和歌と俳句

臼田亞浪

夢殿の清閑桜もみづりぬ

金風の翳す仏顔ほのに笑む

白萩のみだれ雨ひく土昏し

山の田の白穂もなくて刈る日来ぬ

霧さがる谷間に粟を摘み暮らす

かまきりの玻璃戸をのぼり雷うかがふ

赤のまま摘めるうまごに随へり

暇あり西日となりし干し蝗

秋風の厨ゆたかに今日も暮れぬ

積雲の崩えがちに南瓜実りたり

蝗ばつた彼岸の野川流れたり

迎火やほのに霧らへる竹の奥

熟れの香のそこはかと霧は濃き

秋の虹二川夕浪たてにけり

露時雨川音しぐれ副へりけり

秋立てる雲の穴目の藍に描く

妻死んで虫の音しげくなりし夜ぞ

朝顔のうつろひやすく灼け来けり

法師蝉啼く日となりて妻は亡し

朝寒くなりぬ箸とる汁の澄み

百舌に野川溢るる雨となり

烏瓜赤しと子らの触れゆきぬ

久に逢ふ顔々よ白く赤く

子爪このごろ親指にのみ秋の風