神奈川県勢・年度別戦績表(1983年)

1983年春 横浜商業、桐蔭学園

横浜商業2年連続7回目
主な選手(1)三浦将明(中日→佐川急便軟式野球部助監督)・斎藤誠・保坂彰茂 (2)森屋司  (3)佐藤道宏(専大)  (4)信賀正喜(中大)  (5)林光夫  (6)西村隆史(日本鋼管→東芝) (7)佐藤利晴(法大)  (8)中村大伸(日体大→NTT東京)  (9)高井直継(法大)
対戦成績 1回戦7-2広島商業
横浜商業 0 0 4 0 2 0 1 0 0 7
広島商業 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
1983h1.bmp 開幕試合でいきなり昨夏準優勝の広島商業との対戦。広島商業はエース沖元が負傷で先発できず。1回裏、1死1・2塁のピンチを迎えるが、4番・正路をダブルプレーに討ち取る。3回1死から西村の右前打と信賀のバントヒットで1・2塁。高井が右前にはじき返して先制点を挙げる。続いて1・3塁から4番・佐藤(道)の意表を突くスクイズ、中村と佐藤(利)の連打で一挙に4点を挙げる。3回裏、広島商業の4番・正路の中前タイムリーで1点を返される。5回表、左前打で出塁した西村を信賀が送り、続く3番・高井が大会第1号となる2点本塁打。6回裏、広島商業・欅の3塁打と西川のタイムリーで1点を返される。7回表には四球で出た信賀が2盗、3盗を決め、佐藤(道)の内野安打で1点を追加。7回裏、広島商業の先頭打者・沖元の2塁打でピンチを迎えるが、続く代打・宮尾、9番・竹内、1番・相島を3者連続三振に仕留める。三浦は11三振を奪う力投。相手投手:吉本誠治・沖元茂雄(順天堂大→廿日市西監督)。
2回戦1-0星稜
横浜商業 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
星稜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1983h2.bmp 3回表、四球の三浦を森屋が送り、西村の中前打で1・3塁から信賀が右前に落として決勝の1点を挙げる。星稜の軟投・荒山にてこずり5安打にとどまる。三浦は2回に連続四死球と捕逸で無死2・3塁のピンチを迎えるが、スクイズを封じて後続を断ち、4回にも先頭打者・荒山に3塁打を打たれるがスクイズを判断良く処理し本塁で刺すなど、最少得点を守りきる。相手投手:荒山善宣(北陸銀行)。
準々決勝2-0駒大岩見沢
横浜商業 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
駒大岩見沢 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1983h3.bmp 5回表、先頭の森屋が3塁ゴロエラーで出塁。林のバントは二封となるが、続く西村のショートゴロで林が2塁へ。続く信賀は2-1と追い込まれながらもライトラッキーゾーンに2点本塁打。三浦が無四球試合で大会最短試合(1時間33分)。三浦、2塁を踏ませず3安打完封。相手投手:大西伸幸。
準決勝4-0東海大一
東海大一 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
横浜商業 1 0 0 0 0 0 1 2 X 4
1983h4.bmp 初回裏、1死2塁から高井の左中間2塁打で1点を先制。以降、1-0のまま試合は終盤へ。6回、2死2・3塁から西村が4番・羽山のライナーを超美技で捕球し、逆転のピンチを逃れる。7回、佐藤(利)・森屋の安打などで加点。8回裏、1死2・3塁から中村の犠飛と佐藤(利)の右前タイムリーで2点を追加。三浦3試合連続完封。相手投手:杉本康徳・尚彦(双生児)。
決 勝0-3池田
池田 0 0 2 0 0 0 0 1 0 3
横浜商業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1983h5.bmp 昨年夏の優勝校・池田との対戦。3回表、先頭の松村を三振、続く井上を右飛で2死から1番・坂本に右前打、2番・金山に左前打と連打される。続く3番・江上の当りはショート後ろへのポップフライとなるが、ショートの名手・西村が追いつきながらも落球。記録はツーベースとなり、坂本が帰って池田が1点を先取。さらに2死2、3塁から、水野がセカンドタイムリー内野安打で2点目。8回表、2死から江上が左中間2塁打で出塁。続く水野に左前タイムリーでダメ押し点を奪われる。三浦、12安打を浴び、打線は水野の速球に2安打10三振に抑えられる。相手投手:水野雄仁(巨人)。
桐蔭学園初出場(甲子園は12年ぶり)
主な選手(1)高橋郁仁(日体大)・古賀邦彦・志村亮(2年、慶大→ウイーン) (2)大久保孝昭(2年、法大→小田急不動産)・斎藤博久(日大→水戸短大付属監督)  (3)河合潤  (4)荒井隆是  (5)内田良一  (6)畠山弘彰(法大→東芝)  (7)早水啓真  (8)久保倉一嘉 (9)瀬尾裕一
対戦成績 1回戦1-4報徳学園
桐蔭学園 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
報徳学園 0 0 0 0 0 0 0 4 X 4
1983h1b.bmp 初回表、久保倉を2塁に置き、河合の中前タイムリーで1点を先制。以降、追加点が奪えないまままま8回裏へ。6回から先発・高橋を救援した古賀が、2死から連打され1・2塁となった後、3番・谷川和宏に左翼席へまさかの逆転スリーランを浴びる。続く岡本透(横浜)にも右翼ポールに当る本塁打を浴び、あっという間の逆転負けを喫す。相手投手:岡本透(川崎製鉄神戸→大洋→日ハム)。
《報徳学園のその後》2回戦●0-1佐世保工業
甲子園決勝戦池田3-0横浜商業池田・水野、好調の横浜商業打線を2安打に抑える。
《池田の戦績》池田11-0帝京/池田10-1岐阜第一/池田8-0大社/池田2-1明徳/池田3-0横浜商業
出来事選手宣誓は広島商業の正路選手。池田高校、水野、江上、吉田、金山らで夏・春連覇。享栄・藤王康晴(中日)が緒戦の高砂南の2ランから準々決勝の東海大一の2打席目まで11打席連続出塁、8連続安打の大会記録を達成。50年ぶりに出場校が32校に増え、以後この32校が定着する。大会委員長(日本高等学校野球連盟会長)の講評始まる。1回戦・報徳学園−桐蔭学園戦で報徳・谷川・岡本が史上初の2者連続本塁打。初出場の駒大岩見沢が1回戦で強豪・今治西、2回戦で大接戦の末、久留米商業を破り、北海道勢として18年ぶりの2勝を挙げる。
主な選手 ◇宇部商業:秋村謙宏(法大→日本石油→広島→日ハム)・中富力(法大)・糸永弘幸(新日鉄光)
◇岐阜第一:穴吹祐司(阪急)・林哲雄(巨人)◇久留米商業:山田武史(ホンダ熊本→巨人→ダイエー)・山口幸夫・矢羽田善朗(法大)・秋吉昭二◇享栄:藤王康晴(中日→日ハム)・平田幸夫(中大→河合楽器→柳川監督)・加藤久喜(東邦ガス)・伊藤紀彦(西濃運輸)・川津秀高(新日鉄名古屋)◇峡南:伊藤史生(ロッテ)◇興南:仲田幸司(阪神→ロッテ)・仲田秀司(西武)・平田望(法大→日本石油)・比嘉清秀(東洋大)・砂川謙二(東洋大)・新里真(日大→大昭和製紙北海道)◇熊本工業:野村裕二(日ハム)・高村洋介(ホンダ熊本→阪神)・井上真二(2年、巨人)・内村徹(ホンダ熊本)・大椛和文(中大)・内田政親(八幡大)◇広島商業:沖元茂雄(順天堂大→廿日市西監督)・折田裕之(広島経済大→広島商監督)・正路晃弘(法大)・中村良央(法大)・豊田直樹(亜大)・児玉豊(東洋大)・相島和也(東洋大)・内藤一朗(東洋大)・吉本誠治◇高砂南:赤澤秀樹(神戸学院大→日本生命)◇駒大岩見沢:大西伸幸◇今治西:阿部真(青学大)◇佐世保工業:香田勲男(巨人→近鉄)・田淵謙二
◇桜美林:田口誠(明大)・長谷部淳(明大)◇取手二:吉田剛(2年、近鉄→阪神)・石田文樹(2年、早大中退→日本石油→大洋)・高橋勝男(流通経済大)◇上宮:光山英和(近鉄→中日→巨人→ロッテ→横浜→NOMOベースボールクラブ)・松島雅也(日体大→松下電器)・杉森実(龍谷大→大和銀行)・新井顕蔵(明大)・管月知樹(中大)・藤田牧雄(青学大)・香月聡(日体大)・竹立宏志(龍谷大)・岩見良彦(仏教大)◇星稜:湯上谷宏(2年、ダイエー)・荒山善宣(北陸銀行)・川村祥一(福岡大→日本生命)・上田一哉(奈良産業大)◇青森北:大間啓(筑波大→たくぎん)◇泉州:白次謙二(中日)◇池田:水野雄仁(巨人)・江上光治(早大→日本生命)・吉田衝(電電四国)・金山・井上知己(同大→東芝府中)・坂本文良(法大)・池西宏和(大阪経済大)・松村宏昭(三井銀行)・石本健(スリーボンド)・山田達也(大阪ガス)◇長浜北:田島敏雄(日本生命→南海→ダイエー→ロッテ→日ハム)◇帝京:竹内史英(阪急)・山田正通(専大)・吉田久志(三菱自動車川崎)・石上亨・塚田寿夫・池田幸弘(早大)・神保尋伸(帝京大→朝日生命)・正保栄治(亜大)・大見達也(青学大)・山下伸一◇東北:中根仁(2年、法大→近鉄→横浜)・藤木豊(東北福祉大→NTT東北)・北田憲雄(法大)・中山典彦(中大)・松岡晴彦(三菱自動車川崎)◇東海大一:杉本康徳・杉本尚彦
◇福井商業:大瀬正和(北陸銀行)◇報徳学園:岡本透(川崎製鉄神戸→大洋→日ハム)・梶本裕和(福井工大)・谷川和宏(松下電器)◇明徳:山本賢(2年、駒大)・近田豊年(ホンダ鈴鹿→南海→阪神)◇横浜商業:三浦将明(中日→佐川急便軟式野球部助監督)・中村大伸(日体大→NTT東京)・高井直継(法大)・西村隆史(日本鋼管→東芝)・佐藤道宏(専大)・森屋司・信賀正喜(中大)・佐藤利晴(法大)・林光夫・金井謙一(流通経済大)◇桐蔭学園:志村亮(2年、慶大→ウイーン)・大久保孝昭(2年、法大→小田急不動産)・畠山弘彰(法大→東芝)・斎藤博久(日大→水戸短大付属監督)・高橋郁仁(日体大)・瀬尾裕一・久保倉一嘉・早水啓真・荒井隆是・古賀邦彦

1983年夏 横浜商業

出場回数4年ぶり4回目
主な選手(1)三浦将明(中日→佐川急便軟式野球部助監督)・斎藤誠・保坂彰茂 (2)森屋司  (3)佐藤道宏(専大)  (4)信賀正喜(中大)  (5)林光夫  (6)西村隆史(日本鋼管→東芝) (7)佐藤利晴(法大)  (8)中村大伸(日体大→NTT東京)  (9)高井直継(法大)
対戦成績 1回戦5-4鹿児島実業(延長10回)
横浜商業 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5
鹿児島実業 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 4
1983n1.bmp 初回から鹿児島のアンダーハンド・竹之内を攻め立て、西村の3塁打を足がかりに、四球や佐藤(利)・中村・佐藤(道)の連打で4点を奪い、順調な滑り出し。以降、追加点が奪えずに苦しむ。三浦は5回までパーフェクトに抑えるが、疲れの見えた6回、2死から連打されて1点を奪われる。さらに4-1と3点リードの9回裏、守備の乱れが生じ1死満塁とされる。鹿児島の4番・阿久根をなんとか投ゴロに抑えるも、1-2-3の併殺を捕手・森屋が一塁へ悪送球。打者走者が一塁セーフとなる間に2走がホームインして2−4。さらに2死1、2塁の場面で、鹿児島実の重盗が決まって、2,3塁と一打同点のピンチ。続く5番・村田の打球は捕手前へのゴロとなるが、森屋の一塁送球がまたも暴投となり、ランナー2人が返ってついに同点に追いつかれる。なお2死2塁から6番・上釜に中前打を打たれるが2走は3塁ストップ。次打者を遊フライに抑え、何とか同点に食いとめる。10回表1死から三浦が安打で出塁。続く森屋のバントはきわどいタイミングで2塁へ送球され二封。チャンスを逃したかに見えたが、9番・林が浅めの守備を抜く右中間3塁打で決勝点を挙げる。相手投手:竹之内和志(専大→河合楽器)。
2回戦6-0佐世保工業
横浜商業 1 2 1 0 1 1 0 0 0 6
佐世保工業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1983n2.bmp 好投手・香田との対戦。初回表、先頭の西村が四球で出塁し信賀が送って1死2塁。続く3番・高井が3塁強襲安打で1・3塁といきなり好機を迎えると、続く4番・佐藤利の打席で、相手捕手・田淵の補逸で労せず1点を先制。2回表、投手・三浦が自ら3塁打で追加点のチャンスを作ると、投手・香田の牽制悪投で生還。さらに西村の安打と信賀の3塁打でこの回2点目を挙げる。3回表には、4番・佐藤利が大会15号となる本塁打を右翼席に放ち、序盤に4点のリードを奪う。5回表にも信賀、高井の連続安打で1点を追加。さらに6回表にも1死から林が2塁打を放ち、2死となった後、信賀の右中間を破る3塁打で6点目を挙げる。佐世保工業は8回裏1死から1番・川添が四球で出塁。川添が2盗を決め2死2塁から、3番・田淵が右前打を放つが、右翼手・高井から中継された好返球で生還を許さず。打線は5長短打を含む13安打。三浦が4安打完封で完勝。相手投手:香田勲男(巨人→近鉄)。
3回戦19-3学法石川
横浜商業 0 5 2 4 0 2 0 6 0 19
学法石川 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
1983n3.bmp 先発全員の21安打。2回表、中村が右前打で出塁後、3塁へ送りバントの間に中村が3塁へ。一塁手の送球が悪送球となり、中村が生還。この回打者一巡の攻撃で5点を奪う。3回は3長打で2点、4回は2四球から犠飛・スクイズなどで4点を挙げる。横浜商業、三浦−斎藤−保坂のリレー。相手投手:小椋政彦−松井達徳(法大→日産自動車→中日→阪神)。
準々決勝4-1宇部商業
宇部商業 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
横浜商業 2 0 0 0 0 0 2 0 X 4
1983n4.bmp 初回裏、好投手・秋村の立ち上がりを攻め、西村・高井が四球で出塁した後、佐藤(利)・佐藤(道)の長短打で2点を先制する。5回表には1点を奪われ、なお無死2・3塁とピンチを迎えるが、スクイズを外し挟殺でピンチを切り抜ける。2-1と1点リードのまま迎えた7回裏、佐藤(道)・森屋の安打で2死2・3塁とした後、西村がセンター前へタイムリーを放ち、待望の追加点をあげる。三浦・スクイズを外すなど、再三の好守でピンチを乗り切る。相手投手:秋村謙宏(法大→日本石油→広島→日ハム)。
準決勝12-2久留米商業
久留米商業 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
横浜商業 1 0 3 2 3 2 0 1 X 12
1983n5.bmp 初回裏、2四球とエラーにより無安打で1点を先制。3回、信賀が四球で出塁し、すかさず2盗。1死から佐藤(利)以下がスクイズを挟んで3連打し、3点を追加する。4回、高井の3塁打などで2点。5回、4安打に2失策を絡め4点。6回には、三浦のタイムリーの後、手堅くスクイズで11点目を挙げる。結局、14安打に10盗塁を絡ませて大勝。横浜商業、三浦→斎藤のリレー。相手投手:山田武史(ホンダ熊本→巨人→ダイエー)−秋吉昭二−山田。
決 勝0-3PL学園
横浜商業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
PL学園 0 1 0 0 0 0 1 1 X 3
1983n6.bmp 初回表、先頭の西村が右飛で1死となった後、信賀が中前打で出塁。2盗と3盗を決めてチャンスをつかむが高井は三振、佐藤(利)は遊ゴロで後続なし。2回にも先頭の中村が中前打で出塁するが、犠打で2進したところでPL・桑田の牽制球に刺される。2回裏、PLの先頭打者・清原に右中間ラッキーゾーンへ本塁打を打たれ、先制を許す。3回裏にも四球で出塁した池辺に2盗を決められ2死2塁となり、続く菅野に右前適時打を打たれるが、ライト・高井の好返球により追加点のピンチを脱する。0-1で迎えた7回表、1死から佐藤(道)が四球で出塁。2死となった後、桑田を後継したPL・藤本から森屋が四球を選び、1・2塁のチャンスをつかむが、林は遊ゴロに倒れチャンスを生かせず。7回裏1死からPL・小島に2塁打を打たれ、桑田を遊ゴロに打ち取った後、住田に四球を与えて2死1・2塁のピンチを迎える。続くPL・藤本の当りはショート・西村のグラブをはじくがセカンド・信賀がバックアップ。本塁突入を試みた2走・小島を刺そうとするが、間一髪でセーフ。追加点を許す。さらに8回裏、PLの先頭打者・加藤に今大会チーム8本目(新記録)となる大会第31号を打たれ、3点目を奪われる。横浜商業は計6安打に終わる。相手投手:桑田真澄(1年、巨人→米・パイレーツ)−藤本耕(日本生命)。
甲子園決勝戦PL学園3-0横浜商業清原、甲子園初ホームラン。審判の郷司さんは本大会をもって引退。
《PL学園の戦績》PL学園6-2所沢商業/PL学園7-0中津工業/PL学園6-2東海大一/PL学園10-9高知商業/PL学園7-0池田/PL学園3-0横浜商業
出来事桑田・清原の1年生コンビを擁するPLが、準決勝で3期連続優勝を狙う池田を散発5安打に抑え、打っては桑田・住田の連続本塁打などで着実に加点し、剛速球投手・水野を擁する池田を7-0で降す。3回戦・池田−広島商業戦で池田・水野が頭部に死球を受ける。甲子園の手書きボードがなくなる。東海大一の杉本康徳・尚彦が双生児で投手リレー。ワイワイ野球の横浜商業は、甲子園チーム打率1位(.349)を誇り、秋の国体まで3大会連続準優勝。1回戦・箕島−吉田戦で、箕島・硯昌巳(西濃運輸)の2打席連続ホームランで箕島が9回に同点に追いつき、延長13回の末サヨナラ勝ち。高知商業・津野浩(日ハム)が3回戦の箕島戦で吉井理人(近鉄→ヤクルト→メッツ→オリックス)から満塁ホームラン。2回戦の帝京−宇部商業戦は、宇部商業・浜口大作が逆転サヨナラホームラン。
主な選手 ◇PL学園:清原和博(1年、西武→巨人→オリックス)・桑田真澄(1年、巨人→米・パイレーツ)・加藤正樹(早大→近鉄)・山中勝巳(明大→中日)・藤本耕(日本生命)・朝山憲重(ホンダ)・東森修(三菱自動車水島)・森上弘之(三菱自動車京都)・酒井徹(大阪経済大→日本生命)・小島一晃(駒大)◇茨城東:加茂川重治(巨人→中日→大洋)◇印旛:山中律俊(南海)・海老原豊(東京ガス)・古瀬和人(日本通運)◇宇都宮南:荒井浩司(筑波大)・小宮山直(明大)◇宇部商業:秋村謙宏(法大→日本石油→広島→日ハム)・中富力(法大)・糸永弘幸(新日鉄光)
◇岡山南:横谷総一(阪神)◇学法石川:松井達徳(法大→日産自動車→中日→阪神)・小椋政彦◇岐阜第一:穴吹祐司(阪急)・林哲雄(巨人)◇吉田:田辺徳雄(2年、西武→巨人)◇久留米商業:山田武史(ホンダ熊本→巨人→ダイエー)・山口幸夫・矢羽田善朗(法大)・秋吉昭二◇興南:仲田幸司(阪神→ロッテ)・仲田秀司(西武)・平田望(法大→日本石油)・比嘉清秀(東洋大)・新里真(日大→大昭和製紙北海道)・砂川謙二(東洋大)◇広島商業:沖元茂雄(順天堂大→廿日市西監督)・折田裕之(広島経済大→広島商監督)・正路晃弘(法大)・中村良央(法大)・豊田直樹(亜大)・児玉豊(東洋大)・相島和也(東洋大)・内藤一朗(東洋大)・吉本誠治◇高松商業:大森剛(1年、慶大→巨人→近鉄)・高松晃裕(大阪商大→日本生命)・田中健司(大阪商大)◇高知商業:津野浩志(日ハム→広島→中日→ロッテ)・町田明謙(東海大→四国銀行)・岸本信也(日大)・楠目拓哉(近大)・矢野修身(松下電器)◇高鍋:坂口裕之(明大→日本石油)・横山靖史(法大→たくぎん)・増田慎吾(専大)・清野潤二(東芝→国際武道大)
◇駒大岩見沢:大西伸幸◇佐世保工業:香田勲男(巨人→近鉄)・田淵謙二◇市立尼崎:池山隆寛(ヤクルト)・清水稔(近大→三菱重工神戸)・池田裕之(大阪経済大)・前中浩一(大阪経済大)◇鹿児島実業:竹之内和志(専大→河合楽器)◇秋田:太田政直◇所沢商業:前田俊郎(新日鉄君津→西武)◇小松明峰:細川昭一◇仙台商業:荻原満(東海大→巨人)◇創価:小野和義(近鉄→西武→中日)・高田仁志・河野勉・沢田務・安斉賢治・神田直樹・松本圭司・大塚一朗・加島広宣・小田一弘◇大田:門脇弘二(住友銀行)◇池田:水野雄仁(巨人)・江上光治(早大→日本生命)・吉田衝(電電四国)・金山・井上知己(同大→東芝府中)・坂本文良(法大)・池西宏和(大阪経済大)・松村宏昭(三井銀行)・石本健(スリーボンド)・山田達也(大阪ガス)
◇中越:竜池康雄・富岡悟(城西大→ニチエー)◇中京:野中徹博(阪急→オリックス→台湾俊国→中日→ヤクルト)・紀藤真琴(広島→中日→楽天)・鈴木俊雄(法大→日立製作所→ロッテ→台湾味全→ミキハウス)・森昌彦(亜大→NTT東海)・今井陽一(拓殖銀行)・佐々木健二(ホンダ鈴鹿)・豊永徳昭(東邦ガス)◇鳥栖:内山正博(青学大→ホンダ熊本→日ハム)・高島康(明大)◇帝京:竹内史英(阪急)・山田正通(専大)・吉田久志(三菱自動車川崎)・石上亨・塚田寿夫・池田幸弘(早大)・神保尋伸(帝京大→朝日生命)・正保栄治(亜大)・大見達也(青学大)・山下伸一◇天理:南淵時高(青学大→東芝→ロッテ→中日→オリックス)・多田淳(大阪商大→松下電器)・藤原忠理(奈良産業大→ニコニコドー)・北出忠徳(関大)・刑部武史(奈良産業大)・石本隆(丸勝)◇東海大二:藤枝慎治(ヤクルト→大洋)◇東山:三品和之(大谷大)・大江民也(奈良産業大)・菊井知彦(同大→京都信用金庫)・鳴海力之輔(京都産業大)・木原太(青学大)◇比叡山:順風秀一(いすゞ自動車→ロッテ)・福本茂雄(大仙)・寺倉幸光(大阪学院大)◇米子東:杉本信吾(慶大→米子東監督)・浜田宏明(国学院大)◇箕島:山下徳人(東洋大→ロッテ)・吉井理人(近鉄→ヤクルト→米・メッツ→オリックス→ロッテ)・硯昌巳(西濃運輸)・嶋田章弘(2年、阪神→近鉄→中日)・千川健二(近大)

県大会決勝戦横浜商業3-1横浜
横浜 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
横浜商業 0 0 0 2 1 0 0 0 X 3
1983k.bmp 投手:三浦−白岩・山本・横田。横浜商業が4回裏、高井が四球で出塁。佐藤(利)の送りバントで1死2塁となった後、中村の右越え大三塁打で先制。佐藤(道)も犠飛を放ち2点目を挙げる。さらに5回裏2死1・3塁から高井がダメ押しの右前適時打。三浦3連投も、5安打1点に抑える。
出来事5回戦、横浜商業−寒川は4-3で横浜商業が辛勝。投手:斉藤・三浦−田村。準決勝、横浜商業−法政二は6回まで法政二が1点リード(1-0)。横浜商業は6回、西村のスクイズ(安打)で同点の後、信賀が送りバント。西村が一気に3塁を突き、送球が外れる間に、そのまま逆転のホームを踏む。相洋が西湘地区で初の四強入り(3-5横浜)。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]横浜商業2-1法政二/横浜5-3相洋
[準々決勝]横浜商業8-2日大/横浜9-0関東六浦/相洋7-1鶴見工業/法政二1-0日大藤沢
主な選手 ◇横浜商業:三浦将明(中日→佐川急便軟式野球部助監督)・中村大伸(日体大→NTT東京)・高井直継(法大)・西村隆史(日本鋼管→東芝)・佐藤道宏(専大)・森屋司・信賀正喜(中大)・佐藤利晴(法大)・林光夫・金井謙一(流通経済大)◇横浜:白岩勉(関東学院大)・神山一義(2年、中日)・高橋康幸・木下大助(関東学院大)・篠原勝彦(関東学院大)◇関東六浦:蒲谷和茂(2年、東芝→西武)◇桐蔭学園:志村亮(2年、慶大→ウイーン)・大久保孝昭(2年、法大→小田急不動産)・畠山弘彰(法大→東芝)・斎藤博久(日大→水戸短大付属監督)・高橋郁仁(日体大)・瀬尾裕一・久保倉一嘉・早水啓真・荒井隆是・古賀邦彦◇相洋:仲村教次(城西大)・戸崎光裕(関東学院大)◇多摩:定常健治(国学院大→金港クラブ→有馬監督→厚木北監督)◇大和:脇田政亮◇東海大相模:吉沢正(東海大→三菱重工横浜)・一場良隆(東海大→いすゞ自動車→ヤオハンジャパン)◇藤沢商業:飯島誠(亜大)◇日大:岩本克尚(リッカー→王子製紙春日井)・日野貴透(日大→富士重工)◇日大藤沢:山本昌広(中日)・金子英樹(日大)・加賀山紀行(日大)◇武相:時野谷守(関東学院大)・新井進(関東学院大)◇法政二:山本正幸(2年、法大→ホンダ熊本)・呉俊宏(法大準硬式→大洋→西武)・小野里慶人(法大→いすゞ自動車)・倉鋪学(法大)・山浦剛(法大)・吉田聡(法大)・高野睦(法大)




戻る