神奈川県勢・年度別戦績表(1975年)

1975年春 東海大相模

出場回数5年ぶり2回目
主な選手(1)村中秀人(2年、東海大→プリンスホテル→東海大相模監督→東海大甲府監督)・今井昭二(東海大→日立製作所)・岡部憲章(2年、日ハム→阪神) (2)山口宏(立大)・崎山三男 (3)佐藤勉 (4)森正敏(東海大→リッカー) (5)原辰徳(2年、東海大→巨人) (6)朝倉秀俊(東海大→ホンダ鈴鹿) (7)綱島里志・藤崎羊一 (8)佐藤功(早大→日本石油) (9)津末英明(2年、東海大→日ハム→巨人)
対戦成績 2回戦1-0倉敷工業
倉敷工業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東海大相模 0 0 0 0 1 0 0 0 X 1
1975h1.bmp 0-0で迎えた5回裏、2死から死球で出塁した藤崎を1塁において、村中がセンター越えの大3塁打。自らのバットで叩き出した1点を守り切って勝利。相手投手:兼光保明(近鉄)。
準々決勝2-1豊見城
豊見城 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
東海大相模 0 0 0 0 0 0 0 0 2X 2
1975h2.bmp 0-1とリードされた9回、森・原が倒れた後、2死から津末の一塁線2塁打と佐藤(勉)の中前打で同点。綱島が右前打し1・2塁とした後、山口の一塁後方サヨナラ安打で奇跡の逆転。相手投手:赤嶺賢勇(2年、巨人)。
準決勝6-2堀越
東海大相模 1 1 0 1 2 1 0 0 0 6
堀越 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
1975h3.bmp 佐藤功が先頭打者三塁打の後、原の犠飛であっさりと先制。2回にも1死3塁から山口がスクイズを決めるなど小技も織り交ぜる。東海10安打中、半数が長打。朝倉が4打数3安打の大当たり。9回裏には村中から岡部にスイッチ。相手投手:鹿倉仁(全大丸)。
決 勝5-10高知(延長13回)
高知 0 1 2 0 1 0 1 0 0 0 0 0 5 10
東海大相模 3 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 5
1975h4.bmp 初回裏、佐藤功が投ゴロで倒れた後、森が左中間を破る3塁打。打者・原の際のワイルドピッチで三本間に挟まれるが、サードの送球が身体に当たり幸運な先制点。打者・原は大会第11号のホームランを左翼席に叩き込み2点目。さらに津末の中前打、佐藤努の右越2塁打と続いた後、藤崎がチーム史上初のスクイズを決め、計3点を先制。有利な展開となるが、エース村中が不調。4-3の1点リードで迎えた5回表、1死から高知・松生の右中間3塁打と杉村の中前タイムリーで遂に同点に追いつかれる。7回表、2番手・今井を起用するが、1死1・3塁のピンチから2盗を刺すべく送球が暴投となり、ついに4-5と逆転される。1点リードされた8回裏、原が右中間3塁打を放ち、津末三振の後、佐藤勉の右越2塁打で終盤同点に追いつく。5-5で迎えた延長12回裏、2死から森が2塁打、原が四球で1・2塁とした後、津末の右前で森が本塁を突くがライト・松生の好返球により惜しくもタッチアウト。13回表、松生・杉村の連続3塁打、北岡のスクイズで2点。さらに本多・公文の連打に小松のダメ押し三塁打で計5点を奪われ今井がノックアウトされる。相手投手:山岡利則(近大→大昭和製紙)。
甲子園決勝戦高知10-5東海大相模投手:村中秀人(2年、東海大→プリンスホテル→東海大相模監督→東海大甲府監督)・今井−山岡利則(近大→大昭和製紙)。決勝戦の延長13回は、第19回徳島商業−小倉、第37回岡山東商業−市立和歌山商業に並び最多延長記録。両軍合わせて26安打は、第51回箕島−浪商に並び決勝戦の最多安打記録。
《高知の戦績》高知5-4熊本工業/高知2-1福井商業/高知3-2報徳学園/高知10-5東海大相模
出来事金属バットの採用で11本塁打が乱れ飛ぶ。札幌商業、北海道日大、日大山形、仙台育英の雪国チームが近畿勢をそろって倒す。豊見城、習志野、日大山形を破る健闘。1回戦・倉敷工業−中京は16-15の大乱戦となる。開会式直前の不祥事により門司工業が出場辞退し補欠校の佐世保工業が出場。
主な選手 ◇伊都:西村博巳(住友金属→大洋)・福田浩二(近大→拓殖銀行)
◇熊本工業:蓬莱昭彦(西南学院大→西武→中日)・瀬高啓介(熊本鉄道管理局→熊本工業監督)◇広島工業:小林誠二(広島→西武→広島)◇高知:杉村繁(ヤクルト)・本多利治(日体大→春日部共栄監督)・山岡利則(近大→大昭和製紙)・小松義昌(亜大→電電四国)◇札幌商業:中村明志◇志度商業:谷幹則(国鉄四国)・熊野輝光(中大→日本楽器→阪急→オリックス→巨人→オリックス)・上原良友(国鉄四国)・西条孝之◇習志野:小川淳司(中大→河合楽器→ヤクルト→日ハム)◇初芝:立石充男(南海)◇小山:初見幸洋(2年、筑波大→古河一監督)・田村知之◇静岡商業:大石大二郎(2年、亜大→近鉄)・久保寺雄二(2年、南海)・海野隆志(専大→河合楽器)・長谷川富士(中大→河合楽器)・国松敬史(東京経済大)・川島健二(東京経済大)◇仙台育英:保田浩嗣(早大→トヨタ)・菊田善信(駒大→鷺宮製作所→電電東北)・遠藤芳信(東海大→日立製作所)・上市隆之(東海大→岩手県経済連)・佐々木善行(関東学院大→電電東北)・今野正美(電電東北)・大内俊治(専売東北)・佐藤雅司(専売東北)
◇倉敷工業:兼光保明(近鉄)・大本二郎(松下電器)◇池田:久保富重(青学大)・石川武吉(阿波銀行)◇中京:岡田忠雄(巨人)・近沢英二(ヤクルト)・服部司郎(愛知トヨタ)・永田昌弘(国士舘大→東京ガス)・安井隆(中京大→日本石油)・日比野学(愛知工大→スリーボンド)・磯村吉範(トヨタ)◇天理:猪口明宏(巨人)・岡本成由・百村茂樹(明大→日本生命)・籠谷啓史(立命館大→日本楽器)・中尾保(大阪商大→京洛日産)・新田泰士(早大)◇東山:中山雅之(立命館大)・合田良一(立命館大)・上田憲治(立命館大)・菊地秀一(早大)・木寺隆(駒大)◇福井商業:前側佳那(明大→電電北陸)・野村尚生(愛知学院大→松下電器)◇報徳学園:滝井康精(明大→朝日生命)・長井研介(中大→ホンダ)・高田伸二(愛知学院大→西濃運輸)・浜中睦巳(近大)・建部成之(立命館大)・中本義則(神戸学院大)・久保田聖(明治学院大)・樋口雅之(愛知学院大)◇豊見城:赤嶺賢勇(2年、巨人)◇北海道日大:三上義明◇堀越:鹿倉仁(全大丸)・上條誠・鈴木雅晴・小石勝美・伊藤信夫・松本良・市田政勝・遠藤裕次・伊藤孝行・飯島淳
◇柳川商業:加倉一馬(太平洋→阪神)・前田浩一(亜大)・西原幸一郎(亜大)・朝正勝(住友銀行)・森光章弘(門司鉄道管理局)・古賀敏光(スリーボンド)・落田隆昭(日立造船有明)◇東海大相模:村中秀人(2年、東海大→プリンスホテル→東海大相模監督→東海大甲府監督)・原辰徳(2年、東海大→巨人)・津末英明(2年、東海大→日ハム→巨人)・岡部憲章(2年、日ハム→阪神)・森正敏(東海大→リッカー)・佐藤功(早大→日本石油)・綱島里志・朝倉秀俊(東海大→ホンダ鈴鹿)・藤崎羊一・今井昭二(東海大→日立製作所)

1975年夏 東海大相模

出場回数2年連続5回目
主な選手(1)村中秀人(2年、東海大→プリンスホテル→東海大相模監督→東海大甲府監督)・岡部憲章(2年、日ハム→阪神)・今井昭二(東海大→日立製作所)  (2)山口宏(立大)・崎山三男  (3)佐藤勉  (4)森正敏(東海大→リッカー) (5)原辰徳(2年、東海大→巨人) (6)朝倉秀俊(東海大→ホンダ鈴鹿)  (7)綱島里志・藤崎羊人   (8)佐藤功(早大→日本石油)  (9)津末英明(2年、東海大→日ハム→巨人)
対戦成績 2回戦5-3松商学園
松商学園 0 0 0 1 0 1 0 1 0 3
東海大相模 1 0 2 1 0 1 0 0 X 5
1975n1.bmp 初回裏、遊ゴロエラーで出塁した佐藤功を森が3塁線2塁打で返し1点を先制。3回裏1死から津末の2ゴロはセカンドの前でイレギュラーし2塁打に。津末は次打者の遊ゴロで3塁タッチアウトとなり2死となるが、安打、四球でさらに満塁となった後、村中の中前打で2点を追加。4回表、松商はヒットで出塁した飯島が1死となった後、2盗を決め、小島の中前打で1点を返す。4回裏、津末が逆風の中ライナーの本塁打を放ち1点を追加。6回表には2死から竹田のタイムリー、8回表には中継プレーミスでそれぞれ1点を奪われるが東海が逃げ切って勝利。東海は13安打の猛攻。村中は10安打を浴びるが、粘り強いピッチングにより逃げ切る。相手投手:萩原
3回戦7-3三重
東海大相模 4 1 0 0 0 0 0 2 0 7
三重 0 0 0 1 0 2 0 0 0 3
1975n2.bmp 初回表、佐藤功が左翼席に先頭打者ホームランで先制。続いて四球の森が盗塁を決めた後、原の左中間2塁打、津末の2ゴロ内野安打でさらに2点。佐藤勉も中前打し1,3塁となるが、続く綱島は1ゴロで佐藤勉が2封。1死1,3塁から次打者・崎山の2ゴロは併殺崩れとなり、津末が帰ってこの回4点目を挙げる。6回裏には2点差まで迫られるが、今井→村中のリレーで切り抜ける。相手投手:萩。
準々決勝4-5上尾
上尾 1 0 1 0 0 0 0 3 0 5
東海大相模 0 0 2 2 0 0 0 0 0 4
1975n3.bmp 序盤、2点をリードされるが、3回1死1・2塁から原・津末の連打で同点に。4回裏には、森の安打から原の3塁線2塁打等で逆に2点をリードする。8回表、村中が制球に苦しみ無死満塁。上尾・中村の同点打、樋口の逆転打を許す。最終回、逆転のチャンスを掴むが、期待の原は敬遠を警戒し、高めボール球を捕邪飛とし、万事休す。東海打線が今太投手(東芝)のスローカーブにタイミングを外され追撃を阻まれる。
《上尾のその後》準決勝●5-6新居浜商業
甲子園決勝戦習志野5-4新居浜商業投手:小川淳司(中大→河合楽器→ヤクルト→日ハム)−村上博昭。習志野、3点をリードされた5回裏、四球の後の福田のヒットエンドランが成功。無死1・3塁から1塁ファウルフライで3塁走者がタッチアップし1点を返すと、さらに満塁から神子文之のタイムリーで逆転。その後、7回の裏同点に追いつかれるが、9回裏ヒットで出た越智を3塁に進め、2年生・下山田のタイムリーでサヨナラ勝ち。
《習志野の戦績》習志野8-5旭川竜谷/習志野2-0足利学園/習志野16-0磐城/習志野4-0広島商業/習志野5-4新居浜商業
出来事土佐・玉川寿(2年、慶大→日本石油)が1回戦の桂高校戦で史上2人目のサイクルヒットを放つ。2回戦、上尾−小倉南戦では、上尾・塚原が小倉南・ニ保からサヨナラホームランを放つ。準決勝、新居浜商業−上尾戦では、新居浜商業が上尾・今投手に6連打を浴びせ逆転に成功。準々決勝、習志野−磐城戦は、習志野がダブル全員安打で16-0の大勝。習志野・石井監督は1967年夏の優勝投手。習志野がチーム打率.390、95塁打、67安打と、いずれも大会新記録を記録。
主な選手 ◇岡山東商業:寒川浩司(ヤクルト)・萩本真弘(大阪商大→京洛日産)・佐藤良彦(早大)・寺田良介(法大)・岡野圭典(筑波大)・西山晃彦(立命館大)・福田一成(日本石油)・守屋幹也(三菱自動車水島)◇岐阜中京商業:今岡均(中日)・豊平晋一(阪神)◇巨摩:芦沢優(ヤクルト)・武田秀樹(電電関東)・保坂正彦(駒大)・斉藤一(駒大→東芝府中)◇興国:河瀬雅英(近鉄→日ハム)・呉正春(デュプロ)・松本幸一(神戸学院大)・清水信英(新日鉄堺)・坪内一次(早大)・中西昭夫(大阪商大→デュプロ)◇金沢桜丘:野口尚嗣(早大→三菱重工名古屋)◇九州学院:河野統治(電電九州)・河田啓吾(明大)・中川義隆(熊本鉄道管理局)・坂井宏安(日体大)◇広島商業:山村力人(東洋大→三菱重工広島)・登靖則(東洋大→電電中国→NTT中国監督)・谷真一(法大→ホンダ→近鉄)・大野実(中大→日本通運)・田井弘志(立命館大→電電中国)・福島正治(同大→三井銀行)・児島正治(立大)・今田伸二(駒大)・出雲靖弘(国士舘大)・幡司豊(三菱自動車京都)◇国府:青山久人(中日→南海)
◇三重:小林晋也(中京大→トヨタ)・水谷洋次郎(新日鉄名古屋)◇秋田商業:金平覚(新日鉄釜石)・五十嵐義政(明治生命)・夏井三吉(全北斗)◇習志野:小川淳司(中大→河合楽器→ヤクルト→日ハム)◇小倉南:二保茂則(法大→九州産交)・葛谷(東福岡監督)◇松商学園:小島正人(富士重工)◇上尾:今太(東芝)・中村昭(三協精機→巨人→ロッテ)・塚原修(東洋大→NTT東京)・岩城則夫(東洋大)・岩崎伸康(東洋大)◇新居浜商業:村上博昭・続木敏之(2年、阪神)・片岡大蔵(国士舘大→ヤクルト)・野口泰敬(専大→三菱自動車水島)・竹場和範(住友銀行)◇盛岡商業:滝村正彦◇石川:糸数勝彦(太平洋)◇仙台育英:保田浩嗣(早大→トヨタ)・菊田善信(駒大→鷺宮製作所→電電東北)・遠藤芳信(東海大→日立製作所)・上市隆之(東海大→岩手県経済連)・佐々木善行(関東学院大→電電東北)・今野正美(電電東北)・大内俊治(専売東北)・佐藤雅司(専売東北)
◇早稲田実業:有賀佳弘(早大→日産自動車→阪急→中日)・松下尊大(早大→ヨークベニマル)・小森忠雄(早大)◇足利学園:藤倉一雅(青学大→阪神→ロッテ)・井上明(国士舘大→富士重工)◇天理:猪口明宏(巨人)・岡本成由・百村茂樹(明大→日本生命)・籠谷啓史(立命館大→日本楽器)・中尾保(大阪商大→京洛日産)・新田泰士(早大)◇土佐:玉川寿(2年、慶大→日本石油)・片田統途(2年)◇日南:松田昇◇浜松商業:鈴木貢・上村敏正(早大→浜松商業監督)・坂口哲也(青学大→河合楽器)・高林基久(専大)・牧野利夫(中大)◇北海道日大:三上義明◇堀越:鹿倉仁(全大丸)・上條誠・鈴木雅晴・小石勝美・伊藤信夫・松本良・市田政勝・遠藤裕次・伊藤孝行・飯島淳◇柳井商業:藤井直史(専大→日本通運)◇竜ヶ崎一:関口一行(早大→住金鹿島)

県大会決勝戦東海大相模6-0日大藤沢
東海大相模 0 0 0 0 1 0 2 0 3 6
日大藤沢 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1975k.bmp 東海打線が14安打を放ち、村中が3安打に抑えて完封。東海大相模・森正敏が準決勝の4打数4安打に続き、5打数5安打と大当たり。投手:村中−中原・伊勢・大貫。
出来事準決勝で日大の森山投手が原を連続敬遠し、スタンドが騒然となる。東海大相模・森正敏が10安打・12連続出塁の県大会記録。新城高校、第1シードに。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]東海大相模8-4日大/日大藤沢5-2横浜商業
[準々決勝]横浜商業7-1法政二/東海大相模8-4桐蔭学園/日大3-0横浜商大/日大藤沢3-2相洋
主な選手 ◇東海大相模:村中秀人(2年、東海大→プリンスホテル→東海大相模監督→東海大甲府監督)・原辰徳(2年、東海大→巨人)・津末英明(2年、東海大→日ハム→巨人)・岡部憲章(2年、日ハム→阪神)・森正敏(東海大→リッカー)・佐藤功(早大→日本石油)・綱島里志・朝倉秀俊(東海大→ホンダ鈴鹿)・藤崎羊一・今井昭二(東海大→日立製作所)◇横浜:佐野元国(1年、近鉄→巨人)◇横浜商業:羽仁生俊之(2年、日本鋼管)・高野章(日本鋼管)◇横浜商大:松本隆春(大洋)◇鎌倉学園:福本勝幸(早大→東芝)・金沢哲男(早大→東芝→横浜商大高監督)◇桐蔭学園:長内孝(広島→大洋)・水上善雄(ロッテ→広島→ダイエー→橘学苑監督)・風間利之(東洋大→西濃運輸→日立製作所)・中山博(関東学院大)◇座間:野村克晃(カリフォルニア・ポリー大→ヤクルト)◇新城:須山・峯(2年)◇藤沢商業:土手本勝次(南海)◇日大:大橋信博(日大→TDK)・池田浩一(日大→TDK)・倉橋秀典(中大→東芝)◇日大藤沢:中原利幸(法大)・鹿目将志(日立製作所)・黒須裕幸(亜大→いすゞ自動車)




戻る