神奈川県勢・年度別戦績表(1979年)

1979年春 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦箕島8-7浪商1回表、浪商が右前打で出塁した椎名を2塁に置き、香川の中前適時打で1点を先制。その裏、箕島も2死から上野山の左前、北野の右前、上野の左前の3連続安打で同点に。3回裏、箕島は1死から宮本の四球、上野山の投前バントヒットで1,2塁から北野の中越え3塁打で2点を勝ち越す。4-1と箕島の3点リードで迎えた6回表、浪商は先頭の香川が遊ゴロエラーで出塁すると、井戸の中前打で1,2塁から川端の右中間2塁打と送球エラーで2点を返し、さらに森川の中犠飛で遂に同点に追いつく。6回裏、箕島は2死から遊ゴロエラーで久保が出塁。さらに2盗を決め、代打・江川が四球の後、嶋田が左翼線を破りで5-4と勝ち越し。7回表には、浪商が右前打で出塁した椎名を2塁に置いて、山本の右中間3塁打と香川の右翼線2塁打で5-6と再逆転。7回裏、箕島は1死から北野が右越本塁打で同点に追いつき、さらに上野の右中間3塁打から森川が2塁手の前に3バントスクイズを決め、遂に7-6と逆転。8回裏、箕島は1死から宮本が中前打で出塁し、さらに2盗を決める。上野山が三振で2死となるが、続く北野がに2塁打を放ち8-6と2点リード。9回表、浪商は四球で出塁した山本を2塁に置いて、牛島のレフト線2塁打で1点差とするが、箕島がそのまま逃げ切り優勝。両軍合わせて26安打は、第47回高知−東海大相模(延長13回)に並び決勝戦の最多安打記録。投手:石井毅(住友金属→西武)−牛島和彦(中日→ロッテ)。
《箕島の戦績》箕島10-4下関商業/箕島5-1倉吉北/箕島4-3PL学園/箕島8-7浪商
出来事箕島・北野敬史が大会18号本塁打を含め大会史上初のサイクル安打達成。和歌山県の優勝は昭和2年・和歌山中以来。PL−宇都宮商業の2回戦でPL・阿部慶二(ヤマハ発動機→広島)が史上初めての2打席連続ホームラン(2打席目はサヨナラ本塁打)を放ち、大会通算個人最多本塁打3本(尼崎北戦で2試合連続)を記録。箕島は対倉吉北戦で大会記録となる10犠打(バント8、犠飛2)を記録。準々決勝の池田−東洋大姫路戦は土砂降りの雨の中、9回まで8-2とリードした東洋大姫路が8-7で池田の猛攻を振り切る(投手:橋川−萩原・山河)。ベスト4を箕島、浪商、東洋大姫路、PL学園の近畿勢が独占。
主な選手 ◇PL学園:小早川毅彦(法大→広島→ヤクルト)・阿部慶二(亜大→ヤマハ→広島)・山中潔(広島→ダイエー)・山崎剛(阪急)・竹中暢啓(大丸)・後藤泰夫(大阪経済大→電電近畿)・小野忠史(東洋大→松下電器)・渡辺勝男(東芝府中)・林昌希(神戸学院大→三菱重工神戸)・中西康智(近大)◇愛知:安井邦明(三菱重工名古屋)・池田好隆(サンジルシ醸造)・木全崇博(愛知学院大)・浜田泰三(駒大)・森俊哉(愛知学院大)・宮田典孝(亜大)・戸谷唯志(電電東海)・林敏之(愛知学院大→熊谷組)◇宇都宮商業:金敷一美(東芝府中→ヤクルト)・上田仁(高崎鉄道管理局)・小川利明(東京ガス)・渡辺勇治(東京ガス)・倉敷一美(東芝府中)・山中哲央(明大→明治生命)・笈川忠一(東京ガス)◇下関商業:中野年浩(三菱水島)・楠雅好(NTT中国)・宇郷誠(三菱自動車水島)・福原剛(福岡大)・米田努(三井金属)・山本一彦(専大→三菱水島→韓国・斗山コーチ)◇岐阜中京商業:藤本貴久(2年、巨人)・松橋貞行(名城大)・鵜飼忠臣(中京大)・小林竜二(名城大)・和田雅行(中京大)・松垣博人(北海道拓銀)・若松研士(いすゞ自動車)◇久留米商業:松田善幸(西部ガス)・矢ヶ部政信(美津濃)・寺島康義(明治乳業)・池尻康晴(ホンダ鈴鹿)・一木芳博(久留米工大)・原野洋成(ホンダ鈴鹿)・井上雅博(筑陽銀行)◇高松商業:中村太(京都産業大)・三原薫(同大→新日鉄堺)・堤達郎(法大)・中尾貴紀(国鉄四国)・木村達司(亜大)・藤田尚徳(東洋大)・篠原大介(専大)◇高知商業:中西清起(2年、リッカー→阪神)・森浩二(阪急→ヤクルト)・秋山好明(東海大)・松岡隆民・青木功(明大)・依光孝衛・森田洋生(明大)・岡村宣昭・三浦雅嗣(近大)・田川浩史(京都産業大)
◇国学院久我山:石田宗樹(明大)・高良武士(国学院大→国学院久我山監督)・山本栄一(中大)・坂本秀樹(国学院大)・恩田幾夫・林隆夫(国学院大)・富樫秀一(国学院大→TDK)・実島竜彦(国学院大)・内山光司(国学院大)・中島俊也◇作新学院:大塚孝(2年、法大→作新学院監督)・山崎圭三(いすゞ自動車)・岡崎茂(国士舘大)・後藤俊夫(法大)・小林喜久男(神奈川大)・石川正之(神奈川大→日本石油)・荻原俊文(亜大→ホンダ)◇室蘭大谷:鈴木真史(日本石油)・宍戸俊男(札幌鉄道管理局)◇修徳:横倉豊(日ハム)・大橋寿一(法大)・由井昇(東芝府中)・山田一成(熊谷組)・村松忠(立正大)・仲田良一(東京電力)・藤原正義(日本鉱業佐賀関)・榎本昌己(東芝)・小倉良之(東京電力)◇星稜:北安博(横浜大洋→日ハム)・堅田外司昭(松下電器)・川井直之(神戸製鋼)・若狭徹(中日)・山下靖(JT)・加藤直樹(北陸銀行)◇静岡:荻野直(早大)・太田一彦(青学大)・安間忠芳(中大→河合楽器)・太田智之(明大→河合楽器)◇川之江:鍋島博(駒大)・篠原勝(東洋大)・高津勇司(東洋大)・山下宏(駒大)・田川文俊(日体大)・石川正広(愛知学院大)・大越俊則(慶大)◇前橋工業:高橋一彦(日本石油→大洋→西武)・小川博(2年、青学大→ロッテ→オリックス)・泉正雄(早大)・腰塚和明(東京ガス)・青山忍(日大)◇倉吉北:矢田万寿男(阪急)・竹蔵俊介・岡田資昌(川崎製鉄水島)・高塚正巳(協和発酵)・木内健輔(川崎製鉄神戸)・谷川哲也(川崎製鉄水島)◇大分商業:岡崎郁(巨人)・古庄和彦(トキワ)・三野和利(西日本銀行)・荒金八十八(西日本銀行)・窪田雄二(大分銀行)・石川岳志(愛知工大)・高橋義晴(駒大→電電北陸)・松村直樹
◇池田:橋川正人(同大→四国銀行)・岡田康志(筑波大→池田監督)・川原公司(四国電力)・山下敏道(日鉱佐賀関)・岡本聡(阿波銀行)・河野茂樹(中大)・永井宏一郎(中大)・山本啓二(新日鉄名古屋)◇鶴商学園:君島厚志(立正大)・斎藤並(秋田TDK)・佐藤憲一(富士大)◇天理:福田義浩・阿久根伸二(明大)・加藤弘(天理大)・高松伸章(同大→日本新薬)◇田辺商業:宮本宗篤(川崎製鉄)・上村真弘(川崎製鉄)・成瀬勤(立正大)・岡村昭仁(東京経済大)◇東北:中条善伸(2年、巨人→南海→大洋)・高根正志(リッカー→東京ガス)・村上淳(明大)・岡部雅浩(法大)◇東洋大姫路:萩原健吾・三井博司(亜大)・前田弘樹(東洋大)・岡田竜生(日体大)・高田充宏(東洋大)・谷口誠昭(川崎製鉄)◇尼崎北:今北治成(京都産業大)・楢原安展(法大)◇八代工業:堤幸人(熊本鉄道管理局)・田中博文(熊本鉄道管理局)・上田聖二(八幡大)・西村剛(日立造船有明)・林省二(NTT九州)・河野祥孝(熊本鉄道管理局)◇府中東:片岡光宏(広島→中日→大洋)・山口晃司(京都産業大)・池田勝志(常石鉄工)・浅野実(北川鉄工)・永久克則(常石鉄工)◇福井商業:坂部範雄(同大→北陸銀行)・清水博之(北陸電力)・松島章雄(青学大)・飛山浩司(NTT北陸)・松井広之(青学大)・坂本伸(京都産業大)
◇箕島:石井毅(住友金属→西武)・嶋田宗彦(住友金属→阪神)・上野敬三(巨人)・北野敬史・榎本真治・久保元司(東芝府中)・上野山善久(同大→電電近畿)・北野敏志(松下電器)◇浪商:香川伸行(南海)・牛島和彦(中日→ロッテ)・山本昭良(南海)・石見保之(松下電子)・椎名正三(大阪体育大)・梶山義雄(大阪体育大)・井戸義隆(大阪商大→大昭和製紙北海道→大昭和製紙)・川端新也(トヨタ)・片山俊春(大阪航空)・猪熊知二(第一紙行)

1979年夏 横浜商業

出場回数46年ぶり3回目
主な選手 (1)宮城弘明(2年、ヤクルト→韓国ビングレ)  (2)杉本則之(関東学院大) (3)中村忠裕(日本石油) (4)小沢潤一(2年、明大) (5)鈴木智治(2年、中大→河合楽器)  (6)中山剛(明大→東京ガス)  (7)松村幸二(日本銀行) (8)西尾善政  (9)菊川哲司(専大→金港クラブ)
対戦成績 2回戦6-1八幡大付属
横浜商業 0 2 3 0 0 0 0 1 0 6
八幡大付属 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
1979n1.bmp 2回表、西尾・宮城の連打と送りバントで2・3塁とし、小沢の遊ゴロ内野安打で2点を先制。3回にも中山が左中間3塁打で出塁。松村は2ゴロに倒れ1死となるが、鈴木の左前打、西尾の右前打、宮城の犠飛等で、この回、計3点を奪う。シャープな打撃と宮城の剛球で圧勝。相手投手:上野・山下。
3回戦14-4豊浦
横浜商業 1 4 1 1 4 0 1 1 1 14
豊浦 0 0 0 1 0 3 0 0 0 4
1979n2.bmp 初回表、1死から小沢の右前打と杉本の右翼線2塁打で1点を先制。2回表2死後、宮城が左中間を破る2塁打で出塁。続く中村が中前打で1・3塁、さらに菊川の四球で満塁とした後、次打者・小沢が左越に満塁本塁打を放ち勝負を決定づける。豊浦は4回裏に四球で出塁した福本が盗塁を決め、南野が送って1死3塁とした後、竹中が1・2塁間を破り1点を返す。5回表には菊川のランニングホーマーでダメ押し。6回裏、豊浦は無死1・3塁から福田の右翼線2塁打で1点を返し、さらに尾田、新村の連続スクイズでこの回計3点を挙げる。横浜商業は大会新記録の1試合9犠打というキメ細かい攻撃も見せる。相手投手:三好。
準々決勝6-3大分商業
横浜商業 0 0 1 0 0 1 0 0 4 6
大分商業 0 1 0 0 1 0 0 0 1 3
1979n3.bmp 2-2の同点で迎えた9回表1死から、鈴木の3塁線3塁打、西尾の左前打、中村の投手強襲、菊川の左中間3塁打、小沢の中前打と続き、5長短打のつるべ打ちで一気に4点を勝ち越す。大分商業の遊撃手は岡崎郁(巨人)。相手投手:松本。
準決勝2-3箕島
横浜商業 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2
箕島 1 0 1 0 1 0 0 0 X 3
1979n4.bmp 宮城は1回、3回、5回にソツなく1点ずつを奪われたものの、以降、箕島を無得点に抑える。5回表には中村の安打で1点、8回には菊川の安打や敵失で1点を奪うが、相手投手のコーナーワークに手こずる。相手投手:石井毅(住友金属→西武)。
甲子園決勝戦箕島4-3池田箕島のエース・石井と池田の強力左打線の対決。1回表、池田は山下と川原の長短打で1点を先制。箕島もその裏、ヒットで出た嶋田が2盗、3盗を決め、北野がしぶとくライト前へ運び同点。4回表。池田が永井の大会27号で再び1点をリードし、さらに5回表、右前打で出塁した田所を2塁に置き、山本が中前タイムリーでリードを2点に。箕島は6回裏、北野が四球、上野がエンドランで、1死1、3塁。次打者・森川の時、3走・北野が牽制で三本間挟まれるが本塁を陥れ1点差に。さらに8回裏、箕島は北野が内野安打で出塁。1死2塁から森川の遊ゴロを池田・田所が3塁に送球するが、送球が走者に当たり、北野がそのままホームイン。なおもランナー3塁から、次打者・久保は3ゴロとなるが、池田3塁手・永井の送球が悪送球となり、1死1、3塁に。次打者・榎本はスクイズを読まれるが、投球に飛びついてスクイズを成功させ、遂に逆転に成功する。投手:石井毅(住友金属→西武)−橋川正人(同大→四国銀行)
《箕島の戦績》箕島7-3札幌商業/箕島4-3星稜/箕島4-1城西/箕島3-2横浜商業/箕島4-3池田
出来事箕島高校、春夏連続制覇。1回戦、浪商−上尾戦は、春の覇者・浪商が上尾・二村徹投手の好投の前に9回2死まで2点をリードされる展開となるが、土壇場の2死1塁から牛島の2ランで同点に追いつく。さらに浪商は延長11回、1死から木村が右中間3塁打でチャンスを掴み、香川は三飛に倒れるものの山本が左中間を破り決勝点を挙げる。3回戦、簑島−星稜は石井毅(住友金属→西武)−堅田外司昭(松下電器)の投げ合いで死闘18回。4回表、星稜は1死後、北安博が安打で出て、続く川井のエンドランで北が三進。川井が盗塁で2,3塁とし、続く堅田のタイムリーで1点を先制。4回裏、箕島は先頭の上野山が安打で出塁。北野が送りバント失敗で1死後、上野のエンドランで1,3塁。続く森川のタイムリーで1-1の同点に追いつく。1-1で迎えた延長12回表、星稜が音(中日)の安打と山下の死球で1死1・2塁とした後、石黒の二ゴロを箕島・上野山がトンネルし1点を勝ち越すが、その裏、箕島・嶋田が2死から本塁打を放ち同点。14回裏、箕島は安打で出た森川が3塁に進むが、星稜・若狭の隠し球でサヨナラのチャンスを逸す。16回表には、星稜が死球と内野安打で2死1・3塁とし、山下の右前タイムリーで1点を勝ち越す。16回裏、箕島は2死走者無しから森川のファールフライを星稜・加藤直樹が転倒して落球。命拾いした森川が左中間に同点のホームランを放ち再度試合を振り出しに戻す。最後は、延長18回の裏、辻内、北野が連続四球で1死1・2塁となった後、箕島の上野が左前にタイムリーを放ち、試合に終止符を打つ。国体は、台風19号のために決勝戦が中止され、3冠はならず。日大山形、山形県勢として甲子園で初めての2勝(新居浜商、明石南)。新居浜商業・続木が、開幕試合の日大山形戦で大会史上初の代打本塁打を放つ。滋賀・比叡山高校が滋賀県勢として夏の大会初勝利、準々決勝で浪商に敗れる。浪商・香川伸行(南海)が準々決勝・比叡山戦で3試合連続本塁打を記録(倉敷商業・広島商業・比叡山)。久慈高校・北田投手の超スローボールが話題となる(3-12浜田)。
主な選手 ◇安積商業:根本学(東海大→ヨークベニマル)・根本浩(三菱川崎)・坂本勝彦(亜大)・古川浩美(ヨークベニマル)◇茨城明野:大林弘・鹿野谷裕規(流通経済大)・斎藤郁夫(筑波大)・渡辺良夫◇宇治:磯部清治(日本新薬)・上山雅裕(仏教大)◇吉田:菅谷円博(山梨大→吉田高校監督)・勝俣伸一・細川一雄(流通経済大)・遠山孝治(流通経済大)・宮下宗治・天野満◇久慈:外館尚人・下館正則(石井建設)・戸賀沢浩(日体大)・晴山茂幸・小向政幸・打座敦(北日本銀行)・新里賢一◇境:御堂河内哲(千葉商大)・本岡厚(NTT中国)・鈴木敏彦(三菱広島)・大原章(明大)・筑谷直人・三宅士郎(中大)・川西博郷・安達明浩(新日鉄光)・本池義人(川崎製鉄水島)◇釧路工業:安宅弘志・平内学(国鉄)・柴田光紀(小松製作所)・山口幸治(トヨタ販売)・細谷信幸(十条製紙)・小泉全功(道都大)・南条秀人・末広利邦・渡辺晃成(旭川鉄道管理局)◇県岐阜商業:中木和人(愛知大)・吉川康彦(愛知大)・服部智(愛知大)・溝口賢二(愛知大)・堀伸二(愛知大)・栗木政彦(愛知学院大)・岩田直樹(愛知学院大)・岡野正春(東邦ガス)・矢島由政(東邦ガス)・堀英和(東邦ガス)
◇広島商業:永田利則(広島→南海)・中島信男(広島銀行)・勝田公裕(NHK)・津江本隆(法大)・荻田伸一(野村證券)・三沢信夫(日本石油)・南崎浩樹(JR中国)・中岡功(JR中国)・永田和利(広島)・黒川晃(中大)◇弘前実業:小山内(青森銀行)・藤田隆久(大東文化)・山田淳一(盛岡鉄道)・工藤博幸(松下電器)・横山英樹(日体大)・丹藤昌彦(住友銀行)・久保公克(住友鹿島)・白戸昌◇高松商業:中村太(京都産業大)・三原薫(同大→新日鉄堺)・堤達郎(法大)・中尾貴紀(国鉄四国)・木村達司(亜大)・藤田尚徳(東洋大)・篠原大介(専大)◇高知:中平克弘(大倉工業→プリンスホテル)・岡田通夫(近大→いすゞ自動車)・徳弘昇(大阪商大)・奥野英彦(近大)・白石淳(大倉工業)◇佐賀商業:塚原正浩(福岡大)・北村和紀(門司鉄道管理局)・久保尚志(住友銀行)・島裕之(門司鉄道管理局)◇済々黌:中尾浩(中大)・坂口義一・大川武士(明大)・鶴田広幸(法大)・大野裕二(中大)◇桜井:小室悟・荻野勝・篠崎孝伸(金沢学院大)◇札幌商業:鈴木忠仁(新日鉄室蘭)・藤田哲生・瀬川厚生・山本勝(北海学園大)・佐藤利幸(トヨタ販売)◇市立銚子:銚子利夫(法大→大洋→近鉄)・青柳英樹(相模工大)・名雪守(青学大)・大山利夫(鐘ヶ淵化学)・西広桂一(青学大)・西広哲也(青学大)・根本幹也(国士舘大)・伊藤浩一・渡辺友泰(鹿島ケミカル)・高安順一◇鹿児島実業:栄村忠広(専売鹿児島→巨人→オリックス)・鹿島忠(鹿児島鉄道管理局→中日)・山内安浩(JT)・上野敏郎(大蔵省印刷局)
◇秋田商業:高山郁夫(2年、プリンスホテル→西武→広島→ダイエー)・佐藤文信・千田正人(秋田信用金庫)・横山幸悦(秋田鉄道)・佐藤義己(東洋大)・菅原一夫(駒大)◇松商学園:川村一明(2年、プリンスホテル→西武→ヤクルト)・斎藤雅彦(青学大)・笠原亘(富士重工)・足立茂雄(法大)・茅野幸則・青家照二(NTT信越)・藤井憲郎(東海大)・菅家昭二(電電信越)◇上尾:仁村徹(東洋大→中日→ロッテ)・福田治男(東洋大→桐生一監督)・長堀肇(東洋大→NTT東日本)・細渕祐(富士重工)・長嶋勝利(富士重工)・梶原弘(国士舘大)・市川司郎(東洋大)・三ツ木孝次(国士舘大)・強瀬功(東洋大)・角田徹(東洋大)◇城西:川端浩之(城西)・宮沢裕康(立正大)・水野晃造(城西)・中川竜太郎◇新居浜商業:池内亨二(亜大)・中島清隆(法大)・稲葉剛(駒大)・岡田浩忠(四国電力)・泉亨(富士銀行)・野中茂(日産)・池内保裕(日本鉱業水島)◇星稜:北安博(横浜大洋→日ハム)・堅田外司昭(松下電器)・川井直之(神戸製鋼)・若狭徹(中日)・山下靖(JT)・加藤直樹(北陸銀行)◇前橋工業:高橋一彦(日本石油→大洋→西武)・小川博(2年、青学大→ロッテ→オリックス)・泉正雄(早大)・腰塚和明(東京ガス)・青山忍(日大)◇倉敷商業:片山勝彦(トヨタ)・鈴木賢司(国士舘大)・清坂高志(亜大)・渡辺雅仁(日本新薬)・片岡克司(倉敷レーヨン)◇相可:川合隆史(東洋大)・松原秀樹(NTT近畿)・大林亨(トヨタ)◇足利学園:新島修一(神奈川大)・小暮照次(神奈川大)・川島祥男・浅見剛(獨協大)・宮國男(獨協大)・半田哲夫(青学大→ヨークベニマル)
◇大分商業:岡崎郁(巨人)・古庄和彦(トキワ)・三野和利(西日本銀行)・荒金八十八(西日本銀行)・窪田雄二(大分銀行)・石川岳志(愛知工大)・高橋義晴(駒大→電電北陸)・松村直樹◇池田:橋川正人(同大→四国銀行)・岡田康志(筑波大→池田監督)・川原公司(四国電力)・山下敏道(日鉱佐賀関)・岡本聡(阿波銀行)・河野茂樹(中大)・永井宏一郎(中大)・山本啓二(新日鉄名古屋)◇中京:磯村昌輝(九州産業大)・浅野和弘(NTT東海)・三輪安徳(中京大)・小川新二(名古屋鉄道)・加藤洋城(三菱重工名古屋)・橋村功(東邦ガス)・藤井徳人(青学大)・水野真人(亜大)・田中浩(専大)◇中部工業:津波辰雄(福岡工大)・桑江良秀(日産)・桑江朝則(新日鉄釜石)・仲松和則(福岡工大)◇長岡:鈴木孝浩(帝京)・藤田尚秀・青木大二(日大)・椿克男(東海大)◇天理:福田義浩・阿久根伸二(明大)・加藤弘(天理大)・高松伸章(同大→日本新薬)◇都城:井上祐二(2年、南海→広島→ロッテ)・与那城隆(巨人)・松岡昌一(NTT近畿)・織田慎一(亜大)・宮平修(関東学院大)・知念清(亜大)◇東北:中条善伸(2年、巨人→南海→大洋)・高根正志(リッカー→東京ガス)・村上淳(明大)・岡部雅浩(法大)◇敦賀:大矢英樹(2年)・刀根健(2年、南海)・上田幹男・松木弘一(松下電器武生)・金沢元男(大阪経済大)◇日大三:金丸昭彦(日本通運)・佐藤中(日大)・伊藤孝夫(日大)・島村敏(中大)・平野秀人(東洋大)・坂井義人(駒大)・坂本伸之(獨協大)・柴田薫(立正大)・中瀬洋(日大)・野中寿人(日大)
◇日大山形:中山正法(日大)・菱沼雅彦(明大→山形相銀)・早坂喜和(山形銀行)・滝田文明(立正大)・大場直樹(中大)・柴田栄一郎(山形銀行)・誉田泰明(日大)◇八幡大付属:佐藤誠(八幡大)・賀来秀俊(日体大)・沢田和昌(八幡大)・二殿勝幸(八幡大)・上野延寿◇比叡山:田中孝明(大阪商大)・大伴嘉彦(大阪商大→第一紙行)・細川勝弘(日産)・奥村文彦(大阪商大)・田中一志(京都産業大)・薮内真治(松下電器)・宮崎裕也(中京大)◇浜田:牛尾守(中大→住金鹿島)・坂野秀範(明大)・岡村稔(明治学院大)・芦谷栄治(中大)・野田貢治(中大)・桑原浩(近大)・谷田裕哉(東洋大)・矢冨恵三(中大)◇富士:大本一也(筑波大)・影山貴司(筑波大)・久保田達也・野村道彦(静岡)・田原睦治(東京学芸大)・三雲薫・川村靖(横浜国大)・小林公一(東海大)◇豊浦:竹中勝人(芝浦大)・新村省三(福岡大)・山本伸也(JR中国)・三好仙奈◇箕島:石井毅(住友金属→西武)・嶋田宗彦(住友金属→阪神)・上野敬三(巨人)・北野敬史・榎本真治・久保元司(東芝府中)・上野山善久(同大→電電近畿)・北野敏志(松下電器)◇明石南:浜名敬一(川崎製鋼)・片岡潤次(立命館大)・井上俊秀(川崎重工)◇浪商:香川伸行(南海)・牛島和彦(中日→ロッテ)・山本昭良(南海)・石見保之(松下電子)・椎名正三(大阪体育大)・梶山義雄(大阪体育大)・井戸義隆(大阪商大→大昭和製紙北海道→大昭和製紙)・川端新也(トヨタ)・片山俊春(大阪航空)・猪熊知二(第一紙行)◇諫早:小島啓民(2年、早大→三菱重工長崎監督)・神崎博章(福岡教育大)・西田雅則(福岡大)・下野研児(日体大)

県大会決勝戦横浜商業3-1横浜
横浜商業 1 0 1 1 0 0 0 0 0 3
横浜 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
1979k.bmp 横浜商業、初回に無死1・3塁とし、連続三振から松村の内野安打で先制。3回には2死満塁から相手のミスで1点。4回も菊川のバントヒットと安打で1・3塁から中山の犠飛で1点。宮城は愛甲(2年)らの横浜打線を2安打に封じる。192センチ、96キロの大型右腕を擁する横浜商業が、春夏通じて41年ぶりに甲子園出場。公立校としては29年の鶴見工以来。
出来事雨のため7年ぶりの開会式順延。参加125校。愛甲・準決勝で藤沢商業にノーヒットノーラン。4回戦・向上−桐蔭は日没引き分け再試合の末、7-6で向上の勝ち。1回戦でいきなり東海大相模と横浜商業が対戦(2-3横浜商業の勝ち)。霧ヶ丘・阿藤宏康が城山戦で20奪三振の県タイ記録。橘が創部34年目で初のベスト8。藤沢商が赤木、土手本の投の二本柱でベスト4へ。法政二が大石監督の下で再スタート。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]横浜商業4-0日大藤沢/横浜5-0藤沢商業
[準々決勝]横浜商業10-2向上/横浜5-1桜丘/藤沢商業4-1武相/日大藤沢10-0橘
主な選手 ◇横浜商業:宮城弘明(2年、ヤクルト→韓国ビングレ)・鈴木智治(2年、中大→河合楽器)・小沢潤一(2年、明大)・中山剛(明大→東京ガス)・中村忠裕(日本石油)・松村幸二(日本銀行)・菊川哲司(専大→金港クラブ)・杉本則之(関東学院大)・西尾善政◇横浜:曽利田勝二(日ハム)・田代晃久(プリンスホテル→三菱重工横浜)◇鎌倉学園:中村・遠藤・松原◇関東学院:小松◇橘:杉本◇桐蔭学園:飯田孝雄(法大→日本IBM野州)・岡田和久(青学大→東京ガス)・勝呂哲也(明大)◇向上:安部達也(専大)◇桜丘:酒井◇瀬谷:清水◇相模原:野田◇相洋:杉山謙次(流通経済大)◇鶴見工業:青木秀夫(2年、東芝→横浜大洋)◇東海大相模:内野秀一(いすゞ自動車)・長谷川国利(2年、東海大→大洋)・内田強(東海大→日立製作所→中日→阪急→ダイエー)・小泉幸司(三菱重工横浜)・萩原光春(明大)◇藤沢商業:土手本勝昭(亜大→日本生命)・赤木法雄(亜大→拓殖銀行)◇日大:山口繁男(日大→スリーボンド)・岩見◇日大藤沢:和田護(法大→日産自動車→法大助監督→日本文理大付属監督)◇武相:小山勇(熊谷組)・山根雄一(神奈川大)・阿久根昭一(日本石油)◇法政二:小山克仁(法大)◇霧が丘:阿藤宏康




戻る