神奈川県勢・年度別戦績表(1991年)

1991年春 (参加無し)

対戦成績 ---
甲子園決勝戦広陵6-5松商学園大正15年の第3回大会と同じ組み合わせの古豪対決に。2-5とリードされた広陵が7回裏に上田を打ち崩し同点に追いつく。5-5のまま迎えた9回裏、広陵が7回から上田に代わった松商学園の2番手投手・中島を攻め、二岡の左前安打と盗塁、さらに島村の四球で2死1・2塁とし、続く下松が前進守備を敷いたライト・上田の頭上を越してサヨナラ勝ち。投手:塩崎貴史(2年、東洋大→日本石油→日石三菱→新日本石油)・小土居昭宏(立正大)−上田佳範(日ハム→中日)・中島。
《広陵の戦績》広陵8-2三田学園/広陵4-2春日部共栄/広陵5-2鹿児島実業/広陵4-1市川/広陵6-5松商学園
出来事1回戦の広陵−三田学園戦は8回裏に広陵が下松の同点本塁打で追いつき、9回降雨引分け再試合の末、8-2で広陵が勝利。広陵が引き分け再試合を含め、史上はじめて1大会で6試合を戦う。決勝戦は、大会史上2度目の決勝サヨナラ。広陵は65年ぶり2度目の優勝。準優勝の松商学園は、エース・上田が1回戦でイチローの愛工大名電に点を取られて以降、35イニング無失点を記録し、長野勢として37年ぶりとなる優勝戦へ進出。初出場の山梨・市川高校が2回戦で宇都宮学園に、準々決勝で桐生第一にそれぞれサヨナラ勝ちするなど、準決勝へ進出し「ミラクル市川」と呼ばれる。投手:樋渡卓哉(慶大→高野山大→日本航空高コーチ)。箕島・林孝哉(ダイエー)がセンバツ史上8人目の2打席連続ホームラン。イチローが愛工大名電のエースとして出場。大阪桐蔭・和田が対仙台育英戦で仙台を1四球に抑え、センバツ史上10人目のノーヒットノーランを達成。前年夏優勝の天理は、谷口がエースとなり出場したが、松商学園・上田に抑えられ夏春連覇はならず。
主な選手 ◇愛工大名電:鈴木一朗(オリックス→米・シアトルマリナーズ)・深谷篤(法大→三菱自動車岡崎→セ・リーグ審判)◇宇都宮学園:高根沢力(日大→三菱ふそう川崎)◇学法石川:川越英隆(青学大→日産自動車→オリックス→ロッテ)・白土一成(青学大)
◇桐生第一:大川雅基・酒寄諭(東洋大→NTT東日本)◇熊本工業:塩崎真(東洋大→新日鉄広畑→オリックス)・山村康二郎(NTT九州→NTTグループ九州野球クラブ→JA熊本信連軟式)・猪本祐規(専大)・山野孝典(ホンダ熊本→ホンダ鈴鹿軟式)・上野修平(大阪ガス)◇広陵:塩崎貴史(2年、東洋大→日本石油→日石三菱→新日本石油)・小土居昭宏(立正大)・二岡聡(仏教大→NTT中国)・山本栄一郎(国士舘大→日本通運)・上田谷貴志(東亜大→日本新薬)・三谷伸輔(東亜大→リースキン広島)・田渕晶一(立正大)◇国士舘:石渡晃弘(東北福祉大)・菊地裕介(国士舘大→川口球友クラブ)・守谷武士(明大→JR東日本)・松本孝一・前田誠悟・伊藤政輝・大北直人・小川佳永・中野雅貴・渡部恭央◇坂出商業:朝倉龍二(大阪ガス)・森内健司(JR四国)◇三重:奥村幸司(法大→ヤマハ)・青木秀樹(法大)◇三田学園:岡村晃(関大→近鉄)・上岡靖知(仏教大→東芝府中)・奥具久(立命館大)・岡本二郎(大阪学院大→日産自動車)◇市川:樋渡卓哉(慶大→高野山大→日本航空高コーチ)・古屋順(亜大)◇鹿児島実業:味園博和(専大→デュプロ)・内薗直樹(2年、三菱重工長崎→巨人→西武)・川畑瑞穂(熊谷組→JR九州)・下薗朋裕(三菱重工長崎)・俣瀬直樹(大阪ガス)・西秀人(東邦ガス)・竹脇賢二(新日鉄名古屋)◇春日部共栄:城石憲之(青学大→日ハム→ヤクルト)・橿渕聡(2年、明大→日立製作所→ヤクルト)・原幸一(日体大→東京自彊術クラブ)・長沼史朗(日体大→全大宮野球団)
◇小松島西:早川浩史(駒大→日本生命)・根本隆輝(日ハム→阪神)◇松商学園:上田佳範(日ハム→中日)・辻利行(NTT信越)・二村武(明大)・荒井敏幸・花岡忠(東京ガス)・中島尚彦(駒大→一光)・岡元直衛(法大)・松岡忠(東京ガス)・清沢悦郎(拓大)・荒川和広(独協大)◇神戸弘陵:森隆一(大阪経済大)・小濱憲司(中大→三菱自動車岡崎)・平山義典(立命館大)◇尽誠学園:谷田隆(大阪商大→ローソン)・渡辺隆文(2年、大阪府立大→東邦ガス)・有馬祥秀(近大→東京ガス)・熊崎正也(大阪商大)・荒川芳英(奈良産業大→四国銀行)◇瀬戸内:野宮義彦(三菱重工三原→三菱三原硬式野球クラブ)・坂本健二(大阪ガス)・瀬尾皇彦(広島工大)・藤山直喜(三菱重工三原)◇仙台育英:庄司嘉利(東北福祉大→七十七銀行)・青木友之(日産自動車→全栃木野球クラブ)・高橋利幸・菊地君治(東北学院大)◇大阪桐蔭:服部誠(近鉄)・背尾伊洋(近鉄→巨人)・和田智貴彦(東洋大→東芝府中→東芝)・萩原誠(阪神→近鉄→日本IBM野洲)・沢村通(近大工学部→新日鉄君津→かずさマジック)・元谷哲也(亜大→三菱自動車水島)・井上大(東洋大→松下電器)・白石幸二(創価大→王子製紙苫小牧)・光武敬史(立命館大→昭和コンクリート)・正野浩司(流通経済大→ミキハウス)◇大野:清水秋徳◇帝京:三沢興一(2年、早大→巨人→近鉄→巨人→ヤクルト→中日)・吉岡大輔(2年、愛知大→三菱重工名古屋)・豊田智伸(青学大→東京自彊術クラブ)・池葉直樹(東洋大→リクルート)・瀬尾徳孝(東洋大)・井上智貴(立正大)・稲元智(関東学院大)・竹内清志(創価大)◇天理:谷口功一(巨人→西武→近鉄→米・3Aオクラホマ→アトランティックシティ・サーフ→米独立・ジャクソンセネターズ)・田中寿和(京都産業大)・大森篤(早大→プリンスホテル)・寺坂昌彦(大阪ガス)・大宅保任(大阪ガス)・梅田武志(日本IBM野洲)・松村聡(同大→日本新薬)・宮原隆朗(奈良産業大→河合楽器)・田川裕之(青学大)・湯川正之(専大)
◇東海大甲府:萩原淳(オリックス→日ハム→ヤクルト)・中丸桂(東海大)◇東邦:水谷完(2年、明大→トヨタ)・林尚克(東海REX)・伊藤元長(東海大→西濃運輸)・植田慎輔・岡本貴志(東洋大→日本通運)・小鹿正人(朝日大)・塩原昌也(国際武道大)◇福岡大大濠:柴田哲也(三菱重工長崎)・中島勉(新日鉄君津)◇箕島:林孝哉(ダイエー→日ハム→ロッテ)・山路剛弘(住友金属→箕島球友会)・九鬼秀樹(福井工大→西濃運輸)・西野邦栄(近大工学部)◇浪速:北川晋(オリックス)・中川直也(法大)・辻田敬蔵(法大→小西酒造)・田中秀文(立命館大→NTT東日本)◇瓊浦:今道和樹(NKK)・島谷秀和(熊本工大→ニコニコドー→田村コピー)・永友一仁(福山大→常石鉄工)◇邇摩:森山一人(近鉄→ダイエー)

1991年夏 桐蔭学園

出場回数7年ぶり3回目
主な選手(1)小野正史(慶大→ウイーン94)・広川聡(2年)・岩崎大輝(青学大)・下田淳史(立大→興亜火災海上保険) (2)高木大成(慶大→西武)  (3)岩崎大輝(青学大) (4)鈴木浩明(東北福祉大)  (5)片桐健一(日体大)・関大輔(2年、鷺宮製作所) (6)服部隆(日体大→JR東日本東北)  (7)副島孔太(2年、法大→ヤクルト→オリックス→茨城ゴールデンゴールズ) (8)谷脇栄秀(青学大) (9)高橋由伸(1年、慶大→巨人)
対戦成績 1回戦4-2熊本工業
桐蔭学園 1 2 0 0 0 0 1 0 0 4
熊本工業 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2
1991n1.bmp 1回表、先頭・高木大成がセンターへの大飛球で1死となった後、2番・鈴木が左前安打で出塁。3番・高橋由伸が中前に転がし、2死となった後、5番・岩崎の中前タイムリーで1点を先制。1回裏、押し出しで1−1の同点とされるが、2回表2死1・3塁から1番高木大成が右中間2塁打を放ち3−1と勝ち越す。3回裏、無死1・3塁から熊工・山村の犠牲フライより3−2と1点差に詰め寄られる。7回表。先頭・谷脇のセーフティーバントが熊工捕手の悪送球を誘い、谷脇が2進。続く高木大成が左中間2塁打を放ち、谷脇が帰って4−2と勝負を決める。両チーム8安打ずつ。桐蔭学園・小野は初回の押し出しをはじめ7回まで毎回安打されるが、粘り強いピッチングで初戦突破。熊本工の残塁が目立つ。相手投手:山村康二郎(NTT九州→NTTグループ九州野球クラブ→JA熊本信連軟式)。
2回戦5-1柳ヶ浦
桐蔭学園 0 0 0 1 0 0 0 4 0 5
柳ヶ浦 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
1991n2.bmp 1点を追う4回、小野のスクイズで同点。8回表、バントヒットの谷脇が2盗後、高木の1塁線2塁打で勝ち越し。さらに、1死1・2塁から高橋がレフト前タイムリーで1点を追加。なおも、2死2・3塁から岩崎の安打で2者が生還し、5点目が入る。相手投手:岡本克道(東芝→ダイエー→ソフトバンク)。
3回戦4-5鹿児島実業
桐蔭学園 0 0 0 1 1 2 0 0 0 4
鹿児島実業 1 1 0 1 0 0 1 0 1X 5
1991n3.bmp 1回表、鹿実・俣瀬3塁打の後、味園のスクイズで1点を先制される。0−2とリードされた4回表、鈴木の右中間3塁打と高橋中前タイムリーで1点を返し、さらに5回表、2死3塁からワイルドピッチで2−3の1点差に詰め寄る。6回に副島の本塁打で同点とし、さらに小野の安打と四球で2死1・2塁となった後、服部のタイムリー2塁打で逆転する。7回、先発・小野が鹿児島・味園に同点本塁打を浴び降板。広川→岩崎とつなぐが、9回裏3番手岩崎が、連続四球で無死満塁とした後、鹿実・下薗に中前にサヨナラ打を打たれる。鹿児島に16安打されながらも接戦に持ち込んだが、鹿児島の強打の前に力尽きる。相手投手:川畑瑞穂(熊谷組→JR九州)−小田三博。
《鹿児島実業のその後》準々決勝○7-3市川/準決勝●6-7沖縄水産
甲子園決勝戦大阪桐蔭13-8沖縄水産初回裏、大阪桐蔭が4番・萩原の本塁打で2点を先制。沖縄水産は3回表に2死2塁から大野らの5連打で計5点を挙げ、6-2と逆転。7-4と沖縄水産のリードで迎えた5回表、大阪桐蔭は、1死満塁から沢村の走者一掃2塁打で同点とし、さらに3連打で計6点を奪い10-7と再び逆転する。投手:和田智貴彦(東洋大→東芝府中→東芝)・背尾伊洋(近鉄→巨人)−大野倫(九州共立大→巨人→ダイエー)。
《大阪桐蔭の戦績》大阪桐蔭11-3樹徳/大阪桐蔭4-3秋田/大阪桐蔭11-2帝京/大阪桐蔭7-1星稜/大阪桐蔭13-8沖縄水産
出来事大阪桐蔭が15年ぶり14校目の初出場初優勝を達成。大阪桐蔭・萩原誠(阪神→近鉄→日本IBM野洲)が個人最高打率(準決勝出場以上).688を記録。大阪桐蔭・沢村通(近大呉工学部→新日鉄君津)が3回戦・秋田戦(延長11回)で秋田の投手・菅原朗仁からサイクル安打を達成。沖縄水産・大野倫は、地方大会で肘を痛めながらも合計773球の力投。消音バットの採用。この年を最後にラッキーゾーンが廃止される。名物監督、蔦文也(池田)の最後の大会。3回戦、四日市工業−松商学園は、井出元−上田の投げ合いとなり、延長16回裏、1死2・3塁から四日市が満塁策をとるが、打者・上田に痛恨の押し出し死球を与え松商学園があっけないサヨナラ勝ち。3回戦、帝京−池田戦は、帝京の2年生・三沢(早大→巨人→近鉄→巨人)の逆転満塁本塁打と稲元のサヨナラ本塁打で、延長の末、帝京が池田を破る。2回戦、北嵯峨−秋田戦は、秋田が5回裏、北嵯峨の無失点男・細見和史(同大→横浜)にこの夏初の失点を与え、大熱戦の末4-3で秋田が勝利。
主な選手 ◇宇都宮学園:高根沢力(日大→三菱ふそう川崎)◇宇部商業:清水淳史(九州国際大)・金藤本樹(福岡大→NTT中国)◇延岡学園:黒木知宏(新王子製紙春日井→ロッテ)・小田原斉(プリンス→延岡学園監督)・黒木純司(2年、三菱自動車水島→日ハム→ロッテ)・佐藤祐一(日産自動車九州)
◇岡山東商業:大饗和之(ヤオハンジャパン)・大森健雄(岡山商大→三菱自動車水島)・梁原和則(神奈川大)・橋本真吾(三菱自動車水島)◇沖縄水産:大野倫(九州共立大→巨人→ダイエー)・屋良景太(沖縄電力)・野原毅(沖縄電力)◇我孫子:荒井修光(早大→日ハム)◇学法石川:川越英隆(青学大→日産自動車→オリックス→ロッテ)・白土一成(青学大)◇熊本工業:塩崎真(東洋大→新日鉄広畑→オリックス)・山村康二郎(NTT九州→NTTグループ九州野球クラブ→JA熊本信連軟式)・猪本祐規(専大)・山野孝典(ホンダ熊本→ホンダ鈴鹿軟式)・上野修平(大阪ガス)◇国学院久我山:細谷小太郎・佐々木友朗(東京経済大)・野口大介(国学院大)・古川邦晴(国学院大)◇佐賀学園:岸川雄二(神奈川大→西武)・若林隆信(中日→広島→ミキハウス)◇坂出商業:朝倉龍二(大阪ガス)・森内健司(JR四国)◇四日市工業:井出元健一朗(中日→西武→JR東海)・斉藤貴志(東海理化)・中村寛(同朋大→大仙)・河本成司(プリンスホテル)◇市川:樋渡卓哉(慶大→高野山大→日本航空高コーチ)・古屋順(亜大)
◇市立岐阜商業:梅田幸一(三菱重工名古屋)・杉山剛◇市立沼津:八長広志(駒大→JR東日本)・播磨和裕(駒大→いすゞ自動車)・馬場健一・市川邦彦◇鹿児島実業:味園博和(専大→デュプロ)・内薗直樹(2年、三菱重工長崎→巨人→西武)・川畑瑞穂(熊谷組→JR九州)・下薗朋裕(三菱重工長崎)・俣瀬直樹(大阪ガス)・西秀人(東邦ガス)・竹脇賢二(新日鉄名古屋)・小田三博◇樹徳:橋爪保(法大)・藤生紀仁◇秋田:菅原勇輝(2年、東北福祉大→川崎製鉄千葉)・菅原朗仁(武蔵大)◇春日部共栄:城石憲之(青学大→日ハム→ヤクルト)・橿渕聡(2年、明大→日立製作所→ヤクルト)・原幸一(日体大→東京自彊術クラブ)・長沼史朗(日体大→全大宮野球団)◇松商学園:上田佳範(日ハム→中日)・辻利行(NTT信越)・二村武(明大)・荒井敏幸・花岡忠(東京ガス)・中島尚彦(駒大→一光)・岡元直衛(法大)・松岡忠(東京ガス)・清沢悦郎(拓大)・荒川和広(独協大)◇新潟明訓:小林幹英(専大→プリンスホテル→広島)・半田敦(NTT信越)◇星稜:斉藤肇(横浜→台湾・兄弟→日立製作所)・山口哲治(2年、神戸製鋼)・松井秀喜(2年、巨人→米・ヤンキース→米・エンゼルス→米・アスレチックス→米・レイズ)・田川大輔(大阪産業大→北陸銀行)・本橋将(三菱重工名古屋)◇西条農業:堀良太郎(アート企画→リースキン広島)・磯部公一(三菱重工広島→近鉄→楽天)・北ヶ市智資・木村塁(広島経済大)・福島毅(福山大)
◇専大北上:木立章成(阪神)・井上浩司(2年、広島)・藤川秀樹(阿部企業)・山崎勝・平良和一郎(阿部企業)◇川之江:千崎直人(関大→NTT四国)◇村野工業:黒田哲史(2年、西武→巨人→西武)・安達智次郎(2年、阪神)◇大阪桐蔭:服部誠(近鉄)・背尾伊洋(近鉄→巨人)・和田智貴彦(東洋大→東芝府中→東芝)・萩原誠(阪神→近鉄→日本IBM野洲)・沢村通(近大工学部→新日鉄君津→かずさマジック)・元谷哲也(亜大→三菱自動車水島)・井上大(東洋大→松下電器)・白石幸二(創価大→王子製紙苫小牧)・光武敬史(立命館大→昭和コンクリート)・正野浩司(流通経済大→ミキハウス)◇智辯和歌山:小久保隆也(青学大→ホンダ)◇池田:大村徹(大阪学院大→王子製紙米子)・吉田貴史(日大)・田原勇作◇帝京:三沢興一(2年、早大→巨人→近鉄→巨人→ヤクルト→中日)・吉岡大輔(2年、愛知大→三菱重工名古屋)・豊田智伸(青学大→東京自彊術クラブ)・池葉直樹(東洋大→リクルート)・瀬尾徳孝(東洋大)・井上智貴(立正大)・稲元智(関東学院大)・竹内清志(創価大)◇天理:谷口功一(巨人→西武→近鉄→米・3Aオクラホマ→アトランティックシティ・サーフ→米独立・ジャクソンセネターズ)・田中寿和(京都産業大)・大森篤(早大→プリンスホテル)・寺坂昌彦(大阪ガス)・大宅保任(大阪ガス)・梅田武志(日本IBM野洲)・松村聡(同大→日本新薬)・宮原隆朗(奈良産業大→河合楽器)・田川裕之(青学大)・湯川正之(専大)◇東邦:水谷完(2年、明大→トヨタ)・林尚克(東海REX)・伊藤元長(東海大→西濃運輸)・植田慎輔・岡本貴志(東洋大→日本通運)・小鹿正人(朝日大)・塩原昌也(国際武道大)◇東北:羽根川竜(巨人→ロッテ→台湾・兄弟)・萓場博次(東北福祉大)・大場信哉(法大→ヨークベニマル)・仲村史彦(東北福祉大→ローソン)・村上雅典(青森大→山形しあわせ銀行)
◇八幡商業:藤原恵太(たくぎん)・芝田克也(秋田経法大)・木村尚大(サンワード貿易)・田中孝昌・羽田豊・森敏和(駒大→住友金属)◇富山商業:青木康弘(法大→昭和コンクリート)・粟島武志◇福井:木原淳年(福井工大)◇米子東:松本奉弘・和泉賢(東京学芸大)◇米沢工業:鈴木誠(山形しあわせ銀行)・佐藤大介(山形しあわせ銀行)◇北嵯峨:細見和史(同大→横浜→西武→阪神)・上山勲(近鉄)・加地博(松阪大)◇明徳義塾:津川力(ヤクルト)◇柳ヶ浦:岡本克道(東芝→ダイエー→ソフトバンク)・山口和寿(新日鉄八幡)・井手真悟(新日鉄八幡)・沢田良一(三菱重工横浜)・松崎圭介(ホンダ熊本)◇柳川:森吉庸隆(三菱重工神戸)・一田邦夫(専大)・内村新(東邦ガス)◇竜ヶ崎一:吉田祐司(福井工大)・藁科智尉
◇瓊浦:今道和樹(NKK)・島谷秀和(熊本工大→ニコニコドー→田村コピー)・永友一仁(福山大→常石鉄工)
県大会決勝戦桐蔭学園11-7横浜
桐蔭学園 2 6 0 3 0 0 0 0 0 11
横浜 1 1 0 0 2 0 0 0 3 7
1991k.bmp 桐蔭学園が初回に鈴木・高橋の連打と四球で2死満塁から、小野の右翼線2塁打で2点を先制。2回には3連打と犠飛、エラーなどで3点を挙げ、サブマリン・部坂俊之(2年、亜大→東芝府中→阪神)をKO。代わった田本にも小野の2塁打やスクイズで3点を奪い、2回までに8点を挙げる。4回にも桐蔭が4長短打とスクイズで3点を奪い、先発全員安打。投手:小野・広川・岩崎−部坂俊之(2年、亜大→東芝府中→阪神)・田本宏之(神奈川大短期学部→住友金属鹿島)
出来事桐光学園・エース内海が2回戦で右中指を骨折しながらもベスト8進出(4-5桐蔭)。準決勝・横浜−横浜商業は横浜が鈴木章仁のソロ本塁打でサヨナラ勝ち(7-6)。藤沢商業・沢田大貴と大清水・大谷康之がノーヒットノーランを達成。1・2年生投手が活躍し、個人成績10位中8人に名を連ねる。川崎商業・石川がサイクル安打を達成。消音バットを採用。
《準々決勝以上の結果》
[準決勝]横浜7-6横浜商業/桐蔭学園4-1武相
[準々決勝]横浜商業11-1日大藤沢/横浜3-1東海大相模/桐蔭学園5-4桐光学園/武相4-3横浜商大
主な選手 ◇桐蔭学園:高木大成(慶大→西武)・副島孔太(2年、法大→ヤクルト→オリックス→茨城ゴールデンゴールズ)・高橋由伸(1年、慶大→巨人)・小野正史(慶大→ウイーン94)・下田淳史(立大→興亜火災海上保険)・服部隆(日体大→JR東日本東北)・片桐健一(日体大)・岩崎大輝(青学大)・鈴木浩明(東北福祉大)・谷脇栄秀(青学大)
【その他】
◇横浜:部坂俊之(2年、亜大→東芝府中→阪神)・平馬淳(1年、法大→東芝→東芝監督)・鈴木章仁(2年、法大→三菱自動車川崎)・田本宏之(神奈川大短期学部→住金鹿島)・村井賢二(神奈川大→新神戸電機埼玉)・鈴木博幸(国士舘大)・遠藤和幸(中大)・梅田清輝(東京経済大)・山口直幸(関東学院大)◇横浜商業:武藤孝司(創価大→近鉄)・河合正祥・鈴木英明・澤田慎(東京農大→小西酒造)・須藤力(関東学院大→シダックス)・萩原誠(大東文化大)・鳩貝浩二(青森大)◇横浜商大:川端正典(国士舘大→明治安田生命)・高須賀史亨(帝京大→ローソン)・嶋田達郎(東京農大生物産業学部)・大曽根惇也(ヤオハンジャパン)◇横浜隼人:鈴木誠(東北福祉大→昭和コンクリート)・平出智弘(TDK千曲川)・山崎崇宣(国士舘大)◇鎌倉学園:古俣尚三(駒大)◇桐光学園:海老沢拓馬(中大)◇県川崎:久保喜之(関東学院大)◇向上:佐久間明(北海道東海大)◇三浦:三堀明洋◇湘南工大付属:笹口英昭(神奈川工大→NTT東北→JR東日本東北)◇城山:清岡知己(NTT西日本)◇東海大相模:早川健一郎(日産自動車→ロッテ→阪神)・吉田道(2年、近鉄→競輪選手)・笠井知一(国際武道大→日本通運)・長谷川淳(東海大→日本通運)・丸山裕也(東海大)◇藤沢商業:沢田大貴◇藤嶺藤沢:代田建紀(城西大→朝日生命→近鉄→ヤクルト→ロッテ)・植木洋貴(専大→いすゞ自動車)・吉村英樹(拓大)・中丸洋輔(城西大)・石井勝明(神奈川大)・笹花貴志(国際武道大)・島田博司(千葉工大)・野口満(日立製作所)◇南:長瀬亮◇日大藤沢:青木拓(2年)・奥田誠(青森大→河上薬品)・渋谷亮(日大)・谷津倉晋(帝京大→藤沢市役所)◇武相:栗原亮(亜大→JR東日本)・広井義充(横浜商大)・石井美隆(帝京大)・山ノ口賢浩(関東学院大)◇野庭:鶴谷渉(ウイーン)◇法政二:門倉寛勝(帝京大→富士重工)・原田哲太郎(法大)・竹田宜史(法大)・田中義成(法大)




戻る