神奈川県勢・年度別戦績表(2005年-1)

2005年春 東海大相模、慶応義塾

東海大相模 5年ぶり6回目
主な選手 (1)小泉圭市(東海大→ホンダ鈴鹿)、(2)鈴木宏治(2年)、(3)田中大二郎(2年、巨人)、(4)小玉雄介(2年)、(5)角一晃(白鴎大→米・エンゼルス) (6)竹内和宏(2年、東海大→明治安田生命)、(7)岩崎巨之(国際武道大→日立製作所)、(8)小林亮(神奈川大→信越硬式野球クラブ)、(9)兵動悟(2年)
対戦成績 1回戦8-3三本松
東海大相模 2 0 0 2 2 0 0 0 2 8
三本松 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3
2005h1.bmp 1回表、1死から竹内が2塁強襲安打で出塁し、角が2直の後、4番・田中が右越本塁打で2点を先制。4回表、2塁エラーで出塁した2走・兵動が牽制死で好機を逸すが、2死から鈴木が左前安打、小泉死球で1・2塁とした後、岩崎の左中間2塁打で2点を追加。4回裏、三本松の先頭打者・大山に左超2塁打を打たれ、続く山下の犠打の処理を誤り無死1・3塁から、次打者・濱垣の2ゴロの間に大山が生還し、1点を返される。5回表、1死から四球で出塁した田中を1塁に置き、小林が左越本塁打で2点を追加。5回裏、1死から宮崎をこの試合初の四球で歩かせると、代打・稲沢に右中間3塁打、さらに大山に左前に運ばれ2点を返される。9回表、先頭打者・竹内が右翼エラーで3塁へ。角が3バントスクイズを決めて1点をもぎとると、田中が中越2塁打の後、小林の左前適時打でダメ押しの1点を挙げる。相手投手:宮崎啓佑(関西学院大→王子製紙)。
2回戦3-7東邦
東海大相模 0 0 0 0 2 0 0 0 1 3
東邦 1 1 0 1 0 0 0 4 X 7
2005h2a.bmp 1回裏、2死から東邦・末藤の右越え3塁打の後、西村に中前へ運ばれ1点を先制される。2回裏、東邦の先頭打者・堀尾に左翼線2塁打を打たれ、犠打で1死3塁から小泉が暴投で1点を献上。4回裏、四球で出塁した東邦・水野を2塁に置き、伊藤に1・2塁間を抜かれ1点を追加される。5回表、先頭打者・田中が大会2本目となる右越本塁打。四球の兵動を1塁に置き、2死から鈴木の左越2塁打、相手投手・木下の暴投で1点を奪う。8回裏、東邦の先頭打者・西村に右中間3塁打を打たれると、続く水野が四球で1・3塁から、堀尾の右前安打、打者・伊藤の際に捕逸で無死2・3塁とされ、伊藤の左前安打、木下の右前安打と連打されて計3点を奪われる。さらに2死1・3塁となった後、奥村に左前に運ばれ、終盤の8回に計4点を奪われる。9回表、先頭打者・竹内が2塁内や安打で出塁。角が死球で好機を広げるが、続く田中が2塁ゴロ併殺で2死3塁に。小林が意地で右前に運び1点を返すが反撃もここまで。相手投手:木下達生(日ハム→中日→ヤクルト)。
《東邦のその後》準々決勝●1-5羽黒
慶応 45年ぶり2回目
主な選手 (1)中林伸陽(慶大→JFE東日本)、(2)鹿毛雄一郎・高橋玄(慶大)、(3)湯浅亮一(慶大)、(4)高尾康浩(2年)、(5)渕上仁(2年)、(6)漆畑哲也(慶大→東芝)、(7)谷地俊太郎(慶大)、(8)山口尚記(慶大→JX-ENEOS)、(9)竹内一真(慶大→明治安田生命)・新谷拓也
対戦成績 1回戦8-7関西
関西 1 0 0 1 0 1 3 1 0 7
慶応 1 0 3 0 0 0 3 0 1X 8
2005h1b.bmp 1回表、関西の先頭打者・安井が遊内野安打、2死3塁から4番・松本に三遊間を抜かれ1点を先制される。1回裏、先頭打者・竹内が左越2塁打。犠打と四球で1死1・3塁から湯浅の2ゴロ併殺崩れの間に竹内が生還。3回裏、四球で出塁の竹内と高尾の左前安打で2死1・3塁から、高尾2盗の間に竹内が本塁ダブルスチールを決め、さらに湯浅の左前、山口の左越3塁打で計3点を奪う。4回表、二塁内野安打で出塁の関西・松本を3塁に置いて2死から平井に左翼線を破られ1点を奪われる。6回表、関西・船引に左前安打、松本に左翼線2塁打と連打され1点。7回表、左前安打と1塁内野安打で1死2・3塁から関西・松本に左越3塁打され、さらに船引の右翼線2塁打で計3点と逆転を許す。7回裏2死から高尾の右前、湯浅の右翼線2塁打、山口の左翼線2塁打、中林の右越3塁打の計4連打で3点を奪い再逆転。8回表、2死から関西・上田の投強襲安打の後、安井に左中間を破られ再度同点となる。9回裏、1死から湯浅の中前安打、山口四球、中林の中前安打で満塁とし、代打・新谷がしぶとく中前に運びサヨナラ勝ち。相手投手:西所学広(大阪学院大)。
2回戦3-1福井商業
慶応 0 0 1 0 0 0 1 1 0 3
福井商業 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
2005h2b.bmp 3回表、先頭打者・高橋が三振の後、渕上が左前安打で出塁すると先発メンバーに入った1番・新谷が右中間を破る3塁打で1点を先制。4回裏、福井商業の先頭打者・奥井に中越3塁打を打たれ、1死から小坂にスクイズを決められて同点に追いつかれる。7回表、四球で出塁した山口が2盗を試み、送球が乱れる間に3塁へ。続く高尾の左前安打で1点を勝ち越し。8回表、2死から3番に入った当たり屋・竹内が左中間3塁打を放つと、続く湯浅がショート越えにしぶとく運び、貴重な1点を追加。相手投手:林啓介(ロッテ→阪神)。
準々決勝1-15神戸国際大付属
神戸国際大付属 5 0 0 0 5 1 3 0 1 15
慶応 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
2005h3b.bmp 1回表、神戸の先頭打者・前田が右前へ運び犠打で2進後、井内に左中間2塁打で1点。さらに正木に左翼スタンドへ運ばれ2点を奪われる。さらにエラーと安打で出塁した走者を2・3塁に置き、2者連続スクイズで2点。初回から計5点を奪われる。3回裏、渕上・新谷が四球を選び1死2・3塁から高尾の中犠飛で1点を返す。1-5で迎えた5回表、2死からエラー、四球、内野安打で2死満塁となり、神戸・大西に走者一掃の右越3塁打、さらに前田の右越連続3塁打と伊田の中前打で2点を奪われ、計5点を追加される。6回表、慶応は投手を忠本にスイッチするが、1死から堂本に左越2塁打を打たれ、2死から桜井の左前安打で1点を追加される。7回表、慶応は投手を福山にスイッチするが、四死球と盗塁で1死2・3塁とされた後、当り屋・正木に右翼線を抜かれ2点、さらに再度、中林を登板させるが1死1・3塁から有元に右前に運ばれ、この回、計3点を奪われる。9回表、1死から四球と暴投で1死3塁から堂本の左犠飛で1点を追加される。14点差ゲームは、甲子園における神奈川代表の最多得点差試合。相手投手:大西正樹(ソフトバンク)−有元一真(八戸大)。
《神戸国際大付属のその後》準決勝●6-8愛工大名電
甲子園決勝戦愛工大名電9-2神村学園 愛工大名電が1回、先頭の山田がいきなり中越え三塁打で出塁。続く柴田の左犠飛で生還。2死後、堂上が大会10号となるソロ本塁打を放ち2点目。神村学園は2回、寺田・作増の連打で1死1・2塁の好機を作ったが、後続が倒れて無得点。3回裏、愛工大名電は2死から柴田の死球を足場に、佐々木孝の左越え3塁打で1点。四球をはさみ小島の適時右前打で計2点を追加。愛工大名電は4回、先頭の井坂が左前打で出塁。バントなどで三塁まで進んだが、追加点を奪えず。愛工大名電の斉賀は大きく割れるカーブで打者のタイミングを外し、4・5・6回を3者凡退に抑える。愛工大名電は7回、柴田、佐々木孝の連続安打に盗塁を絡めて1死2・3塁とし、堂上の左犠飛と小島の適時左前打で2点。さらに2盗・3盗を決めた小島を、斉賀が左前打で還しリードを7点に広げる。神村学園は8回、制球を乱した斉賀を攻め2死1・2塁の好機を作り、金堀が適時中前打を放つ。さらに相手守備の乱れに乗じこの回計2点を返す。8回裏、愛工大名電は1死2塁から山田が右前適時打。さらに守備の乱れを突いて1点を加え、再びリードを7点とする。斉賀は9回、神村学園の反撃を許さず。投手:斉賀洋平−野上亮磨(日産自動車→西武)・馬沢優也
《愛工大名電の戦績》愛工大名電2-0大産大付属/愛工大名電2-0宇部商業/愛工大名電5-2天理/愛工大名電8-6神戸国際大付属/愛工大名電9-2神村学園
出来事 21世紀枠の一迫商業(宮城)と高松(香川)に希望枠の三本松(香川)を加え、計34校が出場。前年度夏優勝の駒大苫小牧・林裕之主将が選手宣誓と開幕試合を同時に引き当てる。行進曲はサザンオールスターズ「君こそスターだ」。雨のため大会史上初めて開会式だけを行い試合を順延。司会は宮城県第一女子高2年の八重樫葵さんと東海大浦安高(千葉)3年の内田国俊さん。相愛高(大阪)を今春卒業する平尾悠さんが君が代を独唱。羽黒高校が山形県勢として初のベスト4進出。昨年の済美に続き「創部3年目で初出場・初優勝」のミラクル再現を目指した神村学園が、惜しくも準優勝に終わる。
主な選手 ◇愛工大名電:斎賀洋平(新日本石油)・井坂遼輔(帝京大→東海REX)・柴田亮輔(オリックス→ソフトバンク)・佐々木孝徳(国際武道大→西濃運輸)・小島宏輝(早大→トヨタ)・堂上直倫(2年、中日)・十亀剣(日大→JR東日本→西武)・花山貴志(創価大→三菱重工名古屋)◇育英:若竹竜士(阪神→日ハム)・長滝伸・近藤竜二(大阪ガス)・小林達郎(国学院大)・吉井健太・藤本昭彦(大阪商大)・加治屋祐大(法大→かずさマジック)・原聡志(関西学院大)◇一迫商業:佐藤勇・熊谷雅俊・佐々木勝康・千葉俊博・三浦良祐・三浦泰志(2年、きらやか銀行)◇宇部商業:好永貴雄(西濃運輸)・工藤綾介・江本勇馬・山野光輝・井田和秀(明大)◇羽黒:片山マウリシオ(東北福祉大)・佐藤大介(東北福祉大→NTT西日本)・吉田勉・松井大志郎・中島ユン(2年、白鴎大→福井ミラクルエレファンツ)・押切卓也(明大)・中嶋紀彦(大東文化大)◇浦和学院:今成亮太(日ハム→阪神)・前野達郎(明大)・井上弘・村尾直哉(東洋大)・渡部光昭(東洋大)・都築司(東洋大)・豊田拓矢(上武大→TDK→西武)・佐藤将一(武蔵大)・市川幸丸(武蔵大)・石井大地(中央学院大)◇沖縄尚学:山内慎之介(明大)・松田規誉(明大)・比嘉将太(西濃運輸)・比屋根渉(城西大→日本製紙石巻→ヤクルト→大和高田クラブ)・小泉友哉・前嶽雄基(東芝)・兼屋辰吾(筑波大)・赤嶺慎(日大→NTT西日本)◇関西:船引俊秀(日産自動車→富士重工)・松本雅俊(法大→日本通運)・平井裕也(関大)・西村貴之(神戸学院大)・西所学広(大阪学院大)・長尾信幸(倉敷オーシャンズ)◇駒大苫小牧:五十嵐大(筑波大)・辻寛人(国学院大)・林裕也(駒大→東芝)・松橋拓也(明大)・吉岡俊輔・青地祐司(関東学院大)・田中将大(2年、楽天→米・ヤンキース)◇戸畑:中村竜也(神奈川大)・高橋秀作(日体大)・矢野亨
◇甲府工業:三森祥平(国士舘大→バイタルネット)・望月健・宮下恵大(上武大)・松山龍司(上武大)・水野元太(上武大)◇高松:深田大介(東工大)・森俊介・因藤雄一郎・田窪朋広・中西功二(慶大)・中村信博(東大)◇三本松:大山雅史・浜垣忠士・宮崎啓佑(関西学院大→王子製紙)◇市立和歌山商業:川端慎吾(ヤクルト)・田島康平(関西国際大)・梶本宙(近大)・皆本晃佑(関西国際大→Jプロジェクト)◇修徳:斉藤勝(セガサミー→日ハム)・長島一成(青学大→ホンダ)・田母神浩平(神奈川大)・森谷祐斗(帝京大)・村上雄大(桐蔭横浜大)・長野祐斗(桐蔭横浜大)・酒井啓行(立正大)・塩谷天馬(清和大)・山口貴敏(千葉商大)・佐藤寛巳(中央学院大)◇常総学院:勝田憲司(八戸大→住金鹿島)・佐藤一平(専大)・佐藤貴之(東北福祉大)・湯浅聡明(横浜商大)・清原博城(専大)◇新田:田中透・門田真光(明大)・相原啓人(同大)・宮本貴裕(中大)◇神戸国際大付属:有元一真(八戸大)・大西正樹(ソフトバンク)・堂本達也(立大)・正木修平(国士舘大)・前田祐介・安福真弘(立大)・蓬莱伸哉(王子製紙)・日笠翔(大東文化大)・中上雄介(大東文化大)◇神村学園:野上亮磨(日産自動車→西武→巨人)・椎葉謙(駒大→東芝)・天王寺谷亮(関大)・寺田真也・作増上知(亜大)・馬澤優也(三菱重工広島)◇星稜:片岡聡二郎(専大)・巌正道(龍谷大)・中井浩祐(龍谷大)・山岸礼・富永裕也・栗田健次(金沢星稜大)
◇西条:宮崎貴大・梶本大輔(慶大)・三谷利明・野村嘉範(国学院大)・津島卓也・戸田慎太郎(近大)・越智竜一(明大)・飯田高大(関西学院大)◇青森山田:柳田将利(ロッテ→NOMOベースボールクラブ)・加守田隆介(青学大→パナソニック)・谷川将司・白取将・本田誠矢・金子将太(駒大)・肥後博光(大阪学院大)・山下司(大阪学院大)・田守裕也(東洋大)・鴨田裕介(桐蔭横浜大→王子製紙)◇大産大付属:岡澤一生(近大→東京ガス)・大西克典(2年、早大)・明田和也(近大)・中村陽介(上武大)◇天理:眞井翔太(同大)・田中克誠(青学大)・小倉彰信・橋間勇人(龍谷大)・森川尚敬(同大)・東修介(仏教大)・西田修二(仏教大→ホンダ鈴鹿)◇東筑紫学園:酒井大介(駒大)・宮脇大樹・黒木一有(同大)・鷹野正和・小原悠(関東学院大)・奥本俊和(関東学院大)・因幡真太郎(関東学院大)◇東邦:木下達生(日ハム→中日→ヤクルト)・水野祐希(ヤクルト)・末藤一樹(立大)・白澤勇二(創価大)・西村聡一朗(三菱自動車岡崎)◇如水館:政岡望(青学大)・山根真司(2年、東洋大)・佐々木健寛(東洋大)・礒合隆造(東洋大)・村上祐基(立正大)◇八幡商業:三上幸二郎・木村皓紀(大阪経済大)・上田大貴(新日鉄広畑)◇福井商業:林啓介(ロッテ→阪神)・齊藤悠葵(広島)・宮前裕介・奥田泰平(東海大)・小坂翔太(西濃運輸)・原田幸弥(帝京大)・齋藤進吾(八戸大)◇柳ヶ浦:久垣康裕・大野弘仁(愛知学院大→新日鉄広畑)・柴山飛雄馬・山口俊(横浜)・橋田華寿也(大阪学院大)・工藤洋二郎(拓大)◇慶応:中林伸陽(慶大→JFE東日本)・山口尚記(慶大→JX-ENEOS)・竹内一真(慶大→明治安田生命)・谷地俊太郎(慶大)・長谷祐之(慶大)・佐藤光(慶大)・忠本孝英(慶大)・漆畑哲也(慶大→東芝)・湯浅亮一(慶大)・高橋玄(慶大)◇東海大相模:岩崎巨之(国際武道大→日立製作所)・小泉圭市(東海大→ホンダ鈴鹿)・角一晃(白鴎大→米・エンゼルス)・田中大二郎(2年、巨人)・小林亮(神奈川大→信越硬式野球クラブ)・嘉山裕介(関東学院大→ジェイプロジェクト)・金丸健太(国際武道大)・目黒聡(上武大→NTT東日本)





戻る