクルト)が永川の143球目を中越えに運び、横浜がサヨナラ負け。相手投手:高橋修二(住友金属)。
《高知のその後》準々決勝●1-3和歌山工業
甲子園決勝戦報徳学園3-1池田6回裏、報徳が1点を先制。7回表ランナーが出たところで報徳は住谷から東にスイッチ。8回表に、池田が同点とするが、その裏、報徳が疲れの出始めた山本に襲いかかり、2点を奪って勝利を決定づける。投手:住谷正治(小西酒造)・東芳久−山本智久(四国銀行)
《報徳学園の戦績》報徳学園4-3鹿児島商業/報徳学園2-1土浦日大/報徳学園2-1銚子商業/報徳学園5-1平安/報徳学園3-1池田
出来事さわやかイレブンの池田が活躍。報徳が住谷・東の左右両投手を巧みに繋ぎ優勝。広島商が1試合14盗塁のレコードを立てながら大分商に敗退。
主な選手 ◇岡崎工業:太田正孝(名城大)◇岡山東商業:土居正史(日本石油→広島→ロッテ→巨人)・早瀬章(駒大)・船守弘行(東洋大)・二宮卓志(三井造船玉野)◇向陽:梶谷紀英(東海大→いすゞ自動車)◇広島商業:増尾伸幸(東洋大→富士重工)・田所由彦(法大)・橋本清志(駒大)・草田伸哉(徳山大)・町田昌照(熊谷組)・風呂迫修(広島鉄道管理局)◇高知:杉村繁(2年、ヤクルト)・北村展之(近大→全大丸)・高橋修二(住友金属)◇鹿児島商業:堂園喜義(広島)・秋葉敬三(リッカー→鹿児島鉄道管理局→西鉄)◇新居浜商業:渡辺剛(新日鉄名古屋)◇倉敷工業:居郷肇(法大→プリンスホテル)◇大分商業:亀島功吉
◇滝川:片山正之(立命館大→トヨタ)・島田芳明(同大→中日→近鉄)・山本義也(新日鉄広畑)◇池田:山本智久(四国銀行)◇中京:金本誠吉(ホンダ鈴鹿→阪急→韓国三星→韓国サンバンウル)・小山哲幸(中京大→プリンスホテル)・後藤和也(中京大)・梶田将久(中京大)◇銚子商業:土屋正勝(中日→ロッテ)・篠塚利夫(2年、巨人)・太田益実(東海大)・宮内英雄(三菱自動車川崎)・綿谷宏之(千葉鉄道管理局)◇津久見:木村隆一(日体大→別府羽室台監督)・増田清隆(専大)・因幡啓一(専大)・春田真一(新日鉄大分)◇土浦日大:工藤一彦(阪神)・荒川俊男(巨人)・林真人(阪神)・村田博幸(日大→富士重工)・佐藤記一(日立製作所)・加藤博己(大東文化大)・大内康裕・大原栄治・小松幸男・小橋一也◇苫小牧工業:大西豊勝◇日大三:豊田誠佑(明大→中日)・平山順二・佐竹美哉(日大→朝日生命)・今野広之(電電東京)◇函館有斗:上ノ山雄平◇平安:山根一成(同大)・田中久義(阪急)・亀山和明(早大→三菱自動車京都)・池永泰幸(明大→朝日生命)・前嶋純二(法大→松下電器)・勝村法彦(京都産業大→丸勝)・瀬川芳秀(近大)
◇報徳学園:東芳久・渋谷渉(明大→日本生命→日生学園二監督)・住谷正治(小西酒造)・西本靖彦(早大→日本生命)・中島典夫(慶大→東京ガス)・手嶋剛(近大→リッカー)・家田健亘(立命館大)・新田裕啓(立命館大)・平野伸幸(立命館大)・杉山峰雄(大阪商大)◇防府商業:井神国彦(専大)・桧垣明◇柳川商業:松尾勝則(専大→電電九州)・鶴祐策(福岡大)・砥綿欣弥(福岡大)・北野嘉光(日立造船有明)◇浪商:吉井猛(専大→西濃運輸→電電近畿)・藤川恭英(日体大)・太田忠男(大阪商大)・吉沢輝雄(大阪商大)・四田勝康(住友金属)・石井淳一(日本楽器)◇和歌山工業:浜野正明(新日鉄広畑)・鎌田有規(新日鉄広畑)・山中正則(川崎製鉄神戸)◇横浜:永川英植(ヤクルト)・上野貴士(東芝→ヤマハ→平塚学園監督)・新木忠敏・関根雄二・村井弘育・小里光矢・寺島秀二・青木竜雄・内田泰隆

1974年夏 東海大相模

出場回数2年ぶり4回目
主な選手(1)伊東義喜・村中秀人(1年、東海大→プリンスホテル→東海大相模・東海大甲府監督)、(2)岩崎・山口、(3)園田良彦、(4)原雅巳、(5)原辰徳(1年、東海大→巨人)、(6)杉山繁俊(東海大→日産自動車→福岡工大高監督)、(7)佐藤功、(8)鈴木富雄、(9)津末英明(1年、東海大→日ハム→巨人)・星川淳
対戦成績 2回戦3-2土浦日大(延長16回)
土浦日大 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2
東海大相模 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1X 3
1974n1.bmp 工藤一彦(阪神)、荒川俊男(巨人)、4番・林真人(阪神)らの土浦日大と対戦。6回表、原雅巳が四球で出塁。安打とバントで進塁後、原辰徳の中前タイムリーで1点を先制。7回表、2死2塁から土浦・林にタイムリーを打たれ、同点に追いつかれ、8回表には土浦・荒川に本塁打され1-2と1点をリードされる。1-2で迎えた9回裏、2死から鈴木が左前打で出塁し、盗塁を決めて2死2塁。続く杉山の中前タイムリーにより土壇場で同点。延長に入り、代打の出た伊東義喜から1年生・村中秀人へとリレー。延長16回裏、先頭・村中の2塁打の後、鈴木のバントが内野安打。さらに杉山が歩かされて無死満塁となる。続く原雅巳がレフトライナーで倒れた後、3番・園田の右前タイムリーによりサヨナラ勝ち。3時間27分の熱戦にピリオド。相手投手:工藤一彦(阪神)。
3回戦13-6盈進
盈進 0 0 0 4 0 0 0 2 0 6
東海大相模 0 1 2 3 0 3 2 2 X 13
1974n2.bmp 3-4と1点リードされて迎えた4回裏、2四球で1死1,2塁から杉山の右越え2塁打で2点を返す。杉山はライトからの悪返球で3塁へ進塁。続く原雅は左前打を放ち、杉山を迎え入れて逆転に成功。6回裏には、杉山の2塁打や、園田、津末の連打で計3点を追加。8回裏にも投手の伊東が左越えの2ランを放ち、ダメ押しの2点を挙げる。続く村中→伊東のリレー。東海打線、変則投手の山口を打ち崩し、終わってみれば毎回16安打13点と爆発。相手投手:山口−向井−桜田。
準々決勝4-5鹿児島実業(延長15回)
鹿児島実業 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 5
東海大相模 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 4
1974n3.bmp 1回裏、園田・原のタイムリーで2点を先取。2回表、鹿児島が左翼線安打で出塁した柳田正を犠打で送り、中村孝・定岡の短長打で同点とされた後、代わった村中が溝田に右中間2塁打を打たれ2-3と逆転される。両投手が立ち直り、そのまま1点をリードされた9回裏、先頭の原が中前打で出塁。村中の代打・森正敏と星川が打ち取られ2死となった後、伊東が中前タイムリーを放ち、土壇場で同点に追いつく。延長12回裏、走者2塁で1打サヨナラの場面となるが、2塁後方への飛球を鹿児島実業・中村孝の後ろ向きダイビングキャッチで防がれ、大きなチャンスを逸す。14回表、遊ゴロエラーの後、尾堂・柳田の連打で遂に勝ち越しを許す。14回裏、1死後エラーでランナーを出し、2死後、原雅巳の右翼線3塁打で再度同点に追いつく。延長15回表、死球と定岡の安打、さらに松元のバントが内野安打となり無死満塁。伊東が溝田に痛恨の押出し四球を与え、これが決勝点となる。相手投手:定岡正二(巨人)
《鹿児島実業のその後》準決勝●1-2防府商業
甲子園決勝戦銚子商7-0防府商業銚子商業が好投手・井神に5回まで無安打に抑えられるが、6回裏2死3塁から前嶋哲夫(慶大→明治生命)の中前タイムリーで先制し、打球をセンターが逸らす間に打者・前嶋自身もホームイン。その後も井神に代わった小田から連打するなど、2死から計6点を挙げる。投手:土屋正勝(中日→ロッテ)−井神国彦(専大)・小田敦祥。
《銚子商業の戦績》銚子商業5-1PL学園/銚子商業5-0岐阜中京商業/銚子商業6-0平安/銚子商業6-0前橋工業/銚子商業7-0防府商業
出来事金属バットの採用。原辰徳、原雅巳、原貢監督とともにファミリーで出場。銚子商業が、緒戦でPLに1点を奪われたのみ以降全試合完封で優勝。防府商業・井神国彦が2回戦から準々決勝までの3試合を連続無四球で勝ち上がる。東京都が2校代表制となり、城西と佼正学園が出場。
主な選手 ◇PL学園:金森栄治(早大→プリンスホテル→西武→阪神→ヤクルト)・岩根正也(亜大→熊谷組)・岸純司(法大)・柳敬二(中大)・藤本政男(新日鉄堺)・井口成年(新日鉄堺)◇旭川竜谷:向峰斉・安藤裕満(JR北海道)◇一関商工:菊池茂(盛岡鉄道管理局)◇丸亀商業:城山厚生(駒大→電電東京)・本宮栄次(駒大→大倉工業)・大西勝之(国鉄四国)
◇岐阜中京商業:原田末記(北海道拓殖銀行→ヤクルト)◇玉島商業:今岡逸朗(亜大→日本鋼管福山)◇郡山:木下信弘・清原正人(同大)・竹林義孝(立命館大)◇佼成学園:江沢英治・辰濃哲朗・平石雄美・今井俊幸・木村修二・金子雅一・小笠原利光・島田和則・中山清・岡元久志◇高岡商業:西部淳一(明大→日本石油)・宮前吉秀(明大)・米田富夫(新日鉄名古屋)◇高知:杉村繁(2年、ヤクルト)・北村展之(近大→全大丸)・高橋修二(住友金属)◇鹿児島実業:定岡正二(巨人)・森元峻(鹿児島鉄道管理局)◇秋田市立:大高勝也(秋田鉄道管理局)・鷲谷亘(東洋大→セ・リーグ審判員)・石崎透(東洋大→秋田相互銀行)◇上尾:中村昭(2年、三協精機→巨人→ロッテ)・田中茂穂(東洋大→電電東北)・湯浅和彦(東洋大→富士重工)◇城西:高橋慶彦(広島→ロッテ→阪神)・下田博之・郷田博美・藤野幸彦・野崎高弘・肥沼昇・小山敏幸・関谷喜代志・石津宏康・田口雅明
◇静岡商業:高橋三千丈(明大→中日)・久保寺雄二(1年、南海)・漆畑和男(専大→プリンスホテル)・井上一之(中大→日本楽器)・大石優治(専大)・増田哲雄(東京経済大)・宮崎悟(高千穂商科大)・鈴木篤(明治生命)◇前橋工業:向田佳元(早大→富士重工)◇銚子商業:土屋正勝(中日→ロッテ)・篠塚利夫(2年、巨人)・太田益実(東海大)・宮内英雄(三菱自動車川崎)・綿谷宏之(千葉鉄道管理局)◇土浦日大:工藤一彦(阪神)・荒川俊男(巨人)・林真人(阪神)・村田博幸(日大→富士重工)・佐藤記一(日立製作所)・加藤博己(大東文化大)・大内康裕・大原栄治・小松幸男・小橋一也◇東洋大姫路:弓岡敬二郎(1年、新日鉄広畑→阪急)◇函館有斗:上ノ山雄平◇福岡第一:角富士夫(ヤクルト)◇福島商業:島貫省一(2年、早大→巨人→近鉄)◇平安:山根一成(同大)・田中久義(阪急)・亀山和明(早大→三菱自動車京都)・池永泰幸(明大→朝日生命)・前嶋純二(法大→松下電器)・勝村法彦(京都産業大→丸勝)・瀬川芳秀(近大)◇防府商業:井神国彦(専大)・桧垣明

県大会決勝戦東海大相模4-1横浜
横浜 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
東海大相模 0 3 0 0 1 0 0 0 X 4
1974k.bmp 伊東・村中−永川の投げ合い。初回表、横浜・村井が先頭打者2塁打を放つが、一瞬の間に牽制死。2回裏、東海は、原(辰)の3塁ゴロが1塁悪送球を誘い、次打者・星川も右前安打で1・2塁。続く岩崎の3塁ゴロがまたも1塁悪送球となり、バックアップしたライトの2塁送球も悪送球。ボールが左翼フェンスに達する間に、あっという間の3点が入る。横浜は6回に1点を返すが、8回から登板した東海大相模・村中のカーブを捉えられず敗退。東海が4安打で永川(ヤクルト)らの横浜を降す。
出来事準々決勝、東海−武相戦は、リードする武相にタイムリーエラーが出て、逆転の末6-5で東海が勝利。原ファミリーを中心とした東海大相模の黄金期が始まる。1回戦小田原−関東学院戦は、2-2で延長に突入した後、10回表に小田原が10点を入れて勝利。桜丘が3回戦で延長11回の末、前年度優勝の藤沢商業を1-0で破る。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]横浜1-0慶応/東海大相模6-0横浜商業
[準々決勝]横浜商業5-3日大/横浜6-1日大藤沢/慶応7-1鎌倉学園/東海大相模6-5武相
主な選手 ◇東海大相模:原辰徳(1年、東海大→巨人)・津末英明(1年、東海大→日ハム→巨人)・村中秀人(1年、東海大→プリンスホテル→東海大相模監督→東海大甲府監督)・杉山繁俊(東海大→日産自動車→福岡工大高監督)・鈴木富雄・原雅巳・園田良彦・伊東義喜・星川淳・岩崎誠之◇磯子工業:荒生美智男◇横浜:永川英植(ヤクルト)・上野貴士(東芝→ヤマハ→平塚学園監督)・新木忠敏・関根雄二・村井弘育・小里光矢・寺島秀二・青木竜雄・内田泰隆◇横浜一商:安斉定男(キャタピラー三菱→東芝)◇横浜商業:羽仁生俊之(1年、日本鋼管)◇小田原城北工業:岩本勉◇鎌倉学園:加藤雄一(新日鉄八幡)◇桐蔭学園:入沢淳(ロッテ)・長内孝(2年、広島→大洋)・水上善雄(2年、ロッテ→広島→ダイエー→橘学苑監督)・寺本喜知夫(関東学院大)・越沢一郎◇慶応:清水健五(慶大→住友金属)◇県商工:時長秀敏◇藤沢商業:堀田一彦(専大→プリンスホテル→専大監督)◇日大藤沢:荻原俊幸(法大→日本通運)・宮崎健次(亜大)◇武相:北村照文(三菱重工名古屋→阪神→西武→中日)・上杉浩(亜大)・永田・竹節一郎(日大→朝日生命)・須田清見(ロッテ)・島野弘幸(日本鋼管)◇法政二:田辺忠広




戻る